IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

隙間産業とは?成功例と失敗例・隙間産業での起業やビジネス

更新日:2022年06月20日

経営

隙間産業という言葉を知っていますか?隙間と言えば、物と物の間の空間・ぽっかり空いた場所のようなことを言いますね。その隙間の産業とはどんな意味でしょうか。また、隙間産業に興味があったらどうすればよいでしょうか。詳しく説明していきます。

② 奇抜すぎる 隙間産業のアイディアにはある程度の斬新性が必要です。誰も考え付かなかったようなサービスや発想をするべき、と思ってしまいます。しかし、あまり奇抜すぎてもアイディアが独り歩きしてしまって顧客がついてこられない、という結果を招いてしまいます。 どれだけ斬新なアイディアでも、大切なことはきちんとしたリサーチの結果顧客のニーズがあることを確認していることです。「全国の○○が食べられる!」など発想は興味を惹きますが、実際には全国の○○を集めたり契約したりで大赤字となったり、実際には人気のものが限られてしまったりでアイディア倒れになる可能性があります。

隙間産業での起業・ビジネス

隙間産業とは一攫千金のようなイメージがあります。しかし、実際に隙間産業で活躍している人は、アイディアを掘り起こしたあと、入念にリサーチして計画して段階を得て現実的な算段もしています。また、一度のアイディアが形になってそのままビジネスとして成立している、という人は稀です。ほとんどの人が何度も試行錯誤を繰り返して結果を出しているのです。

隙間を探す

隙間産業とは「大企業が着目していない」「誰も進出していない」「新しい販売路線」を見つけ出すことです。アイディアは意外と出てくるものですが、よく調べると意外と無さそうで過去にもあった、という商品であることがほとんどです。 「こんなものがあったらいいなあ」という目先のアイディアだけでなく、既存の商品に無いかよく調べましょう。そして、その商品の動向・成否をチェックします。同じような商品でも、目線を変えたり販売路線を変えることで成功している例もあります。

需要の有無を確認する

自分では隙間産業だと思っても、実際にはすでに取り扱っている企業があり、その企業がほとんどの顧客を獲得していれば隙間をついたとは言えません。特に日本人はネームバリューに弱いので、既存であったり大手の企業にはなかなかかなわないのです。 また、隙間産業的なアイディアがあったとしても、本当にその商品を必要としている顧客が要るのかどうか、徹底したリサーチが必要です。顧客人数が多くは無くても、ある範囲の顧客には絶対的に必要であったりする場合は、隙間産業として成立する可能性があります。

コストを確認する

隙間産業で成功している人の声として、「できるだけ小資本で始められる事案が良い」というのを多く聞きます。経験を積んでいくにも、損失が多くて借金返済に追われるようでは新たなチャレンジはできません。また、始めようという気持ちになるのもダメージが少ない方が踏み出しやすいでしょう。 やはりリスクはできるだけ回避しておくことが賢明です。

再度市場を確認する

それが本当に隙間産業なのか、また同様の企業は無いかなどリサーチはすると思います。しかし、隙間産業はその時の勢いはあっても、後々失速してしまうことも少なくありません。その市場や顧客としてターゲットにしている人々が、今後どのような動向になっていくかなどを長期的に見ておかないと、長期安定の企業にはなりづらいでしょう。 あまり景気に左右されやすいビジネスも、よく考える必要があります。大手企業は景気の動向を見て、内容をシフトしていく資本がありますが、隙間産業として成立させるには長期的に需要が確実かどうかを見極めておくことが必要でしょう。

馴染みのある業界から

これは必須ではありませんが、何度も試行錯誤したり人脈などに頼るためにも自分が馴染んだ業界の隙間を探す、というのも一つの手段です。あまり畑違いが過ぎると、その業界の常識が分からずうまくいかないこともあります。

隙間産業の種類

人が生涯必ず遭遇する事態に関する事業

隙間産業が成立しやすい産業とは、生涯にわたって人が遭遇しそうなこと、また不特定多数でも確実な需要があること、などが挙げられます。 ●衣食住に関すること 不動産や建築、冠婚葬祭やシーンごとのスーツ、食に関すること ●医療や福祉に関すること 病気の際の施設や介護施設関連、在宅療養関連など ●葬儀や墓地に関すること などは人が生涯に必ず遭遇すると言ってよいことなので、需要は確実です。 ただ、需要が大きい分大手企業もすでにたくさん参入していますし、新たなサービスもどんどん開発されています。この分野で隙間産業を狙うのであれば、大手企業がやっていないサービスや商品を開発する必要があります。また、この分野に関して人はあまりお金をかけたくない、かけられないけど仕方ない、といった分野でもあることも踏まえて価格も考える必要があるでしょう。

趣味や仕事で遭遇する事態に関する事業

次のページ:隙間産業への転職
初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング