IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事で帰りたい病になってしまったときの対策|帰りたいときの言い訳

初回公開日:2017年04月06日

更新日:2020年02月03日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事

仕事がイヤ! もう帰りたいっ! そう誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。希望に満ち溢れて新生活をスタートしたものの息切れして、これって五月病?今回は仕事での「帰りたい病」とその対策について取り上げていきたいと思います。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

仕事で「帰りたい病」になったら

タイプ別 仕事での「帰りたい病」

仕事をしているといろんなシチュエーションで、「帰りたい!」と思うことはありませんか? なんとなく気が進まない、思うようにはかどらないなど、「帰りたい!」と自覚しなくとも「帰りたい病」になっていることありますよね。 そんな仕事での「帰りたい病」をタイプ別にしてみました。 ・オーバータイム型帰りたい病  定時を過ぎ、周囲の人々が帰宅し始めるけれど自分の周りには今日中に  処理しなければいけない仕事が山積み・・・  そんなときに「帰りたい!」 ・業務型帰りたい病  苦手な経費処理を溜め込んでしまって、でも今月の締め日が明日。  やらないといけないのはわかっているけど気が重いなぁ・・・  そんなときに「帰りたい!」 ・対人型帰りたい病  あっ、また話の長い課長が声かけてきた。今度はなんだろう。  もうこのメール書いたら帰ろうと思っていたのに。捕まりたくないなぁ。  そんなときに「帰りたい!」 ・無気力型帰りたい病  あぁ、自分はどうしてこんなことやっているんだろう。  あぁ、こんなことしてないで家に帰りたいなぁ。   ・雰囲気型帰りたい病  定時になってもみんな全然帰る感じじゃないし、今帰ったら周りの目が気になるし。  そんなときに「帰りたい!」 ・逃げ出し型帰りたい病  確かにこれは私のミスだけど、みんなの前であんな叱られ方するなんて。  もう席に戻りたくない!  そんなときに「帰りたい!」 ざっとですが、タイプ別に「帰りたい!」を例示してみました。 「帰りたい!」と思う要因は人それぞれですが、いずれかのタイプに分類していくことができるのではないでしょうか。

仕事で帰りたい! と思ったときの対策方法

対策 ・・・ ズバリ 「帰っちゃおう!」

「帰りたい!」と思ったら、特効薬は、「帰ってしまう」です。 帰ることができないので「帰りたい!」と思うのであって・・・ という反論もあろうかと思いますが、「帰りたい!」という心の叫びは、「帰る」という行動に移すことで多くの場合ある程度は鎮めることができるのではないでしょうか。ここでのポイントは、"帰りたいと思っているけどそれができないストレス”を「帰る」という行動をとることで発散させている、という点です。

帰ることができないときは?

もちろん、「帰ってしまう」というのが極論過ぎて、現実的ではない、というケースも多々あります。 そんなときは、「今帰ってしまったらどうなるか?」と考えてみましょう。 ・オーバータイム型帰りたい病の例では、  「帰ったら、今晩の仕事が明日に回って、明日はまた帰れなくなるなぁ。」となります。  ここで  1)イヤだけどこの仕事を明日に回すのはもっとイヤなので、今晩中にやっておこう  2)明日が大変になるけど、明日まとめてやることにしよう  という選択肢が出てきます。 ・業務型帰りたい病の例では、  「帰ったら、今月の処理ができず経理の人が困るよなぁ。」と思い至ります。  ここで  1)経理の人に期限を延ばしてもらうよう交渉してみよう  2)経理の人に迷惑をかけるのは申し訳ないので、やってしまおう  という選択肢が出てきます。 ・対人型帰りたい病の例では、  「捕まらないで帰るためにはどうしよう」と次の関門が待ち構えています。  ここで  1)何か逃れるための良い言い訳がないかな  2)ここは自分が捕まることで他の人に害が及ばないことを期待して、今回は我慢するか  といった選択肢が考えられます。 ・無気力型帰りたい病の例では、  「帰って・・・さて何しようか?」と何のために帰るのかがわからなくなるかもしれません。 ・雰囲気型帰りたい病の例では、  「帰ります!」と言った後の周りの人たちの反応が気になるかもしれません。 ・逃げ出し型帰りたい病の例では、  「席に戻らなかったら、みんなどうするだろう? 途中の仕事とかどうなるのかな?」  と疑問がわいてくるかもしれません。 タイプによって「帰ったらどうなるか」についての自問への答えは千差万別でしょう。 しかし、ここで重要なのは、「帰りたい!」と感じたりモヤモヤしていたりする気持ちに対して問いかけてみる、ということです。 この問いかけによって、「帰りたい!」という欲求を持つ自分を客観的に捉え、少し落ち着いて物事を考えられるようになるのではないでしょうか。

