IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で聞かれる「どんな社会人になりたいか」の答え方の例文

初回公開日:2017年03月31日

更新日:2020年05月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

就職活動の面接でよく聞かれる質問に、「どんな社会人になりたいか」というものがありますよね?とっさに返答できない事柄なので、この質問にたいする答えは、まえもって準備する必要があります。どんな社会人になりたいか、自分の未来を想像してみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接でよくある質問「どんな社会人になりたいか?」

面接とは緊張してしまうものですが、よく聞かれる定番の質問ってありますよね?そのなかのひとつが、「どんな社会人になりたいか?」というものです。ちょっと漠然としているように思えるこの質問に、いったいどのように答えればいいのでしょう?

この質問の意図するところを考えよう

企業側は、なぜこのような質問を面接でするのでしょうか?まずはその意図を考えていきましょう。

応募者の考えが社風に合っているかの確認

応募者は、自分に適した会社を選んで入社したいと思うわけですし、もちろん企業側だって、自分の会社にマッチした応募者を選びたいのです。自社の社風に合った人を採用したいと思うと、自然とこの質問が出てくるのだとか。

自分の会社を研究しているかをチェック

自社の将来をになってもらう大事な人材です。ここは慎重になって、優秀な人に入ってもらいたいもの。滑りどめのような気持ちで自分の会社を受けていないか、きちんと目的を持って会社について勉強しているかの確認のために、「どんな社会人になりたいか」という質問になるわけです。 「うちの会社に入ってどんなことをしたいですか?」とダイレクトに質問される場合もあるでしょう。

入社したらどの部署に配属するかの参考

この人はどこでどのように活躍したいのか、ということを詳しく知って、入社したらどの部署に入ってもらうかという参考のためにも、「どんな社会人になりたいか」という質問はされることもあります。

どんな社会人になりたいのか、自分でイメージを!

関連タグ

アクセスランキング