IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

事務職の種類とその違い|仕事内容・給料・必要な資格など

初回公開日:2017年04月05日

更新日:2020年02月04日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

いつの時代も人気で安定している事務。女性のイメージが強いですが、近年は男性の人気も増えつつあります。また、一口に事務といっても実は種類が豊富なことはご存知でしょうか。これからの就職や転職活動に向けて、事務の種類や役割についてみていきましょう。

未経験歓迎!これから事務をはじめたい人におすすめの事務の種類

未経験歓迎!これから事務をはじめたい人におすすめの事務の種類
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

一般事務

事務の中でメジャーで人気のある種類です。 事務のイメージで一番強いのがこの一般事務ではないでしょうか。 主な仕事内容は、来客・電話応対、資料作成、ファイリング、郵便物管理、データ入力や管理です。コピーをとったりお茶を出したり周りの社員をサポートする役目です。専門的な知識より、コミュニケーション能力や周りを素早く感知して行動に移せるような気配りが大切です。社内のいろいろな人から仕事を依頼されるので、細かく幅広く対応できるようなスケジュール管理能力も求められます。親しみやすい人柄と明るく笑顔でハキハキと社内を活気づけてくれる太陽のような人が適しています。 給料は、年収300万円前後、時給1,000円程度が一般的です。事務の種類の中では割とハードルが低く、未経験可の求人も多くあります。昇給ベースは緩やかな分、残業も少ないところが魅力です。

営業事務

営業事務は事務の種類の中でも人気が高く求人数も多くあります。 一見「営業」とつくと外で仕事をとってこなくてはいけないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、営業事務の仕事は「営業担当者のサポート」をすることです。 主な仕事内容は、取引先との電話応対や見積書や請求書といった資料作成等、アシスタント業務です。時には取引先へ提出するプレゼン資料の作成をすることもあります。プレゼン資料はPowerPointを使用して作成することが多いため、ExcelやWordの基本的なパソコンスキルに加えPowerPointの知識も身につけておきましょう。一人でコツコツと仕事をこなすというよりかは、チームとなって仕事をすることが多いため、コミュニケーション能力や柔軟な対応力が必要です。 給料は年収300万円~350万円、時給1,000円~1,200円が一般的です。一般事務と同じく未経験可の求人も多くあります。営業事務は目立つ仕事ではないものの、社内や社外のたくさんの人から感謝されるお仕事です。人のお世話が得意な人、事務でもアクティヴに活躍していきたい人は適しています。

数字は得意!コツコツした作業が得意な人へおすすめな事務の種類

数字は得意!コツコツした作業が得意な人へおすすめな事務の種類
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

経理・財務・会計事務

一般事務に次いで人気のある種類が、経理・財務・会計です。求人数も比較的多く、女性だけではなく男性にも人気です。 主な仕事内容は、経費の支払いや入金管理、「貸借対照表」や「損益計算書」から会社の数字を管理することです。決算期は1年の内でも繁忙期となります。基本的には会社の数字や現金を取り扱うことです。会社の心臓部分を支えていくため、数字に対する意識と強い責任感が必要です。また、簿記の知識は必須です。まだ資格をお持ちではない人は、通信教育でも取得可能です。独学でも3~6ヶ月と短期間で取得できます。 給料は年収300万円~450万円、時給1,000円~1,400円が一般的です。 事務の種類の中でも高めの給料です。どの業界でも必要不可欠なポジションであるため、経験のある方は積極的にアピールしていきましょう。本人の意欲と実績次第では経営企画へのキャリアチェンジも可能です。

まさに縁の下の力持ち!コミュニケーション能力を活かした事務の種類

まさに縁の下の力持ち!コミュニケーション能力を活かした事務の種類
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

総務事務

社内のスペシャリストといえば総務事務です。人気の種類で求人数も多くあります。 総務事務のお仕事は大まかに一般事務と同じです。社員が円滑に業務に取り組めるよう過ごしやすい環境を整えることです。忘年会や新年会、社員旅行の取り決め等社内行事の計画と実行。上場企業の場合は、株主総会の準備や対応も総務事務のお仕事です。社外や社内文書を作成することが多いため、ExcelやWordの基本知識は身につけておきましょう。その他社内の美化保全や備品管理等、社内の細かなことは総務が管理します。たくさんの人から頼りにされることで社内の「良き母親」といえるでしょう。高いコミュニケーション能力に加え、細かな気配りと柔軟な対応力が求められます。 給料は年収300万円~400万円、時給1,000円~1,400円が一般的です。未経験でも比較的ハードルは低く求人も多くあります。

人事労務事務

社内の「人」にかかわる全てのことを担うのが人事労務事務です。求人数もコンスタントにある種類です。 人事労務の主なお仕事は、新卒・中途採用業務、給料計算、社員の入退社手続き等社員を管理することです。採用業務では、応募者とのスケジュール調整や面接を行います。会社にとって本当に必要な人材かどうかを、応募書類や短い面接時間の中で見極めなければなりません。社員の給料査定やメンタルケアも人事のお仕事です。社員のやる気を高めて業績アップに繋げていきましょう。 年収300万円~400万円、時給1,000円~1,400円が一般的です。 資格はなくても問題ありませんが、社会保険労務士の資格があれば即戦力として活躍できます。

秘書

一口に秘書といっても、企業の上層部をにつく企業秘書、医療関係者につく医療秘書、弁護士等の士業につく士業秘書、その他政治秘書や学校秘書等多様にあります。求人もコンスタントにある種類であり、男性の方も多くみられます。 主な仕事内容は、上司の業務を補佐することです。スケジュール管理、全ての電話やメールの一時受付、来客応対、資料の作成や管理、身の回りの整理整頓も秘書のお仕事です。上司と周りをつなぐ重要な中継役と言えるでしょう。先を読んで資料の管理の仕方を工夫するといった細かな気配りが必要です。 給料は年収300万円~400万円、時給1,000円~1,500円が一般的です。 経験にもよりますが、社長秘書や役員秘書などでは年収500万円以上、外資系企業ではさらに高水準であることも多いです。上司の代役として正しい言葉使いや立ち振る舞いを身につけることは必須です。

言語力を活かした事務の種類

関連タグ

アクセスランキング