それでもやっぱり「帰りたい!」

「帰りたい!」という欲求に対して、落ち着いて考えてみてもやっぱり「帰りたい!」という場合もあると思います。 そんなときは、迷わず帰ってみましょう。先に対策として挙げた"帰りたいと思っているけどそれができないストレス”を「帰る」という行動で発散させる、というもので、どうしても落ち着けられない「帰りたい!」という欲求を満たしましょう。 もちろん、この行動には以下のような副作用もあります。 ・家に帰ってみて、「逆に中途半端にしてきた仕事が気になる」かもしれません ・自分が帰ったことにより、「周囲の人に迷惑をかけた」と思い至るかもしれません ・次回出社するときのことを考えて「明日どんな顔して出社すればよいかな」と悩むかもしれません 帰ることの是非は置いておくとして、帰ってみて気づくこともたくさんあります。これは帰るという"行動"を実践してみなければわからないことです。

帰ってみて、結果オーライ?!

「帰りたい!」が反省や後悔をもたらすばかりでは、もちろんありません。帰ってしまう、という"行動"が、社内だけではなく自分自身に良い結果をもたらすこともあります。 例えば、 ・話の長い課長が自分が煙たがられていると気づき、それ以降の接し方に変化が見られた ・周囲の人々が業務分担を見直し、仕事を手分けして処理する雰囲気ができた ・帰りの電車で普段では見られない夕陽に出会い、こころを落ち着かせることができた といったプラスの効果が期待できるかもしれません。

「帰りたい!」に対処するためには・・・

客観的に「なぜなぜ」を

「帰りたい!」という欲求やモヤモヤした気持ちに対するこれまで見てきた対応策のエッセンスとしては、 ・帰った後のことも含め、落ち着いて考えてみる ・それでも「帰りたい!」が勝るのであれば、「帰る」という行動を実践してみる でした。 この考え、行動するという中でのポイントは、"客観的に"自分の欲求と相対することができるかどうか、です。「帰りたい!」と思ったときに、「なぜ帰りたいのか?」と原因を把握することで、再び「帰りたい!」という気持ちになった時の対応が異なってくると思います。 加えて、二回目に「帰りたい!」となった時には、既に「帰る」という行動を実践していれば、その結果がどうなるかは経験済みのため、「帰る」ことのもたらす結果を勘案の上、「帰りたい!」という欲求に対処できるようになります。この客観的に「なぜなぜ」を自問してみることは、再発防止という意味で大きな役割を果たすことになります。

「帰りたい!」ってどう言えばいいの?

スマートな「帰りたい!」って?

実際に「帰りたい!」と言って帰ることを実践するうえで、人に「帰ります」と切り出すのは難しいと思います。しかし、切り出さないと帰れない・・・ そんなジレンマを感じることも多いと思います。「帰りたい!」という時は、できるだけスムーズにかつスマートに帰りたいものです。

使える言い訳

「帰りたい!」という時でも、ウソはNGです。 仕事は決して一人では完結できるものではありません。 周囲に同僚や上司部下、顧客やサプライヤーなどあなたを取り巻く関係者が複雑に絡み合った環境で仕事をしています。 そしてその仕事はお互いの信頼があって成り立っています。 なので、ウソはNGです。 しかし、「帰りたい!」というときは、できるだけスマートに帰りたいので、 ・私用があって帰ります これが無理のない使えるフレーズだと考えます。 なぁんだ、と思われるかもしれませんが、「"私用"です」には、「別に細かな内容を報告する必要はないですよね、私用なんですから」というニュアンスもなんとなく含ませることができ、かつウソにはならないという点で使えるフレーズと思います。 ・頭痛や腹痛など体調の不良 ・医療機関(歯科医院)への通院 ・親戚などの冠婚葬祭 これらを使うのはよくある手ですが、その事実が無ければウソになってしまい、実際に通院の必要が生じた際に「またか」となってしまう恐れもあり、お勧めしません。

注意すべきポイント

「帰りたい!」と思って実践したとしても、仕事は周囲の人々と行っていくものです。実は隣の席の人も仕事を切り上げて「帰りたい!」と思っているかもしれません。あなたが「帰りたい!」と思うのも仕事があってこそ、です。「帰りたい!」や帰ってしまうことを実践するうえでは、周囲の人々への配慮が欠かせません。

いかがでしょうか。 「帰りたい!」と思ったら、「なぜなぜ」で考え、周囲への配慮を持って行動してみましょう。 ポジティブな「帰りたい!」をお勧めします。

関連タグ

アクセスランキング