IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理への転職方法・経理の仕事からの転職|未経験で経理は可能?

職種研究

転職先の職種の一つとして経理という仕事があります。経理の転職ということに興味があるけど、未経験だから応募をするのにためらっている、実際にどういった人材が求められるか、など疑問に抱くことがあると思います。本稿では、そんな経理の転職について記載をしていきます。

更新日時:

経理の仕事への転職

経理の仕事というのは、専門性が強く、どの企業でも存在する仕事です。ですので、経理の仕事はつぶしがきく仕事だとよく言われます。そんな経理の仕事への転職というのは、数字を扱うことであったり、会社の屋台骨を支えるということでは非常にやりがいのある仕事ですので、そういったことで会社に貢献したいということであれば、経理の仕事への転職というのは適している仕事となります。経験者であれば、今までの経験を転職先の会社にどう活かすことができるのか、経験者でなくても近しい仕事をしてきた人間であれば、経理を通じてどうキャリアアップをしていきたいのかということを持って経理の転職をすると良いでしょう。

経理の仕事からの転職

経理の仕事から転職をする先というのは、いくつか候補があげられます。一つは経理で財務諸表に携わってきたので、さらに経営に近しい位置で仕事をしたいということで、経営企画などの仕事に就くことです。経営者の良きサポート役として、活躍のできる場を広げることとなります。もう一つは経理という会社の骨組みを知っているので、営業職などのマネージャーを行い、営業の現場も経理の現場も知ることでより仕事の相乗効果を求めるというものです。どちらにしても経理をやってきたという経験を活かすということでの転職が大切です。

未経験で経理の仕事は可能?

未経験でも経理の仕事への転職は可能かというと、可能です。しかしながら、経理の転職というのはやはり実務経験を重視されますので、年齢にもよりますが、門戸は狭くなります。では、どういったケースで未経験でも経理の仕事への転職ができるかというと、人手不足の企業で、とにかく手として使える人間がすぐにでも欲しいという企業であったり、また、若手採用でポテンシャルなどを見込まれれば、採用につながる可能性はあります。さらにステップアップをしたいのであれば、まずは経理の仕事の経験を積むことが大切です。経験を積んだ後にキャリアアップなどを考えるというのも一つに転職のプランとなります。

経理の転職で求められる人材

経理の転職で求められる人材というのは、経験者であっても未経験者であっても、まずは信頼ができる人間です。お金を扱う部署なので、横領などが起こりえる部署でもあります。ですので、経理というのは会社の経営者からすれば、お金を預けても安心できる人材というのがまずは第一なのです。どれだけ経験があっても、人間として信頼ができないと見られるのであれば、採用に至ることは難しいでしょう。逆に未経験者であっても信頼できる人間であれば、採用にこぎつけることはできるかもしれません。

経理の仕事の転職への志望動機

経理の仕事への転職の志望動機というのは、どのようなことを書けばいいでしょうか、転職において、経理の経験者であれば、自分のキャリアを活かして即戦力で働きたいなどのベーシックな文書を記載すればよいかと思いますが、それ以上に何かプラスできればさらに良くなります。例えば、経営者をサポートしたいなど、経理という立場を活かして、経理でしかできない仕事をしたいということをアピールするなどをしてもいいでしょう。

経理の仕事の転職でのキャリアビジョン

経理の仕事の転職ではどのようなキャリアビジョンを描くことが大切でしょうか、経理の仕事といってもピンからキリまであります。現金出納に始まり、決算処理、資金調達やそれこそ上場企業であれば、開示のための資料作成などがあり、これらの仕事を総じて経理の仕事といっても過言ではありません。経理の転職をする際にその会社で何をしたいかというキャリアビジョンを明確に描く必要があります。上場企業への転職を希望しているのであれば、開示業務に携わりたいということも一つのキャリアビジョンですし、中小企業で経営者と直接やりとりをする経理のポジションであれば、経営者の右腕となって働きたいということも立派なキャリアビジョンです。こういったビジョンを明確に描けば、自分が経理として、どのように働きたいか、どういった転職をすればいいかというのがおのずと見えてくるはずです。

経理の転職で必要な資格

経理の転職をする際に、資格で必要な資格とは、真っ先に思い浮かべるのは簿記の資格です。経理の仕事というのは簿記を知らないと仕事の本質がわかりません。昔は手書きで記帳をしていたので、簿記は必須でしたが、最近の帳簿付けはパソコンで行いますし、直接仕訳を入力するということも少なくなってきています。ですので、簿記の資格が無いと仕事ができないというレベルではありませんが、それでも原則として複式簿記を使用しているので、そもそも簿記の仕組みを知らないというのは、経理の仕事の全体像を見ることはできません。ですので、経理の転職をする際に正社員であれば、簿記の資格はあった方が絶対にプラスになります。転職をする際の履歴者や職務経歴書に日商簿記2級取得と記載するだけで、経理の転職は先に進むような気もします。ですので、簿記の資格をもっていなくて経理に転職をしたいというのであれば、働きながらでも簿記2級の資格は取得しておきましょう。2級であれば、働きながらでも十分に合格することができる資格です。

経理の転職で注意すべきこと

経理の転職で注意すべき点は、経理の仕事というのは勘違いされそうなのが、同じルーティン業務の繰り返しで基本的には早く帰れると思って転職をする。そういったイメージをもって経理への転職をするのであれば、そのイメージは振り払うことをおすすめします。派遣社員やパートであれば、それでも良いかもしれませんが、正社員で転職を考えているのであれば、まず、上場企業であれば四半期決算の時期、非上場企業でも決算の時期は繁忙期になります。また、イレギュラーで数年に1度訪れる税務調査の対応などを行う時などは、残業も多くなります。また、経理の仕事というのは基本的に月末月初が忙しくなります。ですので、前述のような楽なイメージをもって転職というのは、転職して失敗してしまうケースになります。また、経理というのは専門職ですので、常に新しい会計のルールや税法の改正などを知り、そういった時代の変化についていかないといけません。典型的な例で言えば、消費税の増税は経理処理も変更される良い例です。こういったことにも柔軟に対応するということが必要となります。

男性の経理の転職

男性の経理の転職は、男性であれば、将来のキャリアビジョンなどを考慮して、企業側からすれば、管理職を期待されることとなります。また、管理職で無くても、経理の全体像を指揮したり、決算業務に中心になって取り組んだりと男性ならではの理的な考えをフルに活かした仕事を求められます。男性の経理の転職はただのオペレーションをする人間という気持ちで転職をしてはうまくいかないというのも言えますので、転職をする際は、目標やビジョンを大きく語ることが大切です。

女性の経理の転職

女性の経理の転職は男性と違い、派遣社員やパート社員など幅広く求人があります。求人の記載で女性が活躍中の職場ですという求人はよくあります。こういった求人は女性にとっても応募しやすく、それは経理を始めとする事務職などに多くありますので、女性の経理の転職は割と門戸が広いと言えます。反面、今の日本では管理職クラスとなるとやはりまだ男性が多くいますので、そういった管理職のレベルまで求められるというよりも、経理という仕事柄か、言った指示をきちんとこなしてくれる人材であったり、女性の適正からしても、ミスの無い仕事を求められます。

20代の経理の転職

20代の経理の転職となると、未経験者であっても転職可能な求人は多く、20代までという年齢制限を設けている会社もあります。長期キャリア形成のためであったり、20代であれば、まだ育成枠に入りますので、仕事を通じてきっちりと経理を教え込むという会社であれば、採用はされやすくなります。とはいってもやはり経験者が優遇されやすいので、未経験であれば、簿記の資格であったり、個人のポテンシャルなどで経理の転職の採用を勝ち取るということになります。

