IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サラリーマンの小遣い平均と内訳・小遣い稼ぎの方法

社会人常識

サラリーマンのランチ代が平均500円代と言われた2016年、まだまだ景気が良いとは言えない状況です。少しでも小遣いを増やしたい、小遣いを減らしたくないと思っているサラリーマンの皆さんに、おサイフの中身を増やす耳寄りな情報をお届けします。

更新日時:

サラリーマンの小遣いってズバリいくら?

平均的なサラリーマンの小遣い(1カ月)が、どれぐらいだかご存じですか?新生銀行が発表した「2016 年サラリーマンのお小遣い調査」では、男性会社員のお小遣い平均額は37,873円とほぼ前年と一緒で、1979年調査依頼3番目に低い数字だそうです。 限られた小遣いの中でランチを食べたりコーヒーを飲んだりタバコを買ったり、趣味に費やしたり、たまには部下を連れて飲みに行ったりと世のお父さんたちは大変な思いをしているのです。

世代別に見るサラリーマンの小遣い

新生銀行の調査によると、世代別に見るサラリーマンの小遣いの平均額が異なっているのがわかります。また、男性、女性を比べるとここでも大きな違いが見て取れます。 ■全体(男性)平均:37,873円 ●全体(女性)平均:33,502円 ■男性(20代)平均:40,879円 ●女性(20代)平均:38,220円 ■男性(30代)平均:36,846円 ●女性(30代)平均:32,515円 ■男性(40代)平均:35,670円 ●女性(40代)平均:30,880円 ■男性(50代)平均:38.113円 ●女性(50代)平均;32,228円 このように世代別に見ると20代独身時代は男女とも小遣いの額が多いのですが、30代、40代と子育て世代になるとガクンと減ります。そして子育てが落ち着いたころ、また小遣いの額が上がります。30、40代の年収が低いのではありません。その世代にかかる子育て・教育費の負担が大きいのです。

サラリーマンの小遣いの使い方

サラリーマンの小遣い使い道で一番多くを占めるのは何だかご存じですか?男女比べて見ると興味深いことがわかりました。 男性会社員の小遣い内訳で1位は昼食代(50.5%)、2位は趣味(9.2%)、3位は嗜好品(29.1%)、4位は飲み代(28.3%)、5位は携帯電話代(27.4%)となりました。 女性会社員の小遣い内訳で1位は身だしなみの費用(48.2%)、2位は昼食代(44,9%)、3位はファッション(38.3%)、4位は携帯電話代(35.6%)、5位は趣味(24.9%)となりました。女性はいかに身だしなみ、ファッションにお金を使っているかがうかがえます。

サラリーマンの飲み方が変わってきた

サラリーマンの憩いの時間といえば、同僚や友人たちとお酒を飲んでグチをこぼす…なんていうのはもう古いのかもしれません。景気悪化にともない、サラリーマンの小遣いは減り外で飲む機会が減っています。外飲み、家飲み、サラリーマンの飲酒事情についてご説明します。

外飲みの場合

一昔前のサラリーマンたちは、仕事終わりにパーッと飲みに行くのが通例でした。ところがここ数年、徐々にですが外で飲む人の割合が男女ともに減少傾向にあります。外で飲むより家で飲む、という方が増えているようです。 男性会社員が1カ月に外飲みするのは平均2.3回、女性会社員が2.0回。1カ月の飲み代(平均額)が男性11,765円、女性8,022円という数字になりました(新生銀行調査による)。 思ったより額が多いですか?少ないですか?

家飲みの場合

男女問わず、サラリーマンは家飲みする方が増えているようです。新生銀行の調査によると、2015年「飲みに行く」と答えたのが45.2%(男女)でしたが、2016年は41.8%に減りました。 逆に「飲みに行かない(家で飲む)」と答えたのは、2015年で32.9%(男女)でしたが、2016年は35.1%と増えています。 「そもそもお酒は飲まない」という方は、2015年21.9%でしたが、2016年は23.0%に増えています。世代によって多少の変化はありますが、総じてサラリーマンは外で飲まずに家で飲む、という方が増えているのがわかります。 1カ月あたり、平均で家飲みするのは男性会社員が12.8回、女性会社員が9.7回。外飲みと比べると圧倒的に家で飲まれている方が多いことがわかりました(新生銀行調査による)。家飲みのほうが外よりずっと安く済むので、その分小遣いを自由に使うことができるのです。

消費税アップがサラリーマンの小遣いを逼迫させている!?

前述した新生銀行の調査によると、消費税が8%にアップした2014年以降、サラリーマンは年代、性別を問わず消費税を負担に感じているという人が増えています。 2016年の調査では、男性会社員(20〜50代)のうち、「大変負担に感じている」が28.3%、「少し負担に感じている」が46.1%となり、負担に感じていると答えた人が74.4%に登りました。 女性会社員(20〜50代)も男性とほぼ同じで、「大変負担に感じている」が38.9%、「少し負担に感じている」が43.6%、合計82.5%もの人が負担に感じていると答えています。 2017年4月現在、日本の消費税は8%、2019年10月には10%になるとされています。世界で最も消費税が高いのが(2017年4月現在)1位ハンガリー(27%)、2位デンマーク/クロアチア/スウェーデン/ノルウェー(25%)、6位フィンランド/アイスランド(24%)となっており、日本の消費税がかなり低いことが分かります。 とはいえ、決して物価が安くない日本。消費税アップはサラリーマンの小遣いに大打撃を与えていることは間違いありません。

サラリーマンの小遣い、年収の何割が相場?

某フィナンシャルプランナーは「ご主人のおこづかいは年収の1割が妥当」と発言し、話題になりました。1割といえども年収1,000万円(約7万円/月)の人と、年収450万円(約3.75万円/月)の人とでは大きな差が生じます。 2015年の国税調査によると、サラリーマンの年収は世代ごとに異なりますが平均で男性会社が511万円、女性会社員が272万円となりました。前述したように、サラリーマンの小遣い平均額は37,873円、平均年収から計算して1割弱程度と考えて良いのではないでしょうか。

サラリーマンの小遣いやりくり・節約事情

サラリーマンは限られた小遣いをどうやりくりしているのでしょう。前述した新生銀行の調査によると、男性会社員の78.9%が、女性会社員の89.7%が何らかの方法で小遣いをやりくり、節約していると答えています。 具体的にどのようなことをしているのでしょう。 男性会社員、1位昼食費を安くする/2位外飲みを減らす/3位弁当持参/4位水筒持参、となりました。 女性会社員は1位昼食費を安くする/2位弁当持参/3位水筒持参/5位衝動買いをしない、となりました。 男女問わず、飲食代から節約する傾向にあるようです。みなさん、ツメの先に火を灯す思いをして小遣いをやりくりしているのです。

サラリーマンはどうやって小遣いを増やしているの?

サラリーマンは小遣いのやりくり・節約だけでなく増やす努力もしています。前述した新生銀行の調査によると、男性会社員、女性会社員ともに給料とは別に何らかの方法で副収入を得ていることがわかりました。 具体的に何をしているかというと、男女問わず1位がポイント・アンケートサイトの利用/2位がアルバイト・副業となりました。 男性会社員3位は株式投資/4位は不動産投資/5位ネットオークションとなりました。 女性会社員3位はネットオークション/4位は株式投資/5位はフリーマーケットとなりました。ブログやホームページのアフィリエイトと答えた人は、男女問わずあまり多くありません。ネットでガッポリ…とはなかなかいかないようですね。

小遣いは相談しよう

デフレ、物価高、消費税アップとさまざまな難関を突破し、世のサラリーマンたちは小遣いのやりくりをしていることが分かりました。男女問わず、小遣いの節約には飲食費を削るところから始めるようです。確実に、オフィスでは弁当、水筒持参の人が増えています。 アベノミクスが成功したか否か、わたしたち一般社会でその恩恵にあずかることはまだまだ難しいのが現状です。だからこそ、サラリーマンは少しでも小遣いを増やす努力、減らさない努力をし続けているのです。 現状の小遣い事情をなんとか改善したい!と思っている方。ぜひできることから始めて見ましょう。

関連タグ

アクセスランキング