IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新卒の人が買うのに車とその予算|ローンは組める?

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

新卒で社会人デビューと同時に通勤などの理由で車の購入を考えている方はどれぐらいいるのでしょうか?また、中古車と新車とどっちを買うのが正解なのか‥そんな初めての車で悩む新卒者必見の記事です!是非読んで参考にしてくださいね。

自動車保険は絶対に入らなければいけない保険ではありませんが、絶対に入っていた方がいい保険です。新卒、つまり20代であると自動車保険料が高めに設定してあると言う現実はありますが、もし何かあった時に自動車保険に入っていた方が断然いいです。保険会社によって保険料に差はありますが、安さだけで選ぶのも考えものです。知名度もしっかりあって評判のいい保険会社を選ぶ事が大事です。また、事故にあった時に全国どこででも対応してくれるロードサービスや事故対応してくれる保険会社も選択肢の一つですね。自動車保険料は保険会社や車の等級、加入する人の年齢などによって金額はバラバラです。 自分の状況に応じて数件の保険会社に見積もりを出してもらうなどして自分の安心できる保険会社や金額も納得できる保険会社を選ぶ事が大切です。最近では、インターネットで加入するタイプの自動車保険が安くてのようです。また、自動車保険料は高いので、中古車を買った新卒の方などは、わざと車両保険をつけずに保険料を節約する人もいるようです。中古車だし、もし何かあった時は車を修理に出すのではなく、廃車にしてしまう。と言う考えのようです。

車税

自動車税は1年に一回、払う税金です。自動車の種類、用途、排気量などによって金額が決まっています。ヴィッツやフィットなどのコンパクトカーで総排気量1リットル超1.5リットル以下の自動車だと34,500円ほどの自動車保険がかかります。年に一度は必ず請求がくるので毎月少しずつ貯金しておくなどして慌てずに納税できるよう対応したいですね。

ガソリン代

石油の値段が上がれば当然、ガソリンの値段も上がります。ガソリンの値段は一定ではないので、経済状況によって前後します。しかし、毎日通勤で車を使う人は1ヶ月に数回はガソリンを補給する必要があるので、おおよその出費は計算しやすくなるのではないでしょうか?毎月かかる細かいお金ではありますが、1年単位で考えればゾッとする程の金額がかかっているはずなので、時にはガソリンを節約する事も必要かもしれません。車は確かに便利ですが、すぐの距離であれば徒歩で行くなどして車に頼りすぎない生活も必要です。

メンテナンス料

メンテナンス料とは、例えばオイル交換やタイヤ代など消耗品費といった所です。毎月必ずかかってくる費用ではありませんが、せっかく購入した車を長く、大切に乗っていくためには必要な費用です。オイル交換だと、大体15,000㎞もしくは1年に一回は交換した方がいいと言われていますし、2〜5年くらいでバッテリーも寿命を迎えてしまうと言われているようなので、定期的にメンテナンスをして車に負担がかかる前に対応した方が良さそうです。

車検

車検とは2年に1度の大切な車の健康診断のようなものです。車の隅々をチェックしてもらい、規定の範囲にあるかを判断してもらいます。もし規定外のものが見つかった場合は修理・交換をしなければ公道を走ることはできなくなってしまう場合もありますので車検の費用はバラバラです。車検の費用の中には一律でかかってくるものもあります。例えば、重量税や自賠責保険、印紙代などはおおよそ決まっています。車検をお願いする前に見積もりを出してくれるところが多いので、事前に相談に行ってみるのもです。

新卒者の車購入について

いかがでしたか?今回は新卒者が車を購入することをテーマに掘り下げてみました。新社会人、一人暮らし、マイカーと、この時期何かとお金がかかってくる新卒者。の割に収入はあまり多くは見込めない新卒者のみなさんにとっては参考になる内容が沢山あったのではないでしょうか?車の購入に関しても保険などに関しても一度で全部決めてしまうのではなく、周りの人に相談したり、じっくり考える時間を設けるといいと思います。車は乗りたいものに乗った方が気分が違いますから、新卒の方でも自分の思い描く車と多く出会えることを祈っています。

初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング