IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一人暮らしの家電の選び方|家電セットの活用・家電にかかる費用

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

皆さん、新しい季節がやってきました。今回は一人暮らしに必要な家電についてお話していきたいと思います。初めての一人暮らしでは今まで購入したことのない「家電」にも目を向ける必要があります。注意すべき事を踏まえて一人暮らしの準備をしていきましょう!

出会い、別れ、挑戦の季節

3月も終わり、本格的に春が近づいてきましたね。出会いや別れ、新たな挑戦の季節とも言いますが、やはり新しい環境として一人暮らしを始められる方も多いのではないでしょうか? 今回は、一人暮らしで気になる家電についてお伝えしていきます。

一人暮らしの家電の選び方

今まで実家暮らしであれば大きな家電を購入したり、家電を買い揃えた経験はないと思います。初めての一人暮らしで家電を購入する際に気をつけてほしいポイントがいくつかあるので挙げていきたいと思います。

一人暮らしに必要な家電

何もない状態で一人暮らし用生活家電を購入する場合、最低限揃えたほうがいい家電は冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テレビ、電子レンジ、エアコン、炊飯器くらいでしょうか。また人によってはPCや湯沸しポットなども含まれます。

一人暮らし用家電の価格帯、相場

それぞれの家電によって値段の幅は異なるものの、大体の相場の価格帯というのは決まってきます。最初のうちは初めての一人暮らしで、何よりも先の心配を最優先に考えるべきなのであまり引越しの初期費用である家電にお金をかけたくないですよね。 こちらはお店に行く前に相場を調べておくことが大切です。店員さんも仕事ですから、嘘はつきませんがどんどん価格層があがってしまうことがありますので、それは常に気にしておきたいところです。

デザイン性、機能性

初めての一人暮らしで、これから自分だけの時間、空間ができることにワクワクしている方が多いと思います。インテリアなどにも気を遣いたいとすれば、ある程度の数を揃えることになる、家電のデザイン性が重要になります。またどれだけデザイン性に優れていても機能性が伴わなければ、全く意味のないものになってしまいます。 大体はデザイン性、機能性のどちらかが優れていて、一人暮らし用の小さなものでも二つの機能を求めると価格がどんどん上がっていってしまうので注意が必要です。

家電の大きさ

購入する家電がもしポットであるならあまり必要ありませんが、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電なら大きさを考える必要があります。気に入った家電を見つけても設置場所の空き具合を把握していなければ購入後、設置することができません。 店頭購入、ネット等での通販購入に関わらず事前に幅、奥行き、高さを測っておきましょう。そして購入する際にきちんと確認しましょう。

家電の大きさ2

サイズだけではなく、もう一つの大きさを確認しましょう。それは容量です。一人暮らし用家電の場合、容量を小さくし値段も買いやすくしてあることがほとんどです。 新生活に向けて買い揃える場合には一人暮らし用と大きく書かれていたり特設ブースが設置されることが多いですが、5月を過ぎるとあまり見かけなくなってくるので少しズレた時期に購入を考えているのであれば間違えてファミリー向けの家電を購入しないように注意しましょう。

家電セットの活用

ほぼ、と言えるくらいこの時期には「一人暮らし用家電セット」というものが店頭に並びます。新生活に向けてあまりお金を使えないが家電を買い揃えたい!という新学生、新社会人のために、まとめて買うと通常より安い金額で購入できるというセットになっています。 メリットとしては、 1.まとめることで通常より安い金額で購入できる 2.センスがなくてもインテリアを統一できる 3.対象が一人暮らしの方なので、一人暮らしに最適な大きさ、機能性を選ばなくても適した家電が購入できる 4.(店によるが)そのお店のポイントが通常より多く貰えたりするので次回の購入品の値引きになる 5.まとめて購入しても家電に保障がつくので故障しても安心 などたくさんあり、とてもお勧めです。

初回公開日:2017年04月02日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング