IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書と履歴書の違い|志望動機/自己PRの書き方・封筒の入れ方

書類選考・ES

転職活動をする場合に、履歴書のほかに職務経歴書を書く場合があります。履歴書と職務経歴書の違いとは何でしょうか?また、それぞれの書き方はどうすればいいのか、自己PRや志望動機はどちらに書けばいいのかについてまとめましたので、ご参照ください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

職務経歴書と履歴書の違いは何か?

転職活動をするにあたって、履歴書や職務経歴書の記入が必要になります。履歴書にも職歴欄があり、ここに書くべき内容と職務経歴書に書く内容は同じになってしまうのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、その違いを挙げていきます。

履歴書の「職歴」に記載する内容

履歴書の「職歴」欄は、職歴の概要を見るためのものなので、以下の情報を記載します。 ・勤務先の会社名、部署名、役職 ・勤務先の入社日、退社日

職務経歴書に記載する内容

履歴書に書く内容は上記の内容ですが、職務経歴書には、実績、経験、スキルなどを細かに記載していきます。履歴書の職務欄と同じ情報に加えて、以下のような事柄を記述して、より自分の経験や能力をアピールできるようにすることが大切です。 ・担当した職務の詳細 ・仕事上の実績や成果 ・仕事を通して身につけたスキルや学んだこと なお、履歴書の記入欄は決められたものであるのに対して、職務経歴書は自由な書式であるために、工夫して見出しをつけたりわかりやすく書く事が可能ですので、まとめ方を工夫して書けば採用担当者への印象が良くなることも考えられます。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

採用担当者から見た履歴書と職務経歴書のチェックポイント

では、企業の採用担当者側では、履歴書と職務経歴書のどんなところをチェックしているのでしょうか。履歴書と職務経歴書それぞれの注目点は以下になります。

採用担当者の履歴書のチェックポイント

履歴書の内容で採用担当者が見ているのは、企業側にとってその人物の背景がふさわしいかというおおまかな概要になります。いわば、外堀が企業にとって適合するかが焦点です。 ・通勤可能な居住地であるか ・学歴や職務経歴が評価できて、応募先と関係性があるか ・応募企業への思いが強いか ・転職回数や組織適応力に問題ないか ・希望給与に隔たりがないか ・丁寧に書かれているか

職務経歴書のチェックポイント

職務経歴書で企業側の採用担当者が見るのは、その人物の仕事上の能力です。企業側が求める能力を持っているのか、また即戦力として力を発揮できそうかという点に重点をおいてみています。 ・企業側が期待する実務能力があるか ・仕事への意欲があるか ・プレゼン能力があるか ・能力を発揮できる強みがあるか ・転職目的が納得できるか

履歴書と職務経歴書を入れる封筒について

就職や転職にあたって、履歴書や職務経歴書を企業側に送付しなければならない場合に、「市販の履歴書に付いている封筒にいれればいい」と思ってませんか?実はそれは間違いで、下手をすると応募先に悪印象を与えてしまう危険性があります。どんな封筒に入れればいいのでしょうか。

履歴書や職務経歴書を入れる封筒や決まりごとは?

・履歴書や職務経歴書を入れる封筒はA4・白が鉄則 市販の履歴書を買ったときに、「履歴書在中」という長封筒が付いてくる場合がありますが、あれに履歴書を入れるのはアルバイトやパートの場合です。職務経歴書や添え状などの履歴書以外の書類を同封する必要がある転職時は、全ての書類がきちんと綺麗に入るサイズの封筒を選びましょう。封筒の色は白が鉄則です。茶封筒だと薄くて破れやすく、他の書類等に紛れてしまいがちですし、何よりカチッとした印象がなくなってしまいます。そのようなことから白封筒が推奨されています。 ・添え状も書きましょう。 履歴書や職務経歴書を送付する場合は、添え状を入れるようにしましょう。封筒を開けた場合に応募書類だけが入っているというのは不躾で、モラルのない人だと思われてしまう恐れがあります。A4の用紙1枚程度に簡単でもいいので、何が入っているのかを書いてある添え状を添付すると、より印象が良くなります。 ・封筒の宛名には黒サインペン 封筒に宛名を書くにあたって使用する道具は、黒サインペン、赤ボールペン、のり、になります。郵便番号、住所、会社名、を黒サインペンで書きます。このとき、会社名は正式名称を書きます。(株)などの省略はしないでください。また、部署名や担当者がわかっている場合はその名前も書きます。そして、オモテ面の左下部分に「履歴書在中」と赤ボールペンで書いてください。但し、文房具店や100円ショップで「履歴書在中」のスタンプを購入するという手もあります。また、裏面にも自分の住所(郵便番号含む)、名前を書きます。必要書類を入れて、糊付けして封をします。その上から「〆」マークを書いてください。

履歴書や職務経歴書の書き方

では、履歴書や職務経歴書を書くときに何に気をつけて書けばいいのでしょうか。書く項目内容はどのようなものがあって、採用担当者に向けてどんな風に書くことを意識するかをまとめました。

履歴書の書き方

手書きの履歴書との指定がなければ、パソコンでも構いません。また、オリジナルで履歴書を作成する場合は、市販のものと内容が異なっていると、書きたくない項目を削除していると考える採用担当者もいるかもしれないので注意が必要です。 1.氏名や住所などの基本情報を書きます。また、写真も最初に目にするものですので、好印象となるように撮りましょう。 2.学歴や職歴欄 入学・卒業年度や入社・退社日をしっかりと正確に書きましょう。 3.免許・資格 業務に関連する免許や資格を正式名称で書きましょう。 4.志望動機欄 自己PRを交えて、応募企業で貢献できることを具体的に記入しましょう。 5.本人希望欄 本人希望欄に併せて、趣味や特技欄も忘れずに記入しましょう。 

職務経歴書の書き方

面接時の確認事項や質問内容になることを考えて書きます。経歴の羅列では、興味を持たれない可能性があります。企業ニーズに応える形に作成しましょう。応募企業で活かせる経験を特記して書きましょう。要約したり、見出しをつけたりして、読みやすく目にしやすいように工夫しましょう。 職務経歴書はフリー形式なので、自分でどのようにでも作成できます。以下は作成例ですので参考にしてください。 (例) 1.最初に【経歴要約】の見出しをつけて応募企業で活かせる経験を強調した要約文を作成します。 2.会社概要を記入して、前職の内容をイメージしやすくします。 3.見出しやレイアウトを工夫して、見やすく読みやすい内容にします。例えば、実績、アピールポイントなど。 職務経歴書の枚数は、A4用紙1~2枚程度、最大でも3枚までにまとめましょう。記入方法としては、時系列に沿ってその時々の業務内容をまとめて書く編年体形式と、職務経験を業務内容やプロジェクト単位でまとめて書くキャリア形式があります。編年体形式は、職務についての習熟度を効果的に伝えることができ、キャリア方式は技術職など専門性の高い職種や転職回数が多く同内容の仕事をしてきた場合に向いています。 ・編年体形式 ・キャリア形式

自己PRや志望動機を書くのはどっち?

履歴書や職務経歴書のどちらにも自己PRの欄がある場合があります。どちらにも同じ自己PRを書いていいのでしょうか。同じ自己PRを繰り返し書いても意味がありません。アピールする内容は同じでも書き方を変える必要があります。

履歴書の自己PRは、アピールポイントを端的に記載する。

履歴書における自己PRでは、「私は○○に強みを持ってます」「○○に自信があります」とポイントのみを記載します。履歴書は字数に制限があるので、端的に書くのみに止めます。

職務経歴書は、具体性を持たせて自己アピールします。

履歴書に書いたPRポイントを客観的に記載して、説得力を高めます。例えば、「○○という部署において、○○という経験をしたことで○○には強みがあります」「○○という特技を生かして、○○を成功に導きました」などです。要するに、履歴書のPRでおおまかな概要を言って、職務経歴書でその内容の信ぴょう性を証明するといった流れになります。このポイントを意識して、書き分けていけば、採用担当者が納得する履歴書と職務経歴書ができます。

志望動機について

志望動機については、履歴書のみでOKです。志望動機も重要ではありますが、志望動機よりも自己PRが採用では重視されるからです。

履歴書と職務経歴書を使い分けて書いて、しっかりとアピールしましょう。

いかがでしたか?履歴書と職務経歴書は書く項目が重なっているものもあって、最初書くときに迷ってしまうこともあります。しかし、同じ内容を重ねて書いても意味がありません。 ここまでの内容を参考にして、採用担当者にしっかりとアピールできるように工夫して書き、転職活動に役立てていただければ幸いです。

関連タグ

アクセスランキング