IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で泣く人の理由・面接で泣いてしまいそうになる人の対処法

更新日:2022年08月31日

面接

就活や転職活動における面接で、泣く人の特徴や心理、原因について考察しています。また、面接中に泣きそうになったり泣いてしまったりした際の対処法についてもご紹介しています。面接で泣く可能性がある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

思わず涙が…!?面接で泣く人の理由と対処法

就職や転職をする際、1度は受けなければならない面接。面接官にさまざまなことを質問される面接は、最も基本的な選考である一方で、苦手な方も多い選考方法の1つでもありますね。 中には、緊張感やプレッシャーから、面接中に泣く人もいるのだとか。社会人ともなると、公の場で泣く機会はあまりないことなので、面接中に泣いてしまう自分を恥じたり情けなく感じたりしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。 今回は、そんな「面接中に泣く人」をテーマにして、面接で泣いてしまう人の心理・原因や対処法などをご紹介していきます。面接が苦手な方は、ぜひお役立て下さい。

面接で泣く理由・心理

それでは早速、面接で泣く人の理由や原因、心理について考えていきたいと思います。 つい涙を流してしまう理由や原因について考えることで、自分なりの対処法や解決方法が見つかるかもしれません。

面接で泣く理由【1】:緊張

面接で泣く理由や原因の中でも、特に多い理由が、緊張や不安だと思います。 面接には、さまざまな形式がありますが、どのような形式であれ、面接を受けること自体に緊張する方は多いと考えられます。 ただでさえ、緊張している状態で、予想外の事態が起こったり、面接官と話したりしているうちに、緊張感が更に増して、ついつい涙目になったり泣いたりしてしまうというわけです。 自分自身でも、泣こうと思っているわけではないのに緊張や不安から涙が流れてしまい、更にパニックになってしまって本格的に泣いてしまうというケースも、時にはあるようです。 その為、緊張しやすい人やネガティブな思考に陥りやすい人は、面接中に泣いてしまう可能性は高いのかもしれません。

面接で泣く理由【2】:面接官の厳しい発言

極度の上がり症や緊張しやすい方でなくても、面接中に泣くことはあります。 その理由として多いのが、面接官や担当者の厳しい発言によるものです。 自分の欠点を鋭く指摘するような発言や、自分の甘さを警告するような言葉が図星だった時、思わず泣いてしまうという方も少なくないのだとか。 欠点などを指摘してくれる存在は、大人になると大変貴重なものです。 泣いてしまう程の的確な指摘をしてくれる面接官であれば、信頼できる人である可能性は高いかもしれませんね。 しかし、暴言や人間性を否定する発言をされた場合は、何かしらのハラスメントである可能性もあります。 面接官や担当者から、酷い暴言や差別的な発言をされて泣いてしまった場合は、その企業の方針や在り方に対して、疑問を持った方が良いでしょう。

面接で泣く理由【3】:思ったように答えられない

真面目な人や努力家の人も、面接で泣く可能性があります。 真面目な性格の持ち主や、努力家の方は、面接の練習や回答を事前に考えているケースも少なくないでしょう。 前日などに、志望動機や想定される質問に対する回答をしっかり考え、練習している方もいらっしゃると思います。 そのような方ほど、いざ本番となった時に、練習した成果が発揮できないとパニックになったり、ショックを受けたりして泣いてしまうことがあるそうです。 また、練習したことが上手くできない自分を情けなく感じたり、悔しくなったりして、つい涙を流してしまうというケースもあるようです。 事前に面接の対策や準備をしておくことは大切ですが、思うように答えられなかった時に泣くことがないよう、失敗する可能性もある程度は頭に入れておくことが大切です。

面接で泣く理由【4】:他人と比べてしまう

面接には、さまざまな形式があります。 面接官と1対1で面接をする場合もあれば、複数の面接官に対して複数の志望者で面接を行う、集団面接やグループ面接となる場合もあります。 自分以外の志望者と一緒に面接に臨む集団面接やグループ面接の場合、他の志望者の回答と自分の回答を比較して、ついつい泣いたり涙ぐんだりしてしまうこともあるようです。 他の志望者の回答があまりにも素晴らしかったり、他人と比較して自分があまりにも上手く回答できていないと感じたりした際に、プレッシャーや敗北感などを感じて泣くというわけです。 他人と自分は異なる存在なので、集団面接やグループ面接であっても、あまり他人を意識し過ぎたり、競争意識を持ち過ぎたりしないようにすることが大切です。

面接で泣く人の対処法

大切な面接中についつい涙が出てしまうと、頭が真っ白になったり、「もうダメだ…」と諦めてしまったりする方も多いと思います。 面接中に泣くことが、評価や合否にどのような影響を与えるか分からない以上、できることなら、泣くことなく面接を乗り切りたいものですよね。 そこで、面接で泣く人向けに対処法や改善方法をご紹介していきたいと思います。

次のページ:面接中に泣く人は、意外と多い
初回公開日:2017年04月02日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング