IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

教育業界研究|現状と今後の動向・将来性・課題を学ぶ

業界・企業研究

教育業界に就職しようと考えている方も多いのではないでしょうか?実際に、教育業界は、子供が好きな学生の人気が高い業界でもあります。今回は、教育業界について、現状や動向、将来性などをまとめました。業界研究の一環として、ぜひ目を通してみて下さいね。

更新日時:

教育業界研究:現状

まずは、基本データや業界シェアのランキングを通して、教育業界の現状を見ていきましょう。数字や順位で教育業界を見ることによって、教育業界の「今」を具体的に知ることができますよ。

教育業界の現状:基本情報

最初に見ていくのは、教育業界の基本的なデータです。以下は、平成25年~平成26年までの情報を元にしたデータです。 市場規模:9237憶円 労働者数:8777人 平均年齢:38.2歳 平均勤続年数:8.8年 平均年収:514万円 引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」 上記のデータで注目したいのは、他業界と比較して小さめの市場規模と、短めの平均勤続年数です。現在の日本は、少子化傾向が続いています。そのような背景から、他の業界と比較すると、やや小さな市場規模なのかもしれません。 また、平均年収に関しては、一般的な労働者の平均年収と言われる440万円(※2)を、50万円近く上回っています。水準~やや高めと言える金額ですね。

教育業界の現状:業界シェア

続いて、教育業界の業界シェアをご紹介していきます。以下は、平成25年~平成26年までの、各企業の売上高を元にしたランキングです。 業界シェア1位:ベネッセホールディングス 業界シェア2位:学研ホールディングス 業界シェア3位:ヒューマンホールディングス 引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」 教育業界のシェアランキング1位に輝いたのは、ベネッセホールディングスでした。その売上高は、4663憶円。教育業界の市場を独占していると言っても過言ではない、大変高い業績です。テレビCMなどでも社名を耳にすることが多く、また通信教育のマスコットキャラクターが、子供にも大人気のベネッセホールディングス。やはり、その知名度の高さとブランド力が勝因なのでしょうか。 続いて、2位にランクインしたのは、学研ホールディングスでした。こちらも、ベネッセホールディングスと並んで、テレビCMなどで社名をよく耳にしますね。学研ホールディングスの売上高は、868憶円です。1位のベネッセホールディングスと比較すると、かなりのリードを許しています。しかし、3位以下の業績を考えると、非常に高い業績で、教育業界を牽引していく存在であることは、間違いありません。 ヒューマンホールディングスは、業界シェアランキング3位にランクイン。売上高は、566憶円です。2位の学研ホールディングスとの差は、約300憶円。僅差というわけではありませんが、挽回不可能な程の大差をつけられているというわけでもありません。今後の展開や業績次第では、更なる成長を遂げる可能性があるでしょう。

教育業界研究:動向

次にご紹介するのは、教育業界の動向です。今、教育業界では何が起こり、どのような流れになっているのでしょうか?教育業界が抱えている課題や市場規模の推移、将来性を通して、研究していきましょう。

教育業界の現状:課題

始めにご紹介するのは、教育業界が抱えている課題や問題点。産業として、今後更なる成長を遂げていく為には、業界全体でどのようなことに気を付けていけば良いのでしょうか? 教育業界の課題1:予備校市場の変化 近年、教育業界の市場は変化しつつあります。特に、予備校市場の変化は著しく、縮小傾向にあります。その原因は、少子化。日本の18歳の人口が減少している為、相対的に予備校市場も縮小していくというわけです。また、浪人生の減少も、予備校市場に変化をもたらしている要素の1つです。大学が増えた結果、浪人をする学生が少なくなりました。その流れを受けて、予備校の需要が低くなっていると見られています。(※3) 教育業界の課題2:英会話の導入 教育業界そのものへのニーズにも、変化が出始めています。小学校教育で、英語が必修となりました。そのような流れを受け、教育業界に、英語や英会話に対応した教育を求める消費者が増えたのです。変化しつつある消費者のニーズに応えて、いかに充実した英語・英会話に関するプログラムや授業を取り入れられるかが、教育業界の今後を左右すると言えるでしょう。(※4) 教育業界の課題3:IT技術の導入 教育業界に新たな変化を与えているものは、英会話だけではありません。スマートフォンやタブレットなどによってインターネットが普及し、IT化が進む現代社会。IT化の波は、教育業界にも訪れつつあります。既に、教育業界でも大手企業では、タブレット端末を使ったプログラムや動画による講座などが、人気を呼んでいます。今後は、教育業界が一丸となって、本業だけでなく、IT技術を上手く駆使した新たなビジネスモデルや市場を開拓するべきだという見方もあります。(※4)

教育業界の現状:市場動向

続いて見ていくのは、教育業界の市場動向。業界規模の推移を見て、将来性について考察していきます。 教育業界の市場動向:業界規模の推移 以下は、平成17年~平成25年までの、教育業界の業界規模の変化です。

引用元:「業界動向SEARCH.com(※1)」 既に日本は少子高齢化社会に突入しており、子供の人口が減少し続けていますが、少子化が教育業界の市場に大きな影響を与えているとは、考えづらそうです。平成17年~平成20年にかけて、増加し続けています。 しかし、平成21年に一度、業界規模は大きく減少しています。その後は、やや回復傾向に転じていますが、ほぼ横ばいと言える推移を見せています。 平成24年になって、回復傾向に転じ、平成25年は平成17年以降で最も大きな業界規模を記録しました。少子化傾向は続くものの、中学受験に挑戦する過程も増えており、子供1人あたりにかかる教育費は、年々増加しているのかもしれませんね。

教育業界の現状:将来性

続いて、教育業界の将来性について、考察していきます。 何度か話題にあがっているように、日本は少子化が現在も進行しています。子供の人口が徐々に減っている為、教育業界の市場も長期的には縮小傾向に転じていくと考えられるでしょう。 しかし、子供の人数が減っていくのに反して、子供1人あたりにかける教育費は、増加しているように感じます。学習塾や通信教育、習い事を複数受講している学生は、たくさんいます。そのような背景から、少子化傾向に突入して久しい現代社会でも、教育業界の市場が大幅に落ち込むような事態には陥っていないと言えそうです。 今後は、子供にとってより魅力的だと感じるような、消費者のニーズを反映したサービスやプログラムの提供に成功した企業が、成長していくと考えられます。

教育業界研究:業界研究本

最後に、教育業界を研究していくにあたって、役立つ書籍をご紹介していきます。教育業界について、更に深く知りたいという方は、ぜひ参考にどうぞ。

図解入門業界研究最新教育ビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本

業界研究の定番とも言えるシリーズの、教育業界版です。教育業界の仕組みやシステム、大手企業の動向などを知るkとおができます。

生徒は必ず集められる!教育・スクール業界の集客バイブル

少子化が進む教育業界で、生徒を集めるための集客テクニックが学べる書籍です。業界研究と言うよりは、集客術に近い内容ですが、教育業界の現状や将来性について考えるのに、おすすめですよ。

塾・予備校〈2016年度版〉

教育業界の中でも、特に塾や予備校に焦点を絞って、現状や動向を研究することができます。デジタル化によって教育業界に訪れた変化なども説明されているので、業界の最新の情報や動向を知りたい方にもおすすめです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は、教育業界の現状や動向、将来性についてご紹介しました。 日本の、そして世界の明日を担う存在である子供たち。そんな子供たちに、生きていく為の知識と経験を教える教育業界は、未来志向の産業です。自分達が先人から学び、受け継いできたことを、子供たちに託すことは、社会だけでなく、人類の発展のための貢献とも言えるでしょう。 少子化が続き、ビジネスとしては厳しい状況ではありますが、そんな教育業界に新しい風を呼び込み、未来に繋がる名案を出すのは、教育業界への就職を検討している、あなたかもしれませんよ。 [参考資料・引用元]

※3「代ゼミ(代々木ゼミナール)校舎7割閉鎖に見る教育業界の現状と課題、今後の対応はいかに?」

代ゼミ校舎7割閉鎖に見る 教育業界の現状と課題、今後の対応 | ZUU online

関連タグ

アクセスランキング