IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

教養を身に付ける方法と意義・教養が身につく書籍

初回公開日:2017年04月05日

更新日:2020年11月13日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

この記事では、教養を身につける方法をテーマにいくつかのことを紹介していきます。教養を身につけるにはどのようなことをすればよいのでしょうか。また、教養を身につけることができる本や、教養を身につける意義についても取り上げていきます。

教養とは

教養とは
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

この記事では、「教養」をテーマにいくつかのことについて取り上げていきます。教養を身につけるにはどのようなことをすればよいのでしょうか。教養は何に役に立つのでしょうか。そして、教養を身につけることに役に立つ本や、教養を身につける意義についても、紹介していきます。

この記事のテーマである「教養」ですが、そもそも教養とは一体なんのことなのでしょうか。どのようなことが教養といえるのでしょうか

教養とは学問や知識をしっかり身につけることによって養われる心の豊かさのことで、独立した人間が持っているべきと考えられている、ある程度の幅広い、様々な分野にいきわたる知識や常識のことも表しています。また、古典文学や芸術など質の高い文化に対する幅広い知識が、品位や人格および、物事に対する理解力や創造力に結びついている状態も差していると言われています。教養という言葉の意味は多岐にわたっているので、一概にこれという表現はできません。教養は、独立している人間が、持っているべきとされる、幅広い範囲に渡る知識や常識のこと。と捉えておけば問題ないでしょう。

教養を身につける方法

教養を身につける方法
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

教養とは一体何なのかについては紹介しました。では、独立している人間として身につけることが必須な教養は、どのようにな方法で身につけることができるのでしょうか。教養を身につける方法について紹介していきます。

本を読む

教養を身につける上で、本を読むということはかなりできる方法の一つであるといえます。あとの方で「教養を身につけることができる本」のおいて、教養を身につけることに役立つ本をいくつか紹介しますが、それ以外にもできる本はいくつかあります。まず、教養を身につけるために読む本としてできるのは、いわゆる古典と言われる本です。古典からは、多くのことを学ぶことが出来ます。例えば、「市民政府二論」や「社会契約論」といった民主主義のはじまりに関する本を読むことで、現代のニュースを見るときや、新聞を読むときの助けになるでしょう。また、当時の時代背景についても知ることができ、古典を読むことは、教養を身につける上で、かなりできます。また、ニュースの解説本などを読んでみるのも、教養を身につける上で役に立つでしょう。例えば、わかりやすい解説で知られている池上彰氏は多くのニュースに関する本を著されています。普段のニュースについてわからないことがあっても、本を読めば理解につながるでしょう。

映画を見る

映画を見るというのも、教養を身につける上でかなり役に立つでしょう。映画には、生きていく上でも多くのヒントが隠れているとともに、人生を豊かにしてくれる秘密も多く隠されています。教養を身につけることは、人生を豊かにすることにつながります。例えば、戦争映画を何作か見てみることで、その時代の背景や空気感を感じることができます。多くの戦争映画は事実を元に作られており、本や資料を読むより、映画を見ることで視覚的に学ぶことができるでしょう。また、名作と呼ばれている作品を見ることは、独立している人間として必須のことでしょう。映画が名作と呼ばれるには、それなりの理由があります。それらを見ることで、多くの人生に役に立つヒントを手に入れることも、教養を身につけると同時にできるでしょう。

新聞を読む

新聞を読むことも、教養を身につけるためには必須になってくるでしょう。日々社会で起きている事実を、伝えてくれるのが新聞です。新聞を読むことで、今日本では、世界では何が起きているのかについて知ることができます。政治、経済、国際、文化まで、多くの範囲にわたる知識をカバーできるのも、新聞の強みです。ネットニュースでも代用できそうですが、ネットニュースでは、自分の興味のある分野しか見ない場合が多いので、幅広い知識、教養を身につけるという点では、新聞をします。新聞を読む上で注意が必要な点もいくつかあります。新聞各社によって主張が違うことがほとんどだからです。特に社説や、投書欄には、その新聞社の主張にあっているものが採用される場合がほとんどで、偏っている場合があります。フェイクニュースが話題になっている近年ですが、新聞は100%正しい情報を流していると考えるのは避けましょう。あくまで、教養を身につけるために新聞を読むという姿勢が大切です。

雑誌を読む

雑誌を読むというのも、教養を身につけるという点で、有効な手段と言えるでしょう。雑誌からは、本やニュース同様得られる知識や教養が多くあります。ニュース専門誌を読むことで、普段の新聞やニュースで学んだことの詳しい解説を読むことが出来ます。普段テレビやラジオで聞くようなニュースからは、事実を断片的に得ることしか出来ず、自分の教養にするのは、やや難しいかもしれません。そのため、ニュース専門誌を読むことでひとつひとつのニュースに関する詳しい内容を知り、教養を身につけることができるでしょう。ニュース専門誌だけでなく、ファッション誌が役に立つ場合もあります。ファッション誌には、今社会で話題になっている言葉や現象を解説している場合があります。教養を身につけるための雑誌の使い方としては、ITに関することがわからなければ、コンピューターやITに関する専門誌を、経済に関することがわからなければ経済の専門誌を、といったように、目的に合わせて雑誌を選んでみるということもします。

ニュースを見る

ニュースを見ることは、教養を身につける上で新聞を読むことと同様に必須のことであるといえるでしょう。テレビでニュースを見たり、ラジオでニュースを聞いたりすることで日々社会ではどのようなことが起きているのかについて知ることが出来ます。政治や経済に関することから、芸能人のスキャンダルに関するエンタメニュースまで、幅広い分野をカバーしているのもニュースの強みでしょう。テレビやラジオのニュースの弱点として、自分が見たいニュースまで、自分があまり必要としていない内容や、すでに知っている事に関するニュースも聞いて待たなければならないということです。しかし、何か他のことをしながら見たり聞いたりすることもできるため、忙しい人にはぴったりかもしれません。教養を身につけるためにニュースを見ましょう。

SNSを活用する

関連タグ

アクセスランキング