IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で聞かれる「どんな社会人になりたいか」の答え方の例文

就活の面接

就職活動の面接でよく聞かれる質問に、「どんな社会人になりたいか」というものがありますよね?とっさに返答できない事柄なので、この質問にたいする答えは、まえもって準備する必要があります。どんな社会人になりたいか、自分の未来を想像してみましょう。

更新日時:

面接でよくある質問「どんな社会人になりたいか?」

面接とは緊張してしまうものですが、よく聞かれる定番の質問ってありますよね?そのなかのひとつが、「どんな社会人になりたいか?」というものです。ちょっと漠然としているように思えるこの質問に、いったいどのように答えればいいのでしょう?

この質問の意図するところを考えよう

企業側は、なぜこのような質問を面接でするのでしょうか?まずはその意図を考えていきましょう。

応募者の考えが社風に合っているかの確認

応募者は、自分に適した会社を選んで入社したいと思うわけですし、もちろん企業側だって、自分の会社にマッチした応募者を選びたいのです。自社の社風に合った人を採用したいと思うと、自然とこの質問が出てくるのだとか。

自分の会社を研究しているかをチェック

自社の将来をになってもらう大事な人材です。ここは慎重になって、優秀な人に入ってもらいたいもの。滑りどめのような気持ちで自分の会社を受けていないか、きちんと目的を持って会社について勉強しているかの確認のために、「どんな社会人になりたいか」という質問になるわけです。 「うちの会社に入ってどんなことをしたいですか?」とダイレクトに質問される場合もあるでしょう。

入社したらどの部署に配属するかの参考

この人はどこでどのように活躍したいのか、ということを詳しく知って、入社したらどの部署に入ってもらうかという参考のためにも、「どんな社会人になりたいか」という質問はされることもあります。

どんな社会人になりたいのか、自分でイメージを!

まず自分が仕事をしてどんな社会人になりたいか、というのを具体化して考えていきます。これからいくつかヒントをご紹介します。これらの項目を参考にしてみてくださいね。

重視する価値観のキーワードを決める

自分にとってはどんなことが大事なのか?それをどんな社会人になりたいか、ということと関連させていきましょう。自分が重視するキーワードはなんなのか、と考えてみます。 たとえば、冷静・想像力豊か・信頼できる・好奇心旺盛・勤勉さ・思いやり・几帳面・決断力があるなどなど…。 キーワードを決めたら、それをベースにして、なぜその言葉を大事にしたいのか考えましょう。選んだキーワードをきちんと実行したらどうなるか?自分はどんな社会人になりたいか、というイメージもある程度見えてくるのではないでしょうか? 【選んだキーワード・「親身」「信頼」】 お客様に頼りにされる存在になりたいです。なにかトラブルが起こっても、気軽に相談してもらえる人間でありたいと思います。お客様には親身になって対応し、そのことで社内の人間からも信頼され、後輩のなやみも親身に聞いてあげる先輩を目指したいです。

どのような知識・技術を身につけたいのか

あなたはどんな社会人になりたいか?ということは、その会社でどのような知識・スキルを習得し、経験を得たいかということにつながります。 大きなプロジェクトのリーダーとしてゆくゆくは活躍したい・語学が必要な職場であれば、いま持っている語学力をさらに磨いて即戦力としてがんばりたい、などという風に、入社後の自分の姿を思い描いてみましょう。

どのような意識を持って仕事に取り組むのか

周囲の期待を超えられるぐらい質の高い仕事をしたい、コツコツと粘り強く、最後まであきらめず仕事をしたい、など会社でどうはたらきたいのか?改めて自問自答してみてください。 瞬発力がすぐれている人もいれば、地道な作業が得意な人、アイディア力豊かな人、人はひとりひとり違っていて、当然個性はさまざまです。あなたのメリット・自分らしさを表現した返答ができればベストですよね。

社内でどんな存在でいたいか

後輩に頼りにされる指導力のある先輩になりたい、上司から可愛がられ、信頼される部下でありたいなど、入社後自分がどんな社会人になりたいかを想像しましょう。きっとワクワクしてくるのではないでしょうか?

先輩社員の仕事内容もしっかりと把握

志望している企業で、先輩社員たちがどのような仕事をしているかというのを、あらかじめ理解しておくことも重要です。そのことで、自分の興味のある仕事ができるかどうかというのもハッキリしてくるでしょう。 OB・OG訪問するのもいい方法ですよね。同じ学校の後輩ならば、先輩は仕事の本音なども含めて、どのようにはたらいているのか、詳しく教えてくれるにちがいありません。

応募企業の制度をよく理解する

応募している企業の制度・キャリアアッププランについても、事前にしらべておきましょう。会社はそれぞれ社風があり、社内制度にはかなりちがいが見られます。 企業の公式ホームページに行けば、だいたいキャリアアップや社内制度のことが書いてありますので、チェックすることをお忘れなく。

どんな社会人になりたいのか、なかなかイメージがうかばないこともありますよね。そんなときは、就職エージェントに相談するのもおすすめです!あなたのキャリアを一緒に考えてくれます。

「どんな社会人になりたいか」を作文で書く場合

「どんな社会人になりたいか」は面接で質問されることもよくありますが、作文で書かなくてはならないこともありますよね。 基本的なことはいままでご紹介したことと一緒で、十分に応募先の企業のシステムやどんな仕事をしているのか、社風はどんな風かというのを下調べをしたうえで、作文にものぞむようにします。

どんな社会人になりたいかで、「信頼」をテーマにすると

では、どんな社会人になりたいかについて、