IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職が難しい人/しやすい人の違い・転職が難しい年齢

転職事情

転職する時に転職が難しい人と転職しやすい人がいます。転職先の会社が欲しいと思えるような人材ならば、転職するのも簡単ですが、なかなか上手くはいかないのが転職の難しい所です。そこで転職が難しい人と転職しやすい人の違いについて紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職のしやすさは転職回数・年齢・時期・スキル・業種など、さまざまな要因によって変わる
  • 志望業界や職種が決まっているのであれば、関連する資格をとったり経験を活かせるような仕事を今のうちにやっておく
  • タイミングも大事なので、エージェントなどに登録しておき、チャンスをつかめるように備えておく

転職の難易度はさまざまな要素によって変わりますが、基本的に簡単ということはありません。20代はやる気ばかりでもいいですが、30,40代はしっかりとしたスキルと実績が求められてきます。 また、業界全体の景気やなどによっても難易度は大きく変わります。転職エージェントなどを使って情報収集をしつつ、事前に準備を進めておきましょう。 転職エージェントは「マイナビエージェント」のような大手など、複数に登録することをおすすめします。

転職が難しい人と転職しやすい人の違い

転職は人によっては難しいと感じることも多いですが、案外簡単に希望通りの転職ができたという人もいるはずです。 転職は転職先の業界の状況だけでなく、転職する本人の状態によっても転職の難易度が違ってくることが多いです。そのため人によって転職の難易度が違うと感じるのです。 では転職が難しい人と転職しやすい人はどのような違いがあるのでしょうか。

転職回数

転職の難易度は転職回数によっても、相手の印象が大きく変わってきます。アメリカでは転職回数が多くても不利になることはありませんし、逆に多くのスキルや経験がある方が優遇されることが多いです。 いろいろなチャンスにトライすることは、アメリカでは良く受け止められているのです。一方日本では転職回数が多いと悪い印象を与えてしまいます。 理由としてはつらいことがあったらすぐに辞めてしまうと思われるからです。日本では石の上にも三年という精神が根強くあり、どんなにつらくてもまずは三年は我慢しろという精神で働いている人が多いです。確かに三年働けば基礎が身につくので、それ以降に仕事もできるようになっていきます。 転職回数が多いと辛いことがあればすぐに辞めてしまうというイメージがあるので、会社としても育てようとは思えません。自分の会社で育てることで、将来的にも活躍する社員を育成するのが日本の会社のやり方がです。 そのためすぐに辞めてしまうような社員は育てることができないので、多くの会社は敬遠してしまうでしょう。高い壁を乗り越えるからこそスキルアップをすることができるので、転職回数が多いほどマイナス評価となって転職が難しくなっていきます。 例外としては明らかにスキルアップしていることが分かる転職ならば、転職しやすくなります。スキルアップの例としては他会社への転職で役職への昇進、中小企業から大企業への転職などがその例です。 役職は分かりやすいので、スキルや実力がある人ほど自分のキャリアに自信を持っていることが多いです。そのため見るからに自信を持っているので、転職回数が多くても転職しやすくなります。

年齢

転職をする時には、その時の年齢によっても転職しやすいかどうかが決まります。ただし年齢が若ければ必ずしも転職しやすいという訳ではありません。 転職するのは自分が入社したい会社へ面接に行きますが、相手の会社がどのような人材が欲しいかによっても採用の難易度が変わっていきます。 できるだけ長く働ける社員を欲しいと思えば、若くて自社で鍛えられる若い世代の人の方が採用されやすいでしょう。また即戦力を求めていたり、ある程度チームをまとめられるような人材が欲しい時には、年齢が高い人や経験が豊富な人材を採用することになります。 年齢によってもある程度採用されやすい人が決まってきますが、あくまでも相手の会社の状況によっても違います。初めから諦めたり余裕だと思って転職しようとすると、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

スキルと実績

転職が難しい人の特徴としてはスキルや実績がない人です。いわゆる未経験と言われる人は転職が難しく、特に年齢が上がるほど難しくなっていきます。 できるだけ自分の会社で育てたいという思いもありますし、他の会社のクセややり方をされると、仕事がやりにくくなることもあります。 また中途採用でいくら仕事ができても、なかなか出世できないのが日本の会社の特徴でもあります。そのためある程度スキルや実績があるからといって採用しても、能力に見合った役職へのステップアップが難しいこともあるので注意しましょう。 年功序列はなくなりつつありますが、まだまだ長く働いた人の方が有利な状況は変わりありません。スキルや実績があるほど転職する時には有利なので、スキルを磨いておいて損をするとこはありません。 ただし年齢が若いほどスキルや実績が無いのは当然なので、採用する側も考慮してくれることが多いので安心しましょう。

転職時期とタイミング

転職する時の時期やタイミングは、転職先の会社によっても違います。ちょうど人材が欲しい時ならば転職しやすいですが、人材が欲しいと思わない時ならばどんなに優秀な人でも転職は難しいでしょう。 転職は時には運も必要となるので、難しいと感じることが多いのです。 タイミングについては普段から転職市場を見ていなければわからない部分も多いので、転職エージェントなどから聞くと良いでしょう。マイナビエージェント」などに登録して、チャンスを見逃さないようにしておきましょう。

転職が難しい年齢

転職をする時にある程度の年齢になると急に転職が難しくなることもあります。例えば28歳限界説や30歳、40歳とそれぞれの年齢になると転職が難しい年齢となっていきます。 年齢によって転職が難しい要因のひとつに、体力の衰えがあります。若い時はガムシャラに働いていた人も、40歳になったら昔のようにガムシャラに働くのは難しいでしょう。そのため一般的には20代の終わりになる28歳になると、だんだんと転職が難しくなっていきます。 もちろん30代はまだまだ若くて頑張れる年齢ですが、20代の仕事とは違って責任がある仕事をすることが多いです。またチームをまとめるポストに就くことも多いので、30代で転職しても会社が思っているような仕事ができないことが多いです。 30代で若手社員と同じような仕事をしても、会社としてはそれ以上のことを望んでいるので、わざわざ採用したいとは思わないのです。30代ならばスキルや実績があって、即戦力として仕事ができる人材ならば転職することも可能でしょう。 40代になると会社の経営にも関わるような重要なことを決める立場になることも多いので、40代では経営にも明るい即戦力が求められることが多いです。そのため40代で一般の社員の仕事をしようと思っても、なかなか転職することは難しいでしょう。 転職が難しい年齢は28歳以降になるとまず転職が難しくなります。その後は30代後半から40歳にかけては、かなり転職が難しくなります。40歳以降の年代は転職するなら相当なスキルが必要となるでしょう。 転職が難しい年齢を迎える前に、しっかりと仕事について考えておくことが大切です。

転職が難しい理由

世の中には数多くの仕事があるのに、なぜ転職することが難しいのでしょうか、人手が足りない会社や業界も多いのに、転職がなかなかできない業界もあります。 本人が転職したいという意思が強くても、なかなか希望通りの会社に転職できないと辛いですよね。転職が難しい理由について紹介します。

転職先の業界によって

転職が難しい理由としては本人のスキルや能力以外にも、転職先の業界によって転職が難しいこともあります。業界によってはスキルを必要としない業界もあれば、相当なスキルや資格がなければ仕事をするのが難しい業界まで様々です。 誰もが未経験から働くことになりますが、スキルを身につけたり資格を取得するのには時間が掛かります。身につけるまでほとんど仕事にならなければ、当然就職することも難しいですし、資格があっても能力が低ければ転職は難しいでしょう。 サービス業界は未経験の人でも転職しやすい業界と言われていますが、あくまでもサービスをする現場の人たちが人手不足なのです。 正社員など企画や運営をする人材は人手不足ではありませんし、マーケティングなどの調査をしたり企画を立ち上げるなら、未経験の人ではスキル不足でしょう。 転職が難しい理由としては、業界の状況によって転職のしやすさがまったく違うことにあります。 もしも転職するなら業界を一括りにまとめるのではなく、細かく分けてピンポイントで狙って行けば転職もしやすくなるかもしれません。

転職先の業界の状況

業界によっていい時期と悪い時期がありますよね。ブームに乗って良い時期もあれば、長らく低迷する時期もあるのは仕方のないことです。 自分がやりたいと思える仕事が低迷している業界ならば、転職するのも難しくなるので覚悟しておきましょう。

自分に価値があるか

転職する時には全員が中途採用となるので、他のライバルとの競争になります。転職が難しいとはいえ、企業は優秀な人材はいくらでも欲しいと思っています。 しかし企業が欲しいと思えるような人材でなければ、なかなか雇うこともないでしょう。転職が難しい要因のひとつに、自分にはどこまで価値があるのか見極めていないことが多いようです。 企業側が欲しいと思っているスキルを持っていれば、転職が難しいとは思わないはずです。ただ企業側は高いスキルや能力を欲しいと思いつつも、ある程度の状況で妥協して人材を確保しています。 自分にどれだけ価値があるのか、また自分の価値をどれだけ相手に伝えられるかがポイントです。しっかりと自分の価値を伝えられないと転職が難しいと感じるようになるので注意しましょう。

年齢によって求められるものが違う

転職が難しい要因のひとつに、年齢があることは多くの人が承知をしているはずです。しかし年齢が高いと転職が難しくなるというのは、少しニュアンスが違います。 20代の人にスキルや実績を求めるのではなく、やる気や将来性を求めて採用することが多いですよね。30代ならば20代の経験を活かして、若さとスキルを使って確実に仕事ができるスキルを求めています。40代になればリーダーとしてまとめる役割であったり、後ろから若手を支えてくれる人材を求めています。 年齢によって会社が求めているスキルや役割が違うことが、転職のしやすさにも大きく影響してきます。 40代の人にやる気や将来性を求めることはないでしょう。今までのスキルや実績を考慮して、会社にどうやって貢献できるかを見られます。ただし会社にも40代の人がいれば、わざわざ採用することなく、長年働いていた40代の社員を使った方がいいですよね。 40代の仕事を担う人材が会社にいなければ、40代の人を積極的に採用することもあります。転職が難しい理由は年齢によって求められるものが違うので、期待に応えられるスキルがあるかどうかが問題なのです。

管理職経験者

管理職を経験した人が転職をして、イチから仕事を頑張るのは難しいかもしれません。会社としても管理職を経験した人には、知識や経験が欲しいとは思います。 しかし他の社員と同じような仕事ができるかどうかは不安視するしかありません。一度管理職まで昇給した人が転職する時には、2つの見方があります。 相当な実力があるから出世できたと思われるのと、管理職としての能力不足なので転職することになったと思われることです。 実際に本人のスキルや実力が髙かったとしても、管理職を経験した人はなかなか転職することは難しいでしょう。だからこそ管理職の経験を活かした仕事先に転職することが望ましいです。 こういった募集の多くは非公開求人になっています。転職エージェントに登録しておきましょう。

転職が難しい職種

転職することはどの業界でも難しいことですが、特に転職が難しい職種もあります。もちろん初めから学校に通わなければいけない医師などの仕事もありますし、資格がなければできない仕事も多々あります。 それ以外にも社会人になってから転職したいと思っても、なかなか転職するのが難しい職種もあります。もしも転職したいと思うなら、資格の勉強をしてから転職を希望するなど、準備をしっかりとしてから転職することをおすすめします。

IT・エンジニア職

転職が難しい職種としてはIT関連の仕事やエンジニア職は転職が難しいです。理由としては2つあります。 1つ目は専門的なスキルや知識が必要とされるからです。IT関連の資格を取得したからといって、すべての仕事がスムーズにできるとは限りません。 エンジニア職の仕事も同じですが、資格を取っただけではスタートラインに立っただけなので、そこから覚えることがたくさんあります。だからこそ本気で好きな人でないと続かない仕事なので、もしも転職できたとしても長く続けられるかは別な話なようです。 2つ目は年齢の問題です。IT関連の仕事は比較的若いエンジニアなどが多く、年齢を重ねると管理職になるなど現場から一線を退くケースが多いです。理由は体力的に厳しかったり、激務に耐えられないといういう問題があります。 時期によっては残業続きが当たり前になることも多いので、厳しい労働環境は若くて体力がなければ難しです。30代で転職しようとしても、年齢によって転職が厳しいと判断されることが多いようです。

事務職

女性に人気の事務職ですが、転職しようと思ってもなかなか転職するのが難しい職種のひとつです。理由としては事務職を希望する人が多いことと、なかなか辞める人が少ないことです。 事務職は定年までそのまま働き続けられる仕事のひとつなので、退職者がいなければ採用することもありません。事務職は毎日必ず仕事はありますが、それほど忙しいという職種でもないので、余剰人員を抱えることもないからです。 事務職では簿記の資格があれば優遇されますが、倍率も高いので簿記の資格があっても転職することは難しいでしょう。 それほど給料が高いという職業ではないのですが、安定した仕事と長年働き続けられるという理由から、転職するのが難しい職種のひとつとなっています。

販売職やサービス業

販売職への転職が難しいというのは驚く人も多いと思いますが、サービス業や販売職の多くは、パートやアルバイトを雇っていることが多いからです。正社員として販売などのサービス業へ就職しようと思っても、正社員よりも現場の人材が欲しいと思っている会社が多いのです。 正社員として販売の仕事をするときに、アルバイトとの明確な違いがなければ、アルバイトを雇った方が安上がりで会社としてもいいですよね。やる気だけがあっても正社員にはなれません。 販売スキル、人材教育、マーケティング、企画運営などのいろいろなことができることが正社員の仕事なので、マルチに対応できる人材出なければ販売やサービス業への転職は難しいと言えるでしょう。

20・30代で転職が難しいケース

年齢が若ければ転職しやすいと思いがちですが、20代や30代でも転職が難しいケースもあります。転職回数が多い、人間関係で辞めた、退職する日にちが浅いなど、もしも採用しても同じことを繰り返しそうな人材に関しては、採用する側も考えてしまいます。 転職回数が多いのをプラスと捉えて、スキルアップのために転職したとつたえることができればいいのですが、単に転職回数が多いと我慢できない人だとマイナス評価となってしまうので注意しましょう。 もしあなたが既に転職経験者であれば、長く働ける会社を見つけることはより重要になります。マッチ度を上げるため、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職が難しい時期

転職したいと思っても、転職自体が難しい時期もあります。企業が一斉に募集をかけている時期ならば転職しやすいですが、募集自体をしていない時期もあるので、転職するなら時期を考えるのも大切なことです。 転職が難しい時期とはいつの時期なのでしょうか。

4月から8月までは転職が難しい

転職が難しい時期は、大体4月から8月頃にかけて転職するのが難しい時期となります。 4月に一斉に入社式を行う会社が多いですが、多くの会社は4月にかけて社員を採用することが多いです。そのため前年に9月以降に社員を募集することも多いので、就活をした経験のある人も夏の時期を過ぎた頃に集中して就活をしたはずです。 また新入社員を採用しても3カ月以内で辞めていくことが多いです。新人教育を兼ねていますが、採用した人が全員残るの難しいでしょう。しかし残っている社員をしっかりと教育しなければいけないので、約半年の期間で新人教育をします。 4月から新人教育を始めて9月頃までやれば、ある程度仕事にも慣れて少しずつ仕事もできるようになっていきます。新人のメドが立てば後は足りない人材を確保するため、中途採用の募集を行います。 そのため転職をするなら9月以降に募集を掛けることが多いので、4月から9月にかけては転職が難しい時期と言えるので注意しましょう。

いつの時代も転職は簡単にはできないもの

転職することは多くの人が経験することですが、いつも転職する時は大変なものです。簡単に転職できることはないですし、自分に合った仕事を見つけるのも大変なことです。 転職すること自体が大変なので、仕事を選ぶときにはじっくりと考えてから転職することをおすすめします。 転職したいと思ったときに希望通りの募集があることはほぼないと思っていいです。だからこそ、転職エージェントに登録するなどして、早めに情報収集をすることが大切です。マイナビエージェント」は面接などのサポートが充実しているのでおすすめです。複数登録する場合は、おすすめエージェントランキングをご覧ください。

関連タグ

アクセスランキング