IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新卒の人が買うのに車とその予算|ローンは組める?

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

新卒で社会人デビューと同時に通勤などの理由で車の購入を考えている方はどれぐらいいるのでしょうか?また、中古車と新車とどっちを買うのが正解なのか‥そんな初めての車で悩む新卒者必見の記事です!是非読んで参考にしてくださいね。

車を購入する時に、悩むポイントでもあります。新車にするか中古車にするか。人によって意見は様々でまさに賛否両論といったところでしょう。こればっかりは個人で決めることになってきますので両パターンの具体的なメリット・デメリットをご紹介します。

新車のメリット・デメリット

●メリット  理想の車に乗ることができる。新車なので当然のように安心して長く乗ることができる。性能が優れている。購入時にパーツや内装など自分好みにカスタムできる。 ●デメリット 価格が高い。自動車保険料が高い。車を手放す時に価格の下落が大きい。納車までに時間がかかる場合がある。

新車は、やはり自分が一番最初のドライバーになるわけですから、新卒者に限らず気分がまず違うでしょう。誰も乗ったことがない車の最初のドライバーになれるわけですから車そのものに対する愛着も湧きます。新車なのですぐに修理が必要になることもなく安心して長い間乗り続けれるでしょう。最近は自動でブレーキがかかる車も珍しくはない時代になっています。新車で購入するからこそ、最先端の性能を手にすることができるのです。しかし、新車は価格が高く簡単に手にできるものではありません。ましてや新卒者での新車で自動車保険に加入する場合の相場は驚くほど高いものです。さらに、高いお金を出して購入したものの、売却することになった場合は受け入れ難いほどの価格の下落があるようです。

中古車のメリット・デメリット

新卒者が車の購入の際に選ぶことが多いのは実は中古車のようです。では、中古車の具体的なメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

●メリット 購入価格が安い。納車が早い。自動車保険料を抑えることができる。古いデザインの車が見つかる。 ●デメリット 当たり外れがある。修理代がかかる。希望のものを見つけるのは意外と難しい。手間がかかる。

中古車は以前誰かが乗っていた車で、不要になったり様々な理由で売却した車です。人によっては中古車を購入することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、社会人デビュー仕立てのビジネスマンや、少ししか車に乗ることがない人、理想の車を買うまでの繋ぎ。などの理由で中古車を選ぶ方も多いのが現実です。手に入れやすいという点ではやはり中古車は揺るがない選択肢の一つとなっているのです。特に新卒者は不慣れな運転だからこそ中古車で車自体に慣れると言う理由で選ばれる方も少なくありません。

新卒者でもローンは組めるの??

新卒で車を購入したいと考えた時に真っ先に不安になるのがローンが組めるか?という点かもしれません。答えから言うと実は条件によっては可能。といったところです。曖昧に感じるかもしれませんが、やはり社会経験の少ない新卒者がローンを組むのは一筋縄ではいかないことが現実のようです。また、金融会社によってその判断には幅があるので一概にローンが組める・組めないと言い切れないのです。では、ローンを組む際の条件とはどのような意味でしょうか。さらに詳しく解説していきたいと思います。

知っておいて欲しい!ローンが組めないパターン!

どのような場合がローンを組むことができないのか、事前に知識を持っておきましょう。 ●事故記録がある。事故記録とは、自動車事故などの事故ではありません。過去に、別のローンでの返済遅延が2ヶ月以上あったり、債務整理の履歴がある、携帯料金や様々な支払いを滞納し、強制解約された記録のことを事故記録と言います。信用情報は5〜10年ほど保管されているようなので審査が厳しいようです。 ●勤続年数が短いほど難しいのが基本。ローンを組むと言うことは、金融会社がその人を信用してお金を貸してくれるわけですから、きちんと返済できる・返済できる能力があるかどうかを見極めなければいけません。仕事を転々としていて収入が安定しない人を信用してお金を貸してくれる人はどこにもいませんよね。勤続年数は3年以上が安心とされる目安です。 他にも、ローン会社によっては年齢を基準に判断する所や、勤務先が大手であるか中小企業であるかで対応が違うなどの情報もありますが、基本的には支払いの遅延が過去にないことや、勤続年数が長いこと、事故記録がないことが共通の条件と言えるのではないでしょうか?上記項目のローンが組めないと思われるパターンはいずれも新卒だからと限定したパターンではなく、ベテラン社会人にでも当てはまることです。

意外!?カードローンはハードルが低い!?

新卒で、社会経験が浅くてもローンが割と組みやすい、ローンを組む可能性が高いのがクレジットカードによるカードローンのようです。実際、今現在クレジットカードを持っている人もそうですが、これからクレジットカードを作成する方もローンを申し込むことができるようです。すでにクレジットカードを持っている方はカード会社に自動車ローンがあるか、それを申し込むことができるのかを問い合わせてみるのも手ですね。

ローンを組む場合は保証人の有無や、頭金の金額によって大きく左右されます。新卒者でも、購入したいと思っている車の半分ほどの頭金が払えるのであればローンを組む実質の金額が少ないわけですから、ローンを組める可能性も高くなります。また、勤続年数も勤務する地域によっては車がなければ出勤に困るなどの事情も多かれ少なかれあるはずです。新卒で職に就いたばかりで当然勤続年数も理想通りにいかない場合でも研修期間中でなく正社員であれば、極端にローンが組めない。と言う風にはならないようなので問題なさそうです。

車の維持費とは

新卒で車を持ったことがない方でしたら、車の維持費と聞いても具体的にピンとこなくても不思議はありません。これを機に車の維持費にいくら必要なのか、その項目とおおよその金額を知っておきましょう。

自動車保険料

次のページ:新卒者の車購入について
初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング