IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【インターン】エントリーシート郵送時の「送付状」の書き方・テンプレ

初回公開日:2016年11月18日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2016年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

エントリーシートが完成したら、書類審査に向けて、いよいよ郵送ですね。ここでもうひと押し。応募書類につける「送付状」について学んでおきましょう。これからエントリーシートを郵送しようとしている人は、この解説を参考にして応募書類提出を完璧にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

エントリーシート送付状の書き方

そもそも「送付状」とは何でしょうか。 学生の皆さんには馴染みがないかもしれませんが、ビジネスでは書類を送る際には必ず「送付状(添え状・添書)」を付けることがマナーです。送られた書類の概要、つまり ■差出人と宛先(応募者から企業へ) ■目的(新卒採用に応募のため) ■内容(エントリーシート、他に規定されているもの) を、伝えるものです。これが無いものは、訪問して挨拶もなしにいきなり書類を差し出すのと同じことになりますから、マナー違反はおわかりですね。 ただし、企業によっては、送付状を不要とする応募規定を定めている場合もあります。応募要項を確かめて、それに従いましょう。 送付状の内容は、エントリーシートのように個性を重視するものではなく、送付状そのものは、選考に関係がないので表現に工夫を凝らす必要はありません。形式にのっとって記述しましょう。

エントリーシート送付状の注意点

送付状は、パソコンで作成する場合と、手書きの場合があります。手書きは温かみがあり、応募者の心をこめた提出がつたわるでしょう。パソコンでは、きっちりとしたビジネスの形式になり、完成させておくと何度でも使えますからとても便利です。用紙は、規定はありませんが次のように選ぶと良いでしょう。 A4またはB5、提出書類と合わせると良い ■手書きの添え状は、白い便箋が望ましい ■形式に沿って、解説していきます。 ①日付 ②宛先:会社名、部署名、役職名、氏名 ③差出人名:自分の住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、氏名 ④題名 ⑤「拝啓」+(時候の挨拶)+ 「敬具」 ⑥本題 ⑦記書き ⑧「以上」

エントリーシートの送付状の例

まずは完成の状態を見てみましょう。次の段落からは、それぞれの項目についての注意点をお伝えします


平成二十八年○月○日

イッカツマガジン株式会社
人事部 採用ご担当者様

〒xxx-xxxx
東京都〇〇区〇〇台1丁目2番3号
〇〇大学〇〇学部
仕事 未来
連絡先:090-XXXX-XXXX
e-mail:xxx@xxxx

応募書類の送付について

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度、貴社の求人に応募させて頂きたく、下記の書類を提出いたします。ご査収下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

・履歴書       1通
・エントリーシート  1通

以上


エントリーシート送付状のポイント:日付

送付状に記載する日付は、エントリーシートや履歴書と揃えて、提出日とします。持参する場合は持参日、郵送は郵便局での発送日がよいでしょう。 ポスト投函でも大丈夫ですが、窓口のほうが確実です。郵送の際に気をつける発送日の注意点については、他の記事で解説しましたのでご参照ください。

書き方:右揃えにし、「20◯◯年◯月◯日」のように送付した日付を書きます。

例:


平成28年○月○日


エントリーシート送付状のポイント:宛先

宛名に付ける敬称は、個人宛か団体宛か、職名宛かで異なります。封筒に記載する際も同様にしましょう。

関連タグ

アクセスランキング