IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職/転職で志望動機がないときの対処法・履歴書の書き方

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

今の世の中、何十社と応募する就職活動が当たり前になってきています。しかし、全ての会社に明確な志望動機があるわけではないですよね。どんな会社であっても、内定をもらうには志望動機が重要です。ここでは、自分にしか書けない志望動機を書くコツをお教えます。

自己分析が簡単に出来ないように、人間としての魅力はもっと壮大になってきます。自分自身の魅力を広げるには、経験を積むしかありません。頭で考えたところで出来ていくものではないのです。 ただの美人と言うよりも、愛嬌のある美人、知的な美人と書けばイメージが付きやすくないですよね。言わなければ伝わらない事は多いですが、言わなくても伝えられるものがあるということです。最悪、言葉に詰まって、しゃべれなくなったとしても「言葉がでません。思いつきません」と言えるその判断があなたらしさ。取り繕って適当なことを言ってしまう時もそれはあなたらしさです。

「仕事への思い」を基に志望動機を考える方法

志望動機に仕事への思いをつづるケース

志望動機や人間の魅力を突き詰められなかったら場合は、自分なりの仕事への思いを伝えるのも良いですね。 例えば、「私の思いでは、仕事は楽しいと思うのです。単純に楽しい仕事もあるとは思いますが、お金を頂いてする内容は、大抵が皆さんが無料ではやりたくないこと。『障害や困難は楽しめ』とよく言われています。好きなことをやっていても障害や困難はある。そういうときむしろその仕事を楽しんでいます。」 といったように書くことができます。

仕事が楽しめないと思う人のケース

仕事が楽しめないのに、嘘はつけないという正直な方は、そこも正直に書いてみてはどうでしょうか。以下に例を示します。 「仕事は正直、今まで楽しいと思ったことはありません。嫌々な部分があったり、上司と折り合いがつかなかったり世の中で言われている事が自分はよく当てはまっており、何かを追い求めて、転職を繰り返してしまいました。 仕事が嫌だった半面、旅行や遊びに出かけていくことや仕事をするためのエンジンとして、買い物や食べ歩きもしました。それで仕事が楽しくなるわけではないのですが、自分の中の起爆剤にはなっていました。自分に何ができるか分かりませんが、今回の転職のように常に挑戦はし続けて行きます。無駄なチャレンジかもしれませんが、それが私自身です。」 かなり赤裸々な文章ではありますが、自分を包み隠さず表現しています。取り繕った文章よりは、志望動機に込めた思いは伝わるようになりますよ。

志望動機は「自分を良く見せようとしない」こと

志望動機を考えようとすると、どうしても自分を良く見せた方は採用の確率が上がるのではないかと考えがちです。ですが、面接官は何十、何百もの志望動機を聞いてきており、プロであるため、表面的な文章では熱意が伝わりません。 それほど志望度が高くない場合でも、自分にしか書けない理由を考えることが最低限の礼儀です。志望動機をしっかりと固め、万全の態勢で面接に臨んでくださいね。

初回公開日:2017年05月20日

記載されている内容は2017年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング