IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職が辛い理由・辛い時期はいつ?転職直後に辛いときの対処法

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

転職とは?転職って辛いの?どう対処したらいいの?転職は皆さんが必ず体験する、といったものではないので、いざ自分が転職しよう!と思ったときに役立つ内容をまとめました。転職は辛いものではないという日が来る事を願うばかりです。

転職を辛いと感じてしまいがち

転職活動ってなかなか思い通りに進まないし、自分で決めた道なのにどの道が正しいのか全然分からなくなってきた。こんな想いを抱えつつ、それでも前に進もうと頑張ると、どうしても転職活動が辛く感じてしまいます。なぜ転職活動が辛いと感じてしまうのでしょうか? この記事では、転職活動が辛いと感じてしまう理由と具体的な対処法を、お伝えしていきます。

転職する理由

ではなぜ、転職が辛いと感じるのでしょうか?と聞きたいところですが、その前になぜ転職しようと思ったのか振り返ってみてください。一般的に転職しようと考えるのには三つの理由が考えられます。

次のステージへ進むため

今の仕事で得た経験を活かした別の仕事をする、業界内での職種移動です。ゆくゆくはレベルアップしてこの仕事に戻ってきたい…と考え別業界に転職するということも少なくありません。 また夢を追いかける場合もあります。起業などがあてはまります。 これらに共通するのは「挑戦」です。キャリアアップを目指しての転職といえそうです。

やりがいを見つけられない

今の仕事に不満はないけれど、やりがいを見つけられずイマイチ…と感じて転職を決意。新卒でこの職種に就いてはみたけど何か自分が思っていたものとは違うというのも、ここに当てはまります。 これらに共通するのは「好奇心」です。今の仕事からかけ離れている仕事を選ぶ人ほど、好奇心旺盛な性格です。

やむを得ない理由

あまり考えたくありませんが、生き物には病気や怪我がつきものです。軽い症状で収まる場合は良いのですが仕事をやめなくては治療に専念できない場合もあります。肉体的にも精神的にも、仕事よりまずは健康第一です。 これらに共通するのは「諦め」です。

転職が辛い理由

それではなぜ転職がつらいのか、です。先程どうして転職するのか、という三つの理由を挙げさせてもらいました。 「挑戦」「好奇心」「諦め」の三つです。

まず「挑戦」ですが、これは転職する理由として一番将来が見えています。この先自分がどうしたいのか、どうなっていたいのかを具体的に想像できている状態です。この状態で転職が辛く感じているなら、解決策は「一度止まって冷静になる」「自分を信じる」です。 何歳までにこうなりたい!と細かくビジョンを描いてしまうので焦りが見えてきます。いつも精一杯の状態では少しのミスも大きく受け止めてしまいがちです。そのまま、転職は間違いだったのか?自分には早すぎた、もしくは遅すぎたのではないか?と負の連鎖を起こしてしまうので、辛いと感じたら早めに対策をとりましょう。

次に「好奇心」です。正直これが一番厄介です。なんとなく今に違和感がある、環境にも恵まれているがなんとなくパッとしない…などの理由で転職活動を始めてしまうと必ず壁にぶつかります。その時に辛く感じてしまいます。この状態で転職が辛く感じているなら、解決策は「がむしゃらに走る」「自己分析」です。 問題は今の仕事を手放したとき、転職活動を始めたときの心理です。なんとなく、では転職は失敗します。きちんと自己分析をして計画をたててがむしゃらに信じた道に進んでいきましょう。

次に「諦め」です。やむを得ない理由により転職を余儀なくされてしまう。これは辛く感じない人はいないでしょう。その仕事が大好きな方は特に転職なんて…と辛いと思います。 この場合、「下を見ない」「趣味にする」です。 突然のことで心が追いついていない状態だと思います。その辛い状態で「前を向け」とはいいません。ですがせめて下を見ないようにする努力は必要です。物事は起きた後が一番負に陥りやすいので、その時にどれだけ下を向かなかったかで、後々笑い話にできるかどうかが決まってきます。 また仕事の内容によって変わってきますが、できるなら趣味として楽しみましょう。仕事でない分プレッシャーから解放されてとても楽しめます。力仕事のような、趣味にできない仕事の場合は教える立場などにまわって、できるだけ関わっていくと良いと思います。

転職が辛い時期と転職後の辛さ

転職が辛い時期

次のページ:【転職直後】辛くてやめたいときの対処法
初回公開日:2017年04月02日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング