IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新卒の人が買うのに車とその予算|ローンは組める?

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

新卒で社会人デビューと同時に通勤などの理由で車の購入を考えている方はどれぐらいいるのでしょうか?また、中古車と新車とどっちを買うのが正解なのか‥そんな初めての車で悩む新卒者必見の記事です!是非読んで参考にしてくださいね。

新卒で買うならこの車!

社会人になり、通勤に車が必要になる方も多いかと思います。また、慣れない仕事の中での休日は自分の車でドライブに行って気分転換!なんて考えただけでワクワクしますね。車がある生活は行動範囲が広くなり、生活に充実感が感じられるようになるのでです。ただし、車は決して安くはありませんよね。購入価格ですら高いのに、メンテナンスや保険などでかかる維持費も相当なものです。では新卒の方でも買える車をご紹介したいと思います。

目を引くカラーリングが魅力!スズキ ハスラー

国内軽自動車の代名詞!?ダイハツ ミラ

国内での認知度は皆さんもご存知の通りです。ミラといえば、おばあちゃんの車というイメージがあるかもしれませんが、新型のミラはスタイリッシュな雰囲気のデザインになっています。ミラは運転の苦手な女性でも安全に運転できるように広い視界と車両感覚を掴みやすいボディ形状に配慮されている上に安全性にもこだわって作られているようです。ミラのはそれだけでなく、圧倒的な低価格と低燃費であることも魅力の一つです。ミラのグレードにもよりますが、33.4km/Lの燃費の車種もあります。 これは軽自動車レベルの燃費と言っても決して過言ではありません。また、軽自動車はどうも狭そう。という印象もお持ちの方が多いかもしれませんが、タイヤを四隅に配置したロングホイールスペースになっており、室内長や室内幅が実現できている為、大人4人でも圧迫感をさほど感じることなくリラックスして乗車することができます。軽自動車は狭い!という時代はもう終わっているかもしれません。

新卒者が選ぶ普通車の!?マツダ デミオ

コンパクトカーの中でもが高いのがマツダのデミオ。の秘密はたくさんあるようですが、まずはそのデザイン性の高さ。2002年からmazda2としてヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで販売し、商品力を鍛えたことでマツダの車の中でも最もインパクトの強いデザインに仕上がっています。もちろん、デザインだけでなく安全性やその走りもです。モデルによってはリッター30㎞の燃費の走りができお財布にも地球にも優しいので新卒で新米社会人で収入が安定しない新卒の方にもと言えます。コンパクトカーなのにかっこいい。車好きの方も納得できる車です。

エコ+コンパクト絶大な!トヨタ アクア

新卒で車を買うなら予算はどのくらい?

車を買うにあたり、新卒の方に限らずベテラン社会人でも一番最初に考えるであろう予算。せっかく念願のマイカーを手に入れたけど、ローンなどで毎月の生活が困難になってしまっては本末転倒。そこで、新卒は特にしっかり予算組みをし自分の身の丈にあった車を購入することが大切になってきます。では、具体的にどのぐらいの予算で車を購入することが一般的なのでしょうか?

月にかかる費用を考えて予算を組む

車は購入時にかかる費用だけでなく、2年に一度の車検や年に一度の自動車税、車の使用頻度によって変わってきますが、ガソリン代などもかかります。さらにタイヤやオイル交換、駐車場代や自動車保険料なども支払わなければなりません。月に4〜5万円はかかることを覚悟しておきましょう。それを踏まえて予算を組むことが大切です。

新車購入予算は150万〜200万円!中古車だと50万円前後!

先ほどご紹介したように、車には購入資金以外にもお金がかかりますので、新車で購入する場合はだいたい150万から200万円程度の車を想定することが無難なようです。もちろん、頭金として幾らかの貯蓄が出せるのであれば憧れの新車を買うことだって夢ではありません。しかし、頭金として出せる資金もなく、フルローンで車購入を考えている。という人は新車ではなく中古車の方が無難と言えます。 月にかかるお金のことを考えても50万円前後の中古車の方が負担も少なく購入、維持していけるようです。ただし、中古車は安く買える分販売しているディーラーによってはそのメンテナンスや車の程度はまちまちですし、最悪な場合故障続きで修理代がかかる。なんてことも考えられます。理想としては頭金としてある程度の金額を準備した上で新車を購入できるのが一番と言えます。

新卒者が選ぶ!新車VS中古車

初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング