IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での受け答えの仕方とコツ|受け答えできない人の対処法

就活の面接

皆さんは、「面接」と聞いてどんな受け答えの仕方を思い浮かべますか?おそらく、ある程度の年齢であれば経験したことがあるであろう「面接」ですが、受け答えの仕方に悩んだことはありませんか。今回は、そんな「面接」の受け答えの仕方やコツについてご紹介したいと思います。

更新日時:

「面接」での受け答えについて

皆さんは、「面接」と聞いてどんな受け答えの仕方を思い浮かべますか?おそらく、学生や社会人であればこれまで何かしらの面接を経験してきたのではないでしょうか。また、これから就活が控えていて、多くの就職面接を受けるという方も多いのではないでしょうか。このように、「面接」というのは生活していく中で様々な場面で誰もが受けるであろうものですが、どのように受け答えをしていいかわからないという人が多いと思います。今回は、そんな「面接」における受け答えについて見ていきたいと思います。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

「面接」での受け答えの仕方やコツ

では早速ですが、「面接」の受け答えについて見ていきたいと思います。まずは、「面接」におけるコツや仕方について見ていきたいと思います。

第一印象を改善する

では早速ですが、「面接」におけるコツや仕方について見ていきたいと思います。まず最初に、「面接」におけるコツや仕方の一つ目はどんなものかというと、「第一印象を改善する」という方法です。 出会った瞬間に、「この人になら仕事を任せてもいいかな」、「この人は仕事ができそうだな」と面接官に思わせるには、やはり第一印象が最も重要です。第一印象とは、身だしなみや立ち振る舞いで決まるものなので、まずは「服装」や「姿勢」、「表情」などに意識を集中させることが大切になってきます。 具体的な例を挙げるとしたら、「自分に合った服装」や「その場に適した身だしなみ」、「ビジネスメイク」や「テキパキに行動する」、そして「気持ちの良い挨拶」などの基本を心がけましょう。また、これは「面接」における基本中の基本なので、逆にこれができていないと「面接」において大きな成功を収めることは難しくなってしまいます。

女性の場合は話す順番が逆になりがち

続いて、「面接」におけるコツや仕方の二つ目はどんなものかというと、「女性の場合は話す順番が逆にならないようにする」という方法です。「面接」というものは、ほとんどの方が基本緊張している状態で受けることが多いですよね。しかし、人は緊張していると聞かれた質問に対しての受け答えで、話が長引いてしまいがちになります。これは心理的な問題で、重大な場面や緊張している状況に置かれると、人はなるべくこと細かく相手に伝えたい、自分が話していることをなるべく理解してほしいと考えてしまい、話の「結論」よりも「補足」の部分が多くなってしまいがちになるのです。 しかしそうなると、話が脱線したりして、結局のところ質問の内容を見失ってしまったり、それによってパニックに陥ったりしてしまうのです。このように、「話が脱線したり」、「質問への的確な答えができない」というのはビジネス業界においては嫌がれる点です。また、緊張から話が長くなり、結局質問への答えができないというケースになりがちなのが、特に女性なんです。そのため、特に女性の場合は「面接」において常に質問に対する「結論」から話すようにすることを心がけましょう。

あらかじめ話す内容を見直しておく

続いて、「面接」におけるコツや仕方の三つ目はどんなものかというと、「面接臨む前にあらかじめ話す内容を見直しておく」という方法です。「面接」においては、もちろん質問されたことに対して、どれだけ素早くなおかつ的を射た答えをできるかが重要になります。しかし、ある程度面接官からどのような質問をされるのかを予測しておいて、自分なりの答えを用意しておくことも非常に大切です。 そうすることによって、自分の意見や考えをきれいに整理しておくことができ、とっさの質問にもある程度対応できるようにもなりまし、また先ほど言ったような「話の脱線」や「質問内容を忘れる」といったこと未然に防げる可能性が高まります。あらかじめ万全な準備をしておくということは、こういった問題の原因となる緊張を和らげることにもつながります。 そして、最も「事前の会話内容の確認」が大切なのは「自己PR」の際に話す内容です。「自己PR」はあらかじめ何度も何度も確認しておかなければ、スムーズな受け答えが難しいです。また、「自己PR」の内容は「面接」において非常に重要な評価対象になります。「自己PR」はどれだけ自分のことを性格に確認しているか、そしてどれだけ自分のことを魅力的にアピールできるのかが問われます。そういった力はビジネス業界においてとても重要な能力です。そのため、「自己PR」で話す内容はあらかじめ何度も見直しておくことが「面接」における受け答えの重要なコツの一つになります。

面接官とのコミュニケーションだということを意識して受け答えする

続いて、「面接」におけるコツや仕方の四つ目はどんなものかというと、「面接官とのコミュニケーションだということを意識してしっかりと受け答えする」という方法です。 そもそも、「面接」とは面接官側と応募者側とが双方でコミュニケーションを取ることで、お互いを確認する場なのです。つまり、面接官側が一方的に質問する場ではありませんし、応募者側が一方的に話す場でもないということです。 「面接」とは、まず専門的な知識や技術などといった実力の確認の前に、これから一緒に仕事をしていく仲間として、しっかりとコミュニケーションが成立するかを確認する場としての役目の方が大きいです。 そのため、「面接」において「しっかりと相手の目を見たり」、「話すとき体の方向をしっかりと相手に向ける」、「相手が聞き取りやすい声の質やトーン、大きさで話す」といったことは非常に重要な評価対象です。このような細かな部分までしっかりとこなすためには、やはり「面接が相手とのコミュニケーションの場である」ということを常に意識することが重要になってきます。

質問に対して2~3秒の間をあけてから受け答え

続いて、「面接」におけるコツや仕方の五つ目はどんなものかというと、「質問に対して2~3秒の間をあけてから受け答えする」という方法です。「面接」で面接官から質問された時に、なかなか答えられず時間がかかってしまうと、「この人はあまり面接への対策をしてこなかったんだ」と判断されてしまいますし、それが原因で意欲がないと思われしまいます。 しかし、逆に応答が早すぎても、あらかじめ考えてきたことを何も考えずに答えていると思われ、「この人はあらかじめ準備がないと何もできない応用力のない人だ」と判断されてしまう可能性があります。そのため、受け答えには早すぎもせず、遅すぎもしない「2~3秒程度」の間をあけるのがベストです。

「面接」での受け答えの例

ここまで、「面接」の仕方やコツについていくつかご紹介してきましたが、今度は実際に「面接」でどんな受け答えをすれば良いのか、「面接」における受け答えの例についていくつか見ていきたいと思います。

「自己紹介をお願いします」

では早速ですが、「面接」における受け答えの例についていくつか見ていきましょう。まずは、「面接」の一番最初に聞かれる「自己紹介」の際の受け答えの例から見ていきましょう。以下に、「自己紹介」の際の受け答えの例を挙げておきました。 〇〇 〇〇と申します。前職では、飲料メーカーのマーケティング職としてキャンペーンの企画やランディングページのディレクションに携わってまいりました。「◯◯キャンペーン」では前年比120%の応募数を獲得し、社内表彰を受賞しました。 今後は、自社のマーケティングだけでなく、幅広い業種のマーケティングに挑戦していきたいと思い、キャンペーン企画を強みに多様な企業をクライアントとして持つ御社に応募させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。 最初の自己紹介の際は、自分の名前と職歴を短くまとめ、長くても1分程度には必ず納めるように心がけましょう。

ご自身の強みと弱みを教えてください

続いて、最も自己分析が必要とされ、就活生などが一番苦しむ質問である「ご自身の強みと弱みを教えてください」という質問に対する受け答えの例を見ていきましょう。以下に、「ご自身の強みと弱みを教えてください」という質問に対する受け答えの例を挙げておきました。 私の長所は粘り強く最後まであきらめないことです。前職では、営業としてなかなか受注できない案件がありましたが、30回程お客さまを訪問し、最終的に大口の契約を取ることができました。短所は、仕事を背負いすぎてしまう部分があることです。つい自分でやろうとしてしまうのですが、今後は仲間と協力しながら、より速く正確に仕事を行っていきたいと思っております。「長所」に関しては具体的なエピソードを添えながら、また「短所」に関してはその改善方法を添えながら話すのがポイントになります。

受け答えが上手くできない人がすべき対処法

ここまで、「面接」における受け答えの例についていくつか見てきましたが、最後に「面接」における受け答えが上手くいかない人がすべき対処法について見ていきたいと思います。

気楽に「面接」を楽しむという心持ちで臨む

では早速ですが、「面接」における受け答えが上手くいかない人がすべき対処法について見ていきたいと思います。「面接」における受け答えがなかなか上手く行かないという人は、とにかく「面接」を楽しむという意識を持つようにしましょう。日頃から「面接セミナー」などを受けて、「面接」の主な形式について学ぶのではなく、日頃からのそういった反復練習を通して、「面接」自体を楽しむという意識を持てるようにすることが重要になってきます。 意識を変えなければ、どんなに「面接」におけるスキルをアップさせたとしても、緊張でそれらが発揮できなかったら意味がありません。そういった失敗を防ぐためにも、目を向けるところを変えて、精神面から準備をしていくことが重要になります。

「面接」は意識の改革が重要

いかがでしょうか? 今回は、「面接」における受け答えについて様々観点からご紹介してきました。結論、「面接」において最も重要なのは「意識」です。もちろん、日々の面接練習やそれを通して身につける知識やスキルも大切です。しかし、それらを本番で十分に発揮するためには、意識の改革を行うことが最も重要であり、真っ先に行わなければならないことなのです。今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング