IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

隙間産業とは?成功例と失敗例・隙間産業での起業やビジネス

更新日:2022年06月20日

経営

隙間産業という言葉を知っていますか?隙間と言えば、物と物の間の空間・ぽっかり空いた場所のようなことを言いますね。その隙間の産業とはどんな意味でしょうか。また、隙間産業に興味があったらどうすればよいでしょうか。詳しく説明していきます。

●通信事業関連 仕事でのパソコン、各種ソーシャルネットワークは学校での授業でも取り入れられていく可能性がありますので、これも需要は高いでしょう。ただ、大手企業がほとんどのシェアを抱えているので、隙間産業として考えられるのはソフトサービスの分野になるかもしれません。 ●生活関連のサービス 日常生活に無くてはならないものではないが、一定の人には非常に重要になるものなどもアイディア次第で成功する可能性があります。障害や高齢で外出がままならない人の、日常生活上のあらゆる出張サービス(買い物やクリーニングなど)や、タクシー会社による小学校帰りの子どもの送迎サービスなども隙間産業といえるでしょう。 ●趣味関連のサービス 熱心に趣味を楽しんでいる人向きに、自分も同じ趣味を持っている人が考えられる隙間サービスがあるかもしれません。アニメなどに関して、本当にマニアな人向けのショップを開くなどで売り上げを挙げている企業もあります。

隙間産業への転職

隙間産業で成功した人の声を拾ってみましょう。

1を狙う

何も大手の企業と対抗して、1になろうということではありません。隙間産業というからには、大手が参入していない事業内容で競うわけですから、同じ商品としてのライバルはいないはずなのです。 大手がやらないサービスや出さない商品を、顧客は多少少なくても需要が必ず見込めることを考えて売り出すことで着目してもらうのが狙いです。なので、その商品やサービスに関しては1でなくてはなりません。事業が成功して、二番煎じを狙う人々が出てくるかもしれませんが、やはり業界1という肩書きは強いのです。一般大衆は、何か選ぶときおおよそは名が売れている業界1の商品、ということで安心するのです。

時代の流れや感覚をつかむ

顧客として考えている人々の年代や流行、その商品やサービスが世に出る時はどんな時代になっているかなどを先読みしなくてはなりません。時代は猛スピードで流れています。少し先を考えて商品を考えていかないと、すぐに時代遅れになってしまいます。

少ない資本金でスタートする

最後の現実的なこととして、資本金に全財産をつぎ込むなどということの無いようにした方が賢明だという事が言えます。隙間産業の成功者は「運が良かった」という人が多くいます。何度も失敗して、何度もやり直して成功した人がほとんどです。 はじめから大々的に資本金をつぎ込んで勝負してしまうと、その借金も追わなくてはいけませんし自分の生活自体も成り立たなくなってしまいます。それでは、リトライすることは難しくなってしまうでしょう。できるだけ、何度もチャレンジできるような体制をとるべきです。

隙間産業で成功するために

隙間産業で成功している人は、決して天才的な人ばかりではありません。ほとんどの人が、通常の日常生活を送っていた人たちです。ただ、その日常生活を怠惰にでは無く、人よりもちょっと丁寧に送っていた結果、隙間に気付き紆余曲折を経ながら成功している用に思われます。ただだらだらと生活して一攫千金を狙っても、恐らくこのような成功は得られないのではないでしょうか。生活も起業の段取りも一つ一つ丁寧に大切に対処していく事で、隙間産業の成功も引き寄せられると思われます。

初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング