IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活あるあるネタ・内定する人/しない人の定番就活あるある

就活ノウハウ

ネットやSNSにある「就活あるある」を単なる笑いのネタとして見てはもったいない!それは先人たちの成功例、失敗例なのです。そんな就活あるあるを上手く自分に取り入れたら内定獲得の道が開けるはずです。就活あるあるは他人の失敗を自分の成功に変える大きなチャンスです!

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

人の振り見て我が振り直せ!就活あるあるから学ぶ事

2017年卒の就職活動(以降、就活)は「売り手市場」と謳われ、就活しやすいとされました。しかし本当にそうなのでしょうか?実態は内定が取れた人、取れない人の二極化が広がったにすぎません。かつてのバブル期のように引く手あまた、何もしなくてもいくつもの内定が取れるという時代ではありません。多くの就活遭難者の「就活あるある」がSNSなどに投稿されています。 誰もが志望する企業に入社できるよう、学生たちは最大限の努力をします。残念ながら、その努力は必ずしも酬われるわけではありません。先輩や友人たちから見聞きする「就活あるある」を参考に、同じ轍を踏まないよう自分の就活に役立てましょう。 なかなか内定がもらえずに苦しい思いをするかもしれません。でもそれは必ず、あなたの人生の糧になるはずです。若い時にしか経験できない貴重な体験なのです。失敗しない、悔いを残さない就活のコツをお伝えします。

「就活あるある」から見えてくる自分の姿

誰もが少しでも効率よく、少しでも有利な就活をしたいと思っているはず…でもそれを100%完璧にこなせる人などいないのです。「就活あるある」の記事を読んで「オレも」「私も」と一緒になって笑っている場合ではありません。大抵の「就活あるある」ネタは失敗談です。自分も同じ過ちを犯すかも…そう思って「あるある」ネタを見ると、就活でどう振る舞えばいいのか見えてくるはずです。

思わずやっちゃった「就活あるある」

意外と多いチャック全開

男女問わず緊張しているとトイレが近くなります。女性場合スカートなのであまり心配はありませんが、男性陣はご注意を!ズボンのチャック全開で面接官に「開いてますよ」なんて指摘されたなんて話も「就活あるある」でちらほら見ます。笑って済む場合もありますが万が一にも「あれで人事に印象残したかも」なんて思わないでください。 「就活あるある」でに身だしなみの失敗談をよく見掛けます。身だしなみは社会人としても最低限のマナーです。身なり1つで相手の印象が大きく変わります。

「何か質問ありますか?」と問われて…

「就活あるある」成功例でよく見聞きするのが、説明会の最後に「何か質問ありますか?」と問われて、相手の印象に残るような、上手に自己アピールできる質問(発言)が内定獲得のきっかけになった、という「就活あるある」は少なくありません。 質問は?と言われても「何もありません」と答えると積極性がないと思われてしまうかも。面接官に好印象を与えられるような、かつ自己アピールできるようなそんな質問項目を2つ、3つ用意しておくことをおすすめします。

かっこよくカタカナ言葉を使ってみたが…

「就活あるある」によく出てくるやたらカタカナ言葉を使う人、意外と評判良くないのをご存じですか。「就活あるある」では意識高い系と揶揄される存在です。 かつてはギョーカイ人っぽいと思われていましたが、学生の分際で必要以上にカタカナ言葉を使うと意識高い系と見られかえってウザったがられてしまいます。カタカナ言葉を使うより、まずは正しい美しい日本語を話すよう心がけましょう。

内定する人、しない人の「就活あるある」

激しい就活という激戦を乗り越え、内定が取れた人と取れない人の違いは何なのでしょう。これこそ、誰もが一番知りたいことだと思います。内定が取れた人の「就活あるある(共通点)」、取れない人の「就活あるある(共通点)」から見えてくるものが就活勝ち組になるコツと言えるでしょう。

内定取れるのは粘り強い人

内定獲得者の「就活あるある」のなかで、一番大切なのが自分がどんな職種(方向性)に進みたいか明確なビジョンを持つことです。ビジョンを持った人は迷いがないのです。大手企業はもちろんのこと、同業他社(中小企業)までくまなく事前リサーチに余念がありません。1つのことを根気よく続け、将来のキャリアビジョンをしっかり持った人ほど、内定が取りやすい傾向にあります。 成功者の「就活あるある」を大いに活用しましょう。

内定取れるのは気働きができる人

ゆとり世代といわれる若者は、言われたことはちゃんとするけどそれ以上のことはやらない、と言われています。もう一つの内定獲得者「就活あるある」は上手に「気働き」ができることです。 「気働き」とは気が利くこと、一歩先を読んで動ける、緊急事態にもパニくらず臨機応変に対応できることを言います。ゆとり世代の中でも、この「気働き」ができる人は内定を取りやすい傾向にあるようです。何事も一歩先を読み効率良く動く…それは就活にも役に立ちます。 好感度アップの「就活あるある」を一つでも多く身につけましょう。

内定取れないのは清潔感に欠ける人

「就活あるある」失敗例の1つ目は「清潔感に欠けること」です。みんなと同じリクルートスーツを着ていても、袖が汚れていたりシャツがシワシワだったり、ネクタイが緩んでいるとそれだけで清潔感に欠ける印象を与えます。「就活あるある」の中でも、スーツに関する話題は尽きません。それだけみなさんリクルートスーツには頭を悩ましているようです。 リクルートスーツは少なくとも2着は用意しましょう。できれば秋冬用、春夏用を用意することをおすすめします。特に夏場は汗をかきます。黒や紺だから汚れが目立たないなんて思っても、臭いはなかなか取れません。消臭剤を吹きかけても、夏場の汗は強敵です。 それから意外と人の目につくのが靴のよごれ!出かけるときは身だしなみのチェックと足下のチェックもお忘れなく。全身トータルで身ぎれいにすることを心がけましょう。

内定取れないのは相手の目を見て話さない人

面接やグループディスカッションでおどおどしたり、目が泳いじゃっている人いませんか?そんな人たちの失敗談が「就活あるある」によく挙げられます。特にコミュニケーション力のない人は「就活あるある」でもイタイ存在として扱われます。 たとえどんなに緊張していたとしても、相手の目を見て話す、聞くを心がけましょう。学力はもちろんですが会社はあなたのコミュニケーション力も重要視しています。

内定取れないのは姿勢が悪い、落ち着きがない、笑顔がない人

「就活あるある」で面接は第一印象が9割りとよく言われています。会社説明会や面接の順番を待っている時、姿勢が悪かったり貧乏揺すりをしていると逆に悪目立ちしてしまいます。「この手のタイプは仕事できなさそうだな」と思われてしまいます。 猫背や貧乏ゆすり、暗い表情は「百害あって一利なし」、相手に不快感を与えるだけです。男女問わず、きちんとした姿勢で笑顔を心がけましょう。姿勢を正すだけで、好感度はかなりアップするはずです。 また「就活あるある」によく出てくるのが「会話が支離滅裂」。面接官に何を訴えたいのか、話をしているうちに方向性を見失ってしまうケースが少なくありません。これもまた第一印象を悪くしてしまう要因です。

就活あるあるネタ満載の小説、マンガを紹介

笑って泣ける「就活あるある」をネタにした小説やマンガを紹介します。これを読むと苦しいのは自分だけじゃない…と思えるはず!現代を生きる学生たちにおすすめの「就活あるある」本を紹介します。

「就活あるある」おすすめの小説

早稲田大学在学中、『桐島、部活やめるってよ』(集英社文庫刊)で衝撃の文壇デビューを果たした朝井リョウが第148回直木賞を受賞した『何者』(新潮文庫刊)は、現代を生きる若者たちの就職活動をリアルに描いた物語です。「就活あるある」が1冊の本になり、多くの読者の共感を得た作品です。就活中の人、就活を経験した人、就活を経験しなかった人にもぜひ読んで頂きたい一冊です。 同作は2016年、佐藤健、有村架純、菅田将暉、岡田将生、山田孝之らによって実写映画化され話題になりました。映画版、または小説版「就活あるある」どちらもおすすめです。

「就活あるある」おすすめのマンガ

地方に住む主人公が東京での就活を決意!地方出身者ならではの「就活あるある」が満載のコミックエッセイ、百田ちなこ著『地方女子の就活は今日もけわしい』(メディアファクトリー刊)。就活サイトの利用方法、証明写真の撮り方、不慣れな東京での滞在の仕方など、東京での就活を考えている方におすすめの一冊です。 同じ上京でも観光目的と就活目的とでは大違い!ローカル女子の著者が経験した「就活あるある」を面白くてわかりやすいマンガで教えてくれます。

お就活を切りぬけよう

企業への就職を考えている学生の誰しもが通過しなければならない儀礼、それが「就活」です。毎年たくさんの就活セミナー、就活支援イベントが開催されています。多くのセミナーに参加したからといって、内定が取れるわけではありません。就活には○か×で割り切れる「正解」はないのです。人の「就活あるある」を見て笑っている場合ではないのです。 学生はみんな同じようなリクルートスーツを着て、セミナーで教わった好感度アップのメイクをし、学科試験を受け面接を受けます。さまざまな振るいにかけられ、その中でどれだけ他の人よりアタマ1つ分抜き出ることができるかが重要です。「就活あるある」を自分への教訓として受け止めましょう。先人の経験を自分のものにして、より効果的な就活で志望企業の内定を勝ち取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング