IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

絵を描く仕事の種類と収入・副業に絵を描く仕事

更新日:2022年09月14日

職種研究

絵を描く仕事にあこがれる人は多くいると思います。今回ここでは絵を描く仕事の種類、収入、副業に絵を描く仕事、絵を描く仕事がしたい人がすべきこと、未経験で出来る絵を描く仕事などについてお話しをさせていただきたいと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

絵を描く仕事の種類

絵を描く仕事の種類

絵を描く仕事と言っても様々な種類やジャンルがあります。アートから商業イラスト、手描きからデジタル絵やリアル系からデフォルメ系など本当にいろいろな絵を描く仕事の種類があります。

絵を描く仕事:芸術系

伝統的技法や先鋭的な表現追求など、様々な手法で芸術性・文化度の高い物を描く絵を描く仕事です。芸術性が高く、高度なスキルが要求される絵を描く仕事になります。

○日本画家 ○西洋画家 ○アーティスト ○美術・絵画修復家 ○版画家 ○書道家

絵を描く仕事:ゲーム・アニメ関係

ゲームやアニメという日本独特のカルチャーの中で育まれた絵を描く仕事で、世界中にファンがいる日本のゲームやアニメ業界はハイレベルです。こちらの絵を描く仕事をしているのは美大・芸大の他に、その分野の専門学校卒の人も多いようです。

○キャラクターデザイナー ○コンセプトアーティスト ○CGクリエイター ○カードゲーム絵師 ○背景画化 ○原画師 ○アニメーター

絵を描く仕事:先生関係

絵を描くスキル・知識を教える絵を描く仕事です。国家資格が必要なものから、スキルがあれば自由に始められる絵を描く仕事まであります。「教えるスキル」が重視されます。

○小・中・高の美術教師 ○美大・専門学校の講師 ○絵画教室の先生

絵を描く仕事:出版関係

本や雑誌など紙面を飾る絵に携わる絵を描く仕事です。文字組など絵だけではなく、紙面全体の見栄えを作る絵を描く仕事です。

○マンガ家 ○装丁画家(ブックデザイナー) ○挿絵家 ○絵本作家 ○エディトリアルデザイナー ○DTPオペレーター

次のページ:絵を描く仕事収入
初回公開日:2017年04月05日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング