IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職における学歴】学歴はどこから記載する?|学歴欄の書き方

初回公開日:2017年04月02日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考

転職において学歴はどこまで通用するのか。転職における学歴の記載方法から、学歴の考え方まで詳しく紹介していきます。転職は勇気が要るものです。新たに手に職をつけるのか、はたまた同業者の道へ進むのか、自分のやりたい事、自分の未来を想像して考えてみては如何でしょうか。

転職における学歴とは何を意味するのか

まず初めに、そもそも「学歴」とは何を意味するのかからご紹介したいと思います。「学歴」とは文字通り、“学業上の経歴”を差します。具体的には、『小・中学校』、『高等学校』、『専門学校』、『高等専門学校』、『短期大学』、『大学(学部)』、『大学院』となります。また、それぞれいつ入学し、いつ卒業あるいは退学したのか、それらを総称して学業上の経歴となります。

学歴インフレ化に伴う転職の影響度

転職において学歴はどの程度影響するのかを考えたいと思います。昨今の学歴インフレ化に伴って先進国においての大学進学は当たり前になりつつあるため、高学歴者の数は年々増えています。そのため、高学歴自体の価値は下がり、“高学歴=転職有利”の法則は崩れつつあるのが現状だと考えられます。どういった企業に転職するかにもよりますが、学歴に対しての転職の影響度はそこまで高いとは言えず、やはり職歴に対しての影響度が高いと言えます。

転職において企業が求めるのは“偏差値”ではなく“専門性”

転職において最も優先されるのは、一般的には即戦力が求められる傾向が強いです。そのため企業が求めるのは『専門的な知識』、『社会経験』にあります。新卒時においてはまだまだ学歴による就職格差は存在しますが、転職においてはあまり関係有りません。それは学歴とその企業が求める仕事の能力は必ずしも一致しないからです。 例えるなら、どんなに高学歴でもお寿司は握れませんよね?その道の専門家が別の道に行けば、素人同然として扱われるのは当然の事です。別の道に転職するのは、それだけ勇気が要ることです。逆に学歴は無くとも、専門性に長けていれば同じ道であれば大歓迎となります。   新たに手に職をつけるのか、はたまた同業者の道へ進むのか、自分のやりたい事、自分の未来を想像して考えてみては如何でしょうか。

履歴書において学歴はどこから記載する?

転職おいて学歴はどこから記載したら良いのか迷っているあなた、心配要りません。私も転職を2回ほど経験しているのですが、私自身どこから書いたら良いのか分からずインターネットで情報検索した思い出が有ります。履歴書を書く機会はあまりないと考えられがちですが、新卒時、転職時と人生の節目に必要になり、自らの将来を占う大切な書類です。ぜひ手を抜かずにきっちり書きたいものですね。

学歴記載の基本ルール

履歴書には住所等の基本情報の下に学歴・職歴を記載する欄が存在します。そこには、『年』『月』『学歴・職歴』という順番で行毎に記載してきます。 ・『年』は履歴書全体で元号(平成○年)、あるいは西暦(20○○年)で統一します。 また、“西暦”よりは“元号”で統一する方が一般的のようです。 ・『月』は数字だけを記載します。例えば、3月であれば“3”とだけ記載すれば問題ありません。 ・『学歴』は1行目の学歴欄に『学歴』とだけ記載して、その次の行から、年月日と学歴を記載します。

転職の際の学歴の履歴書への記載方法

履歴書は企業に自分をわかってもらうための判断材料となる資料です。履歴書の中身だけでなく、字のキレイさまで見られると考えてなるべく丁寧に書くことを心掛けましょう。その上で、履歴書への記載方法をご紹介します。 転職の際、学歴は最終学歴の1つ前の学歴から記入します。大学卒業が最終学歴であれば、高等学校卒業から記載します。学校名は略せず正式名称で記入します。高校ではなく、“高等学校”です。間違いの無いよう注意しましょう。また、高等学校“入学”から記載しがちですが、“卒業”からで問題ありません。 転職時の学歴例)  平成15 3 ♯mayonez高等学校      卒業  平成15 4 ♯mayonez大学工学部情報学科 入学  平成19 3 ♯mayonez大学工学部情報学科 卒業 転職の際には、応募職種が明確である場合がほとんどですので、応募職種で活かせる専攻や研究テーマの場合はさらに詳細に記載すると、企業に伝わりやすいです。

新卒時と転職時では学歴の記載方法が異なる

新卒時と転職時では、学歴の記載方法が若干異なるので紹介します。転職時は上記で説明した通りですが、新卒時においては、中学校卒業~高等学校入学の2行が追加されます。また、最終学歴においては、厳密には卒業は先ですので卒業見込みとしておく必要があります。 新卒時の学歴例)  平成12 3 ♯mayonez中学校       卒業  平成12 4 ♯mayonez高等学校      入学  平成15 3 ♯mayonez高等学校      卒業  平成15 4 ♯mayonez大学工学部情報学科 入学  平成19 3 ♯mayonez大学工学部情報学科 卒業見込み

転職の際の学歴不問の意味

学歴不問とは、読んで字の如く「中学卒業だろうが、高校中退だろうが学歴は一切問わずに応募できます」という意味です。そのため、どのような学歴であろうが基本的には応募することは可能です。これは、企業の採用担当の意図から考えると、学歴というフィルターを通さずに募集をかけていることですから、学歴に劣等感をお持ちの方で転職を考えている方は、ぜひ応募してみては如何でしょうか。

転職は学歴よりも職歴を優先する傾向にある

先にも記載しましたが、新卒においての学歴重視をする会社はまだまだ沢山存在することは事実です。というのも新卒時は仕事始めのスタートは皆同じで、比較できるのは学歴しかないからです。学生においての競争は受験勉強であり、その受験勉強で勝ち経験を体験したことがある人間と体験していない人間との違いは、“ヒューマンスキルの差”であると企業は判断します。 転職においてはどうか。新卒とは違い、社会経験を積んだ人間を募集しているわけですから、そもそも学生あがりではないわけです。例えば中卒であったとしても、職歴が企業の求める人材とマッチングさえすれば、採用の可能性は十分有ります。

関連タグ

アクセスランキング