IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SPIで使える4つのコツ|お勧めの勉強法も合わせて紹介

初回公開日:2017年04月05日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

SPIのコツとは何でしょうか。自分なりにSPIのコツをつかんでいる人でそうでない人とでは相当なひらきがあります。ただ練習すれば良いだけでないSPIの受け方を実例とともに紹介します。また、SPIの裏技ともいえる内容も一緒に記載しました。

SPIとは

SPIとは、企業が採用する際に行う適性検査の1つです。そもそも「適性検査」とは、その職業にどのくらい適した素質があるか、またその人はどういった考え方かなどを診断する検査のことです。適性検査にはいくつか種類がありますが、その中でもSPIは多くの企業で採用されている適性検査です。

受験形式

SPIは大きく分けて2種類のテスト形式があります。1つはWEBテスト、もう一つはペーパーテストです。WEBテストはさらに3種類に分けられ、テストセンターでの試験と志望企業での試験、自宅での試験があります。テストセンターとはリクルートが運営するSPI受験の専用会場です。ペーパーテストはマークシート方式です。

SPIは何のためにやるか

SPIの試験の目的は、あなたの性格と能力を見ることにあります。SPIでみるあなたの性格とは、実際にあなたを採用して仕事をしてもらった時にどのような仕事をするかを、性格の面から知ろうとします。能力に関しては、一つ一つの仕事を仕上げるのに、限られた時間でどの程度問題処理ができるかみてきます。

試験時間

SPIはWEBで受験する場合とペーパーテストで試験時間が異なります。また「能力検査」と「性格検査」の2つがあり、それぞれに制限時間があります。テストセンターで受検した場合、能力検査が35分、性格検査30分で全体的には65分程度を目安とするといいでしょう。ペーパーテストの制限時間は、能力検査が70分、性格検査40分で全体的には110分程度です。

言語試験

能力検査では、「言語試験」と「非言語試験」があります。また、WEB形式で受験するかペーパーテストで受験するかによっても時間が異なります。言語試験の制限時間はペーパーテストで30分(40問)、テストセンター・WEBテストでは言語分野、非言語分野あわせて約35分です。

非言語試験

「非言語試験」も、WEB形式で受験するかペーパーテストで受験するかによっても時間が異なります。非言語試験の制限時間はペーパーテストで40分(30問)、テストセンター・WEBテストでは言語分野、非言語分野あわせて約35分です。

SPIのコツ

解く時にコツはいくつかあるので、SPIの対策本で事前にコツをつかんでおくと良いです。転職などでSPIを受ける時も、新卒の時から時間が経過しているので目を通しておくとかなり違います。SPIのコツは、SPIが開始されたら問題の全体を見ることです。そうすることで問題を解くための時間配分が決定します。少し考えて分からないことは、後回しにするのが良いです。

言語

関連タグ

アクセスランキング