IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で行われる性格診断や性格検査・性格を聞かれた時の回答例

初回公開日:2017年04月02日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

面接で行われる性格診断や性格検査についての説明と、面接で性格を聞かれたときの質問意図やその答え方について触れています。また、ネガティブポイントをポジティブポイントに変え、自分らしさを面接で表現するためにはどうしたら良いのかということについてまとめました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接で行われる性格診断や性格検査

面接試験の時に性格診断を行う会社も多いでしょう。性格診断、性格検査というと、どういったことが聞かれるのかということは気になるところです。

性格検査(せいかくけんさ)とはパーソナリティを把握するための心理検査である。質問紙法、投影法、作業検査法に分類される。知能検査、発達検査などとともに心理検査の一種である。

有名な性格診断テストには SPI(Synthetic Personality Inventory) YG性格テスト(矢田部ギルフォード性格テスト) ロールシャッハ(Ror schach test)の主に3つがあります。おもに、就活で行われる診断テストは、SPIです。

面接で性格を聞かれたときの質問意図

どの職にも適正がある

どの職業にも適正というものがあります。自分がその職が向いているのかということは、自分自身ももちろんですが、採用側も考えなければなりません。適正に沿っているかという判断はその回答の仕方によってかわります。

相手が採用したいと思える性格像

どうしてもその職につきたい場合、その職に適している性格の回答の仕方を行うという方法もあります。自分の性格を偽るようなことは仮にもその職に就いて後悔しないためにも避けたいです。しかし、ネガティブな表現ではなく、よりポジティブに自分の性格を言い換えるということは必要になります。相手がきいていて採用したいと思えるような性格像をまずはイメージしてみるのも良いでしょう。

面接の際の注意点

面接で見ているのは姿勢

面接の際の答え方はできるだけ正直に話すことです。というのも性格検査も面接も自分を偽った回答をしても、面接官はすぐに嘘を見抜いてしまうからです。面接官は、文言のみならず、面接の際の目の動きや体の動きまでを見て把握、判断をしています。その人が嘘をついているのかということももちろんですが、面接の姿勢からその人の性格を読み取っています。性格診断テストで仮に適正だと判断されたとしても、面接での態度を見て不採用となる場合もあります。

自分の性格を知るということ

性格を知るということは容易ではありません。まずは紙に書き出したりして、自分の事をまとめてみましょう。自分の生活を振り返り、どのような事をいつも考えているのかということを振り返ります。

関連タグ

アクセスランキング