IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

起業支援はどのような形がある?|自治体が行う起業支援例と補助金

経営

起業支援金に関する内容についての言及に加え、起業支援制度についての説明しています。また、起業支援における補助金や助成金の活用についてや自治体が行う起業支援例について具体的な内容も挙げつつ説明しています。起業を考えている人に是非読んでいただきたいです。

更新日時:

起業支援金とは

起業支援金というと補助金や助成金が思い浮かぶ人も多いことでしょう。一般的に融資というのは無担保無保証のものもありますが、資金調達を確実に行うことが出来るということが条件として挙げられます。補助金や助成金は融資とは異なり、多彩な書類が必要です。ハードルが比較的低いとも言われることもありますが、そうともいい切れません。この記事では、その補助金や助成金について触れつつ起業するための支援について説明します。

起業支援制度とは

起業支援制度では特に資金調達に関わる制度が多いです。各都道府県や市町村で独自の支援を行っている場合もあります。補助金や助成金の他にも以下のような支援もあります。

ハローワーク

起業した場合でも再就職手当が受給できる場合があります。ただし、条件を満たしているかどうかの確認も行いましょう。申請対象者が前職の退職日から原則として、一年以内に起業する人であれば申請することが出来ます。会社をやめた場合には失業状態になります。書類の関係等でハローワークに行く必要も出てくると思います。その際に確認してみましょう。

万が一離職後お金が無いという場合に関しては、離職したのちに雇用保険の基本手当の受給資格に該当しなかった場合でも受けられる支援があります。たとえば、職業訓練受講給付金(求職者支援制度)というものがあります。これはハローワークが無料の職業訓練を支援するというものです。規定の条件に当てはまれば職業訓練受講手当と通所手当の2つの手当が支給されます。また、希望により労働金庫の融資制度というものを利用することも可能です。他にも、住居確保給付金の支給も行っています。これは住居を喪失している方又は喪失する可能性がある場合には、一定の要件を満たしている場合に、賃貸住宅の家賃のための住居確保給付金を受給できます。 その他にも規定されている条件を満たせば支援してくれるようなものもあります。確認してみると良いでしょう。

金融機関

金融機関では融資を受け取ることが可能ですが金利が大きいというデメリットがあります。創業時に金融機関に申請することは難しいとされています。ただし、地方金融機関であれば創業時に支援を積極的に行っている場合もありますので、相談してみることも視野に入れても良いでしょう。

国策として地方創生や地域活性化を挙げているため、その支援として地域金融機関への支援が比較的充実しているといえます。

日本政策金融公庫

金融公庫でも様々な支援を受け取ることが出来ます。特に、新創業融資制度とマル経融資などが挙げられます。無担保無保証で融資が受けられます。事業計画書の内容が具体的であることが求められています。必要書類はホームページからダウンロードすることができます。

クラウドファンディング

少額出資を幅広く募ることが出来ます。期限内に目標額に達成しない場合はプロジェクトが成立しないという場合もあります。対価は金銭よりもサービスや商品の提供を行う場合が多いです。また、自己資金率というものが決まっているクラウドファンディングもあります。自己資金が全くない人にとってはクラウドファンディングという選択は難しいかもしれません。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、簡単に説明すると、主に高い成長率をしている未上場企業に対して、ハイリターンを狙った投資を行う投資会社のことを指します。これは株式を入手することによって融資を行うという方法になります。不安定な状態の創成期・成長期のベンチャーの事業者や事業体にとって、銀行融資等では十分な資金調達が出来ません。なぜなら、ある程度の実績が無いと金融機関の融資は受け取りにくいという傾向があるからです。ベンチャーキャピタルだとベテランの会社が新しい会社にお金を融資するという形になるので会社同士の信頼関係に基づいてお金のやりとりが行われるということになります。よって信頼性を構築しやすく、新しい人間関係やBtoBとしての関係も生まれやすくなるという利点もあります。

ベンチャーキャピタル(venture capital、略称:VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行い、資金を投下するのと同時に経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図る。担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して多岐にわたる指導を行う。 ジャフコや大和SMBCキャピタル等の業界大手は、企業買収(バイアウト投資)等も行っており、買収ファンドの一面も持つ

起業支援における補助金や助成金の活用

補助金について

補助金には採択件数や予算金額の指定があるために要件を満たしていても受給できない可能性があると言われています。競争率が激しいとも言えるでしょう。

助成金について

助成金は要件が合えば殆どの場合受給できると言われています。人事や人に関する厚生労働省系の制度として扱われています。助成金は厚生労働省、経済産業省等の公共機関やハローワーク、地方自治体が中心となって行っている起業支援の一部です。

メリットや注意点

それぞれ、創業前、創業後、どちらであっても申請することが出来ます。基本的に返却の必要がないともされており、創業者にとってのメリットといえます。一方、デメリットは申込期間が決まっているということです。申込期間には申請が殺到します。予め申請に必要な書類について目を通しておく必要がありますし、事業計画書を作成して審査に通るための対策を万全に行うことが求められます。また、申請のためには認定支援機関の確認書が必要とされていますのでその準備も怠らないようにしましょう。補助金に関しては後払いになるので場合にいよって、その間につなぎとなるような資金を用意する必要もあります。

自治体が行う起業支援例

補助金と助成金

地方自治体が行う支援としてあげられるのは、創業・第二創業促進補助金と呼ばれている制度です。補助金額の範囲は100万から200万円とされています。公募期間は4月1日から28日までとされています。申込期間になると申請が毎年殺到しますので、事前準備が必要になります。事前の準備のための申請書の種類もさまざまあります。直前の準備では間に合わないとも言われています。特に創業計画書に関しては重要書類になります。内容をよく吟味して、相手を納得させられるような内容にする必要があります。

起業支援団体

ワンストップ相談窓口や創業セミナー、コワーキングスペースは起業・創業支援を行っています。ワンストップ相談窓口は複数の部署や役所等の庁舎、その他の機関にまたがる手続きを、一度にまとめて行える環境を指しています。起業の手続きが一回で行えるという場所なので自分の自治体の現状を確認した上で問い合わせるのも良いでしょう。創業セミナーは信用保証協会や商工会議所が中心となって行っています。コワーキングスペースは俗にいうノマドワーカーが仕事や会議をするために利用できる場といえます。

認定機関とは

補助金や助成金を得るためには認定機関からの確認書が必要になります。認定機関というのは金融機関や税理士、公認会計士、弁護士等から成り立っています。認定機関では中小企業に対してのアドバイスや相談を請け負っています。たとえば、経営を可視化したい場合には経営相談も含め、財務状況やその内容に関する調査や分析までを行います。また、事業計画、創業計画書、資金計画書を作りたいという場合にも相談を請け負います。経営状況の分析や事業計画等の進捗状況の管理も行います。計画書に沿った事業が展開できるか、またできているかということについて確認してアドバイスも行っています。取引先を増やしたり、販売を拡大したい場合にも相談に応じます。また、事業内容によっては、海外展開や知的財産といった意匠登録の管理など専門的な知識が必要になる場合もあります。その場合にも認定期間が様々な支援を行ってくれます。友好な人脈作りという点でも認定機関では相談に応じます。資金調達のために金融機関と信頼関係を作りたいという時でも認定機関に相談することで突破口がみえるでしょう。

起業支援を頼るかどうか

起業支援がどうして存在するのか

起業支援が存在しているのは、国策として地域創生が掲げられているからということがあげられます。また、起業支援を行うことによって若い人たちが起業しやすい状況を作り出したいという意図があるとも言われています。しかし、実際に支援があるということや、セミナーに積極的に参加している若者は地域創生とは程遠い都市部に集中しており、実際に地域に新しいビジネスを展開しようと思ってもターゲットにしたい地域に十分な支援が備わっておらず、ビジネスを展開できないという例もあります。起業しようと考えている人と、ターゲットとなる地域やユーザーのニーズが合わず企画が企画として成立しないという場合も多いのです。起業支援と言いながらも、恩恵を受けれる人がある程度の実績や既に今後の見通しが立っている場合などに限られてしまう傾向も強いため、支援というには十分ではないと考えている人もいることでしょう。

支援金をたよる・頼らない

支援金の例も多くあげました。資本金確保は起業準備や創業後にも必要です。支援金の特性を活かし、自分のビジネスがどのくらいの利益がでるのかということも視野に入れて取捨選択しなければなりません。ビジョンが見えていなければ選択もできません。また、支援金頼り、支援金ありきになってしまうと、そこに安住してしまい、新たな企画や、ビジョンを立てるという企業努力をしなくなってしまうという場合もあります。常に自分自身が本当にしたいことに専念し、目先のみならず、行く先も見通して事業を展開していく必要があります。

支援の場を有効活用

支援の場も多くあります。自分の業種のみにとらわれてしまうと、本当は自分に必要な出会いも切り捨ててしまうことにもつながってしまいます。しかし、一方で支援の場を頼りすぎると自己成長を望めなくなってしまったり、人頼りになってしまうということもあります。自分の性格も理解した上で、どの支援の場を活用するのかということを取捨選択する必要があります。

支援を有効活用しつつ、自分の成長、会社の成長のために何が出来るのかと言う事を常に考えて行動することが大切です。創業計画書も見直して新しい支援を受ける際には無いように関して熱意を持って話せるようにすることも大切なポイントになります。支援の場では何よりも自分という軸が求められます。先の見通し、目先のこと、足元の状態、それぞれを確認しながら、フットワークを軽くして起業に臨みたいものです。

関連タグ

アクセスランキング