IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職の倍率が高い会社ランキング・倍率の低い会社の特徴

就活

今年度の入社試験もほどんど終わり、新たな新入社員、新人たちが新たな人生のステージに立ちました。人生を歩んでいく上で一度は経験する「就職活動」。今回はそんな就職活動をこれから行っていく学生が気になる「求人倍率」といった倍率のお話をしていこうと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職倍率って何?就職倍率って大事?

今年度の入社式もほどんど終わり、新たな新入社員、新人たちが新たな人生のステージに立ちました。人生を歩んでいく上で一度は経験する「就職活動」。今回はそんな就職活動をこれから行っていく学生が気になる「求人倍率」といった倍率のお話をしていこうと思います。

求人倍率って?

まず、倍率とはその企業が求める採用人数を応募者数で割った数字のことです。簡単に言うと、この数字が高いほどその企業は採用されづらい会社になりますし、低いと採用されやすいことになります。では、この就職倍率はどのくらい大事なのでしょうか。確かに、就職を目指す人たちにとって倍率が低い企業を探し、とりあえず就職したいと思う人はたくさんいるはずです。しかし、倍率の低い大学に入ることが必ずしも正解なのでしょうか。

就職するために倍率の低い会社に入ることのメリットとは?

まず、メリットとしては、倍率が低いのですから、もちろん就職しやすいというのが一番です。ちなみに、倍率が低くて内定が取りやすい会社の例としては、飲食店、小売、介護関係です。飲食店を見てみると、国内にはチェーン店を始め、数え切れないほどの飲食店があります。そのため、その飲食店で店長などといった正社員を採ろうとする会社はたくさんあります。例えば、ある飲食店でバイトをしていて、店長やその会社の社長から、「このまま正社員になってみないか。」と声をかけられるケースは多いものです。

倍率の低い会社、実はデメリットの方が多い。

しかしながら、低い倍率の会社が良いのかと言うと、そうは言い切れません。一度、こういった業種に就職した人たちの意見のなかには、こういった就職先は長続きしない、リスクが高い、などと言われています。 なかでも、よくある意見としては、人手不足で困っていることや、仕事に馴染めず離職率が高い、休日が少ないこと、給料が安い、仕事がきついなどがあります。

就職倍率の平均

正直なところ、正確な平均はわかりません。国内には数え切れないほどの会社があり、会社によって人気の会社とそうでない会社があります。その差は歴然としており、平均をとってみたところでそれを活用することはほとんどありません。ですから、そこまで気にしないほうがいいでしょう。

就職倍率の実態

今年の就職倍率の実態については以下のサイトが正確であるので、そちらを掲載させていただきます。

就職倍率30倍は高い?

公務員の倍率となるととても高いです。ですが、企業の中には、就職倍率が100倍や200倍を超える企業はたくさんあります。就職する業種によって高いか低いかは変わってきます。有名どころでも求人倍率が50倍、20倍などのところだってありますし、一概には言えません。ですから、もし倍率が低くて大手の会社を見つけたいなら。自分で細かく調べていく必要があります。 しかし、就職活不動において、倍率も大事ですが、本当にその会社に就職したければたくさん勉強して、その会社の新人で一番を取れば倍率なんて関係ありません。「一番を目指す」この気持ちは大事です。

倍率って本当に大事なの?

このように倍率について見ていくと、倍率って結局のところ大事なのでしょうか。大事ではないとは言い切れませんが、絶対大事ではないと思います。 確かに、就職の内定は倍率に左右されてしまうこともあると思います。しかしながら、就職の際、最後に大事になってくるのは、「自分がそこの企業に入りたい」「そこの企業で働きたい」という思いの強さが大切になってくると思います。その企業に入るために自分は今までこれだけのことをしてきた、その強い自身がある人こそが内定を得ることができると思いますし、そうした人こそが、最後の面接で自分の思いや考えを面接官に伝わったり、ギリギリで追加で内定を得ることができたり、そうした最後の大事な所に出てくるのだと思います。

大事なのは倍率よりも、自分の強い意志を持つこと

これは本当に大事なことだと思います。これから就活を始める人にとって、最初から倍率に頼って就活をはじめることだけはやめてほしいです。人生は一度きりです。今の時代そう簡単に転職はできません。入ってすぐこの会社は自分には合わなかったと辞めてしまうことも絶対にやめてほしいのです。 だからこそ、早いうちから自分の将来について自分自身でよく考え、どうなりたいか、どういうことをしていきたいのか、そうしたことを日々考え、そして整理する。その上で、自分に合う企業や会社を探していく。そうやって、自分の将来自分の手で働く会社を見つけて欲しいと思います。そこには必ず自分の強い意志があるはずです。そして自分の夢があるはずです。

強いブレない意志を持ち続けてぜひ、充実した就職活動を。

このように将来の輝かしい日々を想像しながら就活を行っていってほしいと思います。就活は決して楽ではありません。苦しいことがたくさんあります。ですが、そんな状況の中でも楽しんでやってもらいたいと思います。入社してからんも、理不尽なこと、嫌なこと、苦しいこと、腹が立つこと、たくさんあります。 でも、強い意志をもって入った会社ならそんなことに負けず、自分の強い意志を信じて日々進んでいくはずです。なにくそと思って頑張るはずです。努力するはずです。そして、やっと成功して、最高の快感、達成感を味わうのではないでしょうか。その快感は一度感じるとやめられません。 そうやって、自分自身が夢中になれる仕事ができる場所を自分で探し出して欲しいと思います。倍率などは気にせずに、自分だけの誰にも負けない強い意志を持って就活に臨みましょう。

だからこそ今のうちから、今から勉強を始めよう。

そして、この強い意志、絶対に入りたいという気持ちを後押ししてくれるのが倍率と、自分のこれまでの学歴なのです。これを見ている人が中学生や高校生であれば、尚更です。より高いランクの大学へ行くことは必ず将来、自分が迷ったときやもう一歩が踏み出せないとき、プレッシャーに負けそうな時に助けてくれます。何も勉強をしなさいと言っているのではありません。確かにより上の大学へ入るためには勉強することが必要です。しかし、それ以上に「学ぶ」という行為をやめないで欲しいのです。

面接官は今まであなたが何をしてきたのかを知りたい。

面接官はもちろん、あまたの学歴や成績を見ます。しかし、本当に面接官が聞きたい、知りたいことは、『あなたが今まで何をしてきてそこから何を学んだのか』です。いい大学に入ったからといって、平凡な毎日を過ごしてはもったいないです。自分がこの大学生活で何をしてきたのか、どういうことを学んだのか、それを具体的に話せる人は面接官からも好印象です。

大学生活でたくさんチャレンジしよう!

また、大学生活で得る経験は将来につながります。ですから、いままだ大学生で何もしてないなー、バイトしかしてないなーなどと思った人は、今から何か探すことから始めてください。そして、自分がこれなら頑張っていけると思ったことを始めて、継続してください。それが失敗しても成功しても、そこはあまり関係ありません。そこから何を学んだのかが大事です。大学生のうちにたくさんのことのチャレンジして、たくさん失敗をしましょう。そして、そこから何を学ぶことができたのかを考えましょう。

今をどう過ごしていくのか。

大学に入ることが人生のゴールではありません。高校の時から将来の設計図ができていて、自分はあの大学のあの学部のあの学科に入って・・・、とプランがたっている人は少数です。その人たちは自分の目標がしっかりと出来ているから強いです。 だからといってそれ以外の人が弱いのか。そうではありません。大学での時間をどう使うのか。大学に入ってからがある意味勝負です。自分が就活の時に武器になる素材や道具をこの大学生活のあいだに手に入れることができるか、これが大切です。ですから、大学生でも高校生でも関係ありません。今から計画を立てて、これをしたい、あれをしたいと、自分の思い通りの予定を立ててください。 そして、自分の知識を広げるためにも「学ぶ」ことを続けてください。継続してください。 今からでも遅くはないです。学び続けること、これができる人はいつまでたっても強いです。

さぁ、今から将来の人生設計をしよう!

今からでも遅くはありません。自分の将来についてもう一度考え直してみてはどうですか。 もし今の自分の目標や夢が中途半端なら、考え直すべきです。今からならまだ間に合います。自分の目標や夢を見つめ直してはいかがでしょう。もしかすると、新たな発見や気づきが見つかるかもしれません。

まだまだこれから。いや、ここからがスタート。

夢や目標が決まったその瞬間からがスタートです。それを達成するために、叶えるために、今からどうしていかなければならないのか、それが最終的に就職活動というところへたどり着きます。物事を逆算して考えることって大事ですね。 また、逆算して物事を考えるのは、最初にゴールを作っているわけですから、物事に対しての取り組み方がほかの人とは違います。明確なゴールを持っている人の方が努力します。ぜひ、明確なゴールを作って、それに対する強い意志をもって就職活動へと挑戦してください!そして、その強い意志、目標、夢は就職してからも絶対に忘れないでください。

みなさんの健闘を祈っています!

最後、就活が終わり、結果がどうであれ、自分で自分に「よく頑張った」と言えるような就活ライフを送ってください。その経験は必ず次につながります。その頑張りを、頑張った北課程を次の後輩たちに伝えてください。 よく、「結果が全て」といいます。ですが私は「就活」にはその言葉はあまり繋がらないと思います。どちらかというと「結果よりも、やってきた過程が大事」。こちらのほうがあっていると思います。入社して仕事を始めると結果が求められますが、就職活動においては後者のことばがあっていると思います。ぜひ自分の納得のいく就職活動になるように頑張ってください。そして最後には自分に「よく頑張った。お疲れ様。」と言えるくらい最高の時間を送ってください!みなさんの健闘を祈ります。

2017年、就職活動で人気の高かった企業ランキング

ここで、2017年度の人気企業をランキング形式で発表していきたいと思います。参考サイトは「キャリタス就活2018」です。このサイトは、これから就活を初めて行く人にとってピッタリのサイトですので、新規登録をしてどんどん活用していきましょう。

全体でのランキング

1位 三菱東京UFJ銀行 2位 東京海上日動火災保険 3位 三井住友銀行 4位 損害保険ジャパン日本興亜 5位 みずほフィナンシャルグループ 6位 全日本空輸(ANA) 7位 日本航空(JAL) 8位 サントリーグループ 9位 三井住友海上火災保険 10位 トヨタ自動車

性別ランキング<男性編>

1位 三菱東京UFJ銀行 2位 トヨタ自動車 3位 東日本旅客鉄道 4位 三井住友銀行 5位 伊藤忠商事 6位 みずほフィナンシャルグループ 7位 三菱商事 8位 東京海上日動火災保険 9位 損害保険ジャパン日本興亜 10位 東海旅客鉄道 男性は金融企業に集中しているほか、トヨタ自動車や鉄道会社など交通関係の企業が人気のようです。

性別ランキング<女性編>

1位 全日本空輸(ANA) 2位 三菱東京UFJ銀行 3位 日本航空(JAL) 4位 東京海上日動火災保険 5位 損害保険ジャパン日本興亜 6位 三井住友銀行 7位 みずほフィナンシャルグループ(みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行) 8位 JTBグループ 9位 資生堂 10位 三井住友海上火災保険 女性は主に大手の空港会社や金融企業、化粧品会社が上位を占めています。

各業種別ランキング

エネルギー 1位 関西電力 2位 中部電力 3位 東北電力 4位 東京電力 5位 JXグループ 医薬品・化粧品 1位 資生堂 2位 アステラス製薬 3位 コーセー 4位 武田薬品工業 5位 第一三共 マスコミ 1位 電通 2位 博報堂 3位 日本放送協会(NHK) 4位 講談社 5位 ソニーミュージックグループ 食品 1位 サントリーグループ 2位 キリン 3位 明治グループ 4位 味の素 5位 アサヒビール 化学・素材 1位 花王 2位 富士フィルム 3位 東レ 4位 ライオン 5位 旭化成グループ 商社 1位 伊藤忠商事 2位 三菱商事 3位 三井商事 4位 丸紅 5位 住友商事 機械・電子・電気・精密機械・医療用機器 1位 日立製作所 2位 三菱電機 3位 パナソニック 4位 ソニー 5位 富士通 銀行・証券・保険・リース・その他金融 1位 三菱東京UFJ銀行 2位 東京海上日動火災保険 3位 三井住友銀行 4位 損害保険ジャパン日本興亜 5位 みずほフィナンシャルグループ 通信・情報サービス 1位 NTTデータ 2位 野村総合研究所 3位 NTTドコモ 4位 NTT東日本 5位 バンダイナムコエンターテインメント 運輸・倉庫 1位 全日空空輸 2位 日本航空 3位 東日本旅客鉄道 4位 東海旅客鉄道 5位 西日本旅客鉄道 鉄鋼・非鉄・鉱業・金属製品 1位 新日鐵住金 2位 LIXIL 3位 YKKグループ 4位 JFFスチール 5位 神戸製鋼所 など。

履歴書の作成でお困りのあなたに

・就活情報をネット中心で集めている ・エントリーしたのは有名企業ばかり ・行きたい企業しか見ていない という就活をしていませんか? 希望の企業の内定をぐっと近づけるために今回就活のプロに相談できる「キャリアパーク」をご紹介します。 キャリアパークでできること ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 「キャリアパーク」を使って、他の人と情報で差をつけませんか? 現在、大手グループの欠員枠・非公開ルートにエントリーできる推薦サービスも行っております。就活生はぜひ活用してみてください。

関連タグ

アクセスランキング