IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職の倍率が高い会社・倍率の低い会社の特徴

更新日:2020年11月06日

就活

今年度の入社試験もほどんど終わり、新たな新入社員、新人たちが新たな人生のステージに立ちました。人生を歩んでいく上で一度は経験する「就職活動」。今回はそんな就職活動をこれから行っていく学生が気になる「求人倍率」といった倍率のお話をしていこうと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職倍率って何?就職倍率って大事?

今年度の入社式もほどんど終わり、新たな新入社員、新人たちが新たな人生のステージに立ちました。人生を歩んでいく上で一度は経験する「就職活動」。今回はそんな就職活動をこれから行っていく学生が気になる「求人倍率」といった倍率のお話をしていこうと思います。

求人倍率って?

まず、倍率とはその企業が求める採用人数を応募者数で割った数字のことです。簡単に言うと、この数字が高いほどその企業は採用されづらい会社になりますし、低いと採用されやすいことになります。では、この就職倍率はどのくらい大事なのでしょうか。確かに、就職を目指す人たちにとって倍率が低い企業を探し、とりあえず就職したいと思う人はたくさんいるはずです。しかし、倍率の低い大学に入ることが必ずしも正解なのでしょうか。

就職するために倍率の低い会社に入ることのメリットとは?

まず、メリットとしては、倍率が低いのですから、もちろん就職しやすいというのが一番です。ちなみに、倍率が低くて内定が取りやすい会社の例としては、飲食店、小売、介護関係です。飲食店を見てみると、国内にはチェーン店を始め、数え切れないほどの飲食店があります。そのため、その飲食店で店長などといった正社員を採ろうとする会社はたくさんあります。例えば、ある飲食店でバイトをしていて、店長やその会社の社長から、「このまま正社員になってみないか。」と声をかけられるケースは多いものです。

倍率の低い会社、実はデメリットの方が多い。

しかしながら、低い倍率の会社が良いのかと言うと、そうは言い切れません。一度、こういった業種に就職した人たちの意見のなかには、こういった就職先は長続きしない、リスクが高い、などと言われています。 なかでも、よくある意見としては、人手不足で困っていることや、仕事に馴染めず離職率が高い、休日が少ないこと、給料が安い、仕事がきついなどがあります。

就職倍率の平均

正直なところ、正確な平均はわかりません。国内には数え切れないほどの会社があり、会社によっての会社とそうでない会社があります。その差は歴然としており、平均をとってみたところでそれを活用することはほとんどありません。ですから、そこまで気にしないほうがいいでしょう。

就職倍率の実態

今年の就職倍率の実態については以下のサイトが正確であるので、そちらを掲載させていただきます。

次のページ:倍率って本当に大事なの?
初回公開日:2017年04月11日

記載されている内容は2017年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング