IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「アレ」を使った自己紹介プレゼンの仕方|自己紹介の内容は?

就活ノウハウ

皆さんは「自己紹介プレゼン」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、新しい出会いが増えるこの時期に自己紹介で悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「自己紹介プレゼン」に焦点を当てて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「自己紹介プレゼン」について

皆さんは、「自己紹介プレゼン」と聞いてどんなものをイメージしますか?おそらく、今まで学校や会社などでこの「自己紹介プレゼン」を経験したことがあるという方も多いのではないでしょうか。また、学校では新学期、会社では新入社員として働き始めるという方が多くなる4月。人との出会いが増えるこの季節に「自己紹介」は欠かせませんよね。 今回は、そんな「自己紹介プレゼン」に焦点を当てて、様々な観点から見ていきたいと思います。

「自己紹介プレゼン」とは資料やパワポなどを使った自己紹介

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」について見ていきたいと思います。まず最初は「自己紹介プレゼン」とはそもそも何なのかについて見ていきたいと思います。

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」とはそもそも何なのかについて見ていきたいと思います。「自己紹介プレゼン」とは、簡単にいうと、「資料やパワーポイントなどを使った自己紹介」のことです。普通の自己紹介は、みんなの前で挨拶して、自分の名前や自分の趣味などちょっとしたことを言葉で紹介しますよね。 しかし、「自己紹介プレゼン」の場合は、相手が目で見てその人の情報が入ってくるように「資料」を配布したり、「パワーポイント」をスクリーンに映し出したりしながら自己紹介をするのです。こうすることにことによって、言葉だけでなく文字でも自分のことについて紹介することができるため、相手に自分のことをより深く知ってもらえるというメリットがあります。また、資料やパワーポイントを使用することで、自分なりの工夫を自己紹介の中に加えることができ、相手は見てても楽しいですし、より個性を出しやすく相手に自分の印象を付けやすいというのも「自己紹介プレゼン」の魅力の一つでしょう。

「自己紹介プレゼン」の仕方

ここまでで、「自己紹介プレゼン」についてなんとなくわかってきたところで、今度は実際に「自己紹介プレゼン」をするときどのように行えばよいのか、「自己紹介プレゼン」の仕方について見ていきたいと思います。

「自己紹介プレゼン」の基本

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」の仕方について見ていきたいと思います。まず最初は、「自己紹介プレゼン」の基本について見ていきたいと思います。以下に、「自己紹介プレゼン」を行う際にポイントとなる基本についていくつかまとめてみました。 ・両足でしっかりと立つ ・全体を見渡し全員としっかりアイコンタクトを取るよう心掛ける ・第一声はさわやかに大きな声ではきはきとする ・一つ一つのコンテンツで2~3秒の間をあける まずはこのようなことを心がけて「自己紹介プレゼン」に臨むことが重要になってきます。第一印象がこういったことで決まると言っても過言ではありません。

長くても3分程度に自己紹介を納めるようにする

資料やパワーポイントを使った「自己紹介プレゼント」と言っても、長くて3分程度に自己紹介を納めるように心がけましょう。自己紹介で大切なのは、その人について軽く知ることができる程度にするということです。あってすぐにその人に関して深く知ってしまうと、後々一緒に話す話題が無くなってしまいます。 また、あまりにも長すぎると、聞いている相手も自己紹介に飽きてしまいます。そのため、自己紹介の時間は長すぎず短すぎない3分程度にまとめるのが良いでしょう。 自己紹介を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

パワポの作り方

ここまで、「自己紹介プレゼン」の仕方について見てきましたが、今度は「自己紹介プレゼン」のパワーポイントの作り方について見ていきたいと思います。

話す内容のキーワードを簡潔に載せる

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントの作り方について見ていきたいと思います。まず、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントを作る場合は、「話す内容のキーワードとなるものだけを簡潔に載せる」ということに気を付けるのが重要です。「自己紹介プレゼン」の際に使用するパワーポイントはあくまで話の内容を確認する程度のもので、話す内容をまるまる載せるためのものではありません。 話す内容のキーワードだけに簡潔にまとめなければ、相手としては見にくいパワーポイントになってしまいますし、スクリーンに集中しすぎてしまって実際に自己紹介をしている本人に目がいきません。そうなると、せっかくの自己紹介なのにも関わらず、相手に印象が残りづらくなってしまいます。そのため、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントを作る場合は、話のキーワードとなる言葉を簡潔にまとめることにきを配るようにしましょう。

文字サイズは30pt以上

続いて、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントを作る際に気をつけるべきことの二つ目はというと、「文字のサイズを30pt以上に統一する」ということです。パワーポイントを作る際は文字のサイズを30pt以上にするのがプレゼンのマナーでもあります。プレゼンをするのにも関わらず、相手にとって見づらい文字のサイズで発表するというのは失礼に値します。そのため、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントを作る際は文字のサイズの注意を払うように心がけましょう。

資料は「文字は見やすく、枚数は一枚、色は一色に統一」

ここまで、「自己紹介プレゼン」のパワーポイントの作り方について見てきましたが、今度は「自己紹介プレゼン」の資料の作り方について見ていきたいと思います。

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」の資料の作り方について見ていきたいと思います。「自己紹介プレゼン」の資料を作る際に気をつけるべき点としては、「文字は見やすいサイズに統一」、「枚数は一枚におさえる」、「使う色は一色に統一する」ということが挙げられます。まず、最も重要なのは先ほども言ったように文字のサイズです。相手が見やすいサイズに統一のがプレゼンする側としての礼儀です。また、自己紹介をする際は自分だけではない場合が多く、他にも自己紹介をする人というのはいることが多いですよね。 そんな時に、「自己紹介プレゼン」のための資料が何枚も何枚もみんなに配られると、荷物も多くなりますし、後々整理するのが面倒です。そのため、資料の枚数はできるだけ一枚までにしましょう。そして、資料の色合いは一色で統一するのが一般的です。カラフルだと見る方も大変ですし、初めて会ったのにもかかわらずあまりにも派手な資料で自己紹介するのはナンセンスです。

他の人が共通点を見つけやすいことを中心に話す

ここまで、「自己紹介プレゼン」の資料の作り方について見てきましたが、最後に「自己紹介プレゼン」の話す内容の決め方について見ていきたいと思います。

では早速ですが、「自己紹介プレゼン」で話す内容の決め方について見ていきたいと思います。 「自己紹介プレゼン」で話す内容を決める際に意識すべき点としては、「聞いている周りの人たちが共通点を見つけやすい内容を中心にまとめる」ということが挙げられます。以下に、聞いている周りの人たちが共通点を見つけやすい内容についていくつかまとめてみました。 ・出身地 ・趣味 ・最寄り駅 ・過去の部活 このようなことを「自己紹介プレゼン」の内容に盛り込むことで、相手が自分と同じようなことがあればそれを通して中を深めるきっかけにもなりますし、仕事での自己紹介の場合、仕事に関わることではなく、プライベートなことに関する内容を紹介することで親近感が湧きやすくなるなどの様々なメリットがあります。

自己紹介プレゼンを成功させて良いスタートを切りましょう

いかがでしたでしょうか?今回は「自己紹介プレゼン」について様々観点からご紹介してきました。一番最初というのは物事において最も重要です。それは人と人との関係においても同じです。そのため様々な工夫を凝らし、「自己紹介プレゼン」を成功させて、新学期や新年度において良いスタートを切れるように心がけましょう。 自分のことをしっかりと相手に伝えられる文章作りに関して、プロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

関連タグ

アクセスランキング