30代の経理の転職

30代の経理の転職は、未経験者の採用というのはほとんどないと言っていいです。また、求められる人材も決算処理を行ったことがある。税務申告を行ったことがあるなどの重要な仕事ができる人間が求められます。30代前半であれば、月次決算レベルでもなんとかなりますが。30代中盤から後半にかけてであれば、本決算処理などを中心に行っている人間のキャリア採用というのが主体となってきます。ですので、2代のうちに経理のキャリアを積んでおかないと、30代での経理の転職というのは難航します。例え、未経験者が税理士や公認会計士の資格を持っていても、経験者の方が欲しいという企業の方が多いと言っていいでしょう。

40代の経理の転職

40代の経理の転職となると、30代の経験に加えて、さらにマネジメントスキルというものが求められます。30代は自分で決算処理を行うなどのプレイヤーでも良いかもしれませんが、40代となると人に仕事を教えることができる人間でないといけません。ですので、40代の経理の転職は実務経験が豊富なことに加えて、マネジメント経験もある人間でないといけません。採用されるのであれば、管理職クラスで採用されることとなります。ですので、そのポストにふさわしい経験値が必要となるのです。

50代の経理の転職

50代の経理の転職となると、なかなか珍しいパターンですが、それでも求められる人材というのは、50代まで経理で培った実務経験やマネジメント経験、また経営者とのやりとりや外部とのやりとり、はたまたずっと経理をやってきた人間ではなく、総務や他の仕事も異動でこなし、管理部門全体を知る人間というのが50代として求められるレベルです。また、非上場企業が上場を目指しているのであれば、上場企業の経験者なども活かすことができます。

経理の転職での求人の探し方

経理の転職をする際に求人はどのように探すべきでしょうか?求人は一般公開されているものもあれば、転職支援企業のエージェント会社のみが扱っている求人もあります。ですので、求人サイトで探すことと同時にエージェントに登録をして、求人を探していきましょう。また、エージェントに登録することのメリットとして、自分の今の年齢やキャリアなどで経理に転職をすることができるのかなどのアドバイスも行ってくれます。そういった意味でも効果はありますので、こういった転職支援のサービスというのは、積極的に行っていきましょう。ハローワークで求人を探すよりもよっぽどこちらの方が経理の転職としては素早く的確に対応をしてくれます。

経理の転職の競争率

実際に経理の求人があり、そこに応募した際に気になるのは競争率です。経理の求人というのは、一体どれくらいの競争率なのでしょうか?まずは、その採用が増員なのか、欠員なのかによって大きく変わります。増員であれば、採用を急いではいないので、本当にマッチングする人間を企業は探します。ですので、競争率は高くなります。自分の経理としてのキャリアや展望などがその企業とマッチしない限りは、採用という形に至ることは難しいでしょう。次に欠員の場合は、企業は採用を急いでおり、採用期間というものがありますので、この期間内に他の人間よりも自分が経理としてのスキルやキャリアがあり、適格だと認められた場合には、採用に至ることができます。また、経理というのは、なかなか退職をしない職種で、かつ、経験者が優遇されます。また、専門職ですので、そもそもの全体の母数が少ないと言っていいでしょう。そういった中で経理としての経験値をしっかりと積んでいれば、転職に有利となるのは間違いなく、他のライバルとの競争に勝つこともできます。

経理という仕事への転職でなくても経理の仕事に関わる方法

経理関係の仕事というのは、経理職に転職をしないと携われないものでしょうか、企業の経理職でなくても会計事務所や税理士事務所の職員となれば、こういった仕事に携わることができます。経理であれば、自分が帳簿や試算表を作成する立場ですが、こういった税理士事務所等の職員であれば、企業の経理担当が作成した帳簿等に間違いが無いかチェックをする立場となります。ですので、より高いスキルが求められるとともに、こういった仕事に転職をするのであれば、企業での経理経験があった方がより良いです。なぜなら、クライアントの気持ちがわかって仕事ができるので、企業の経理からこういった職種へ転職するというキャリアプランはありですし、その後税理士資格を取得し、開業するなどのキャリアプランも見込めます。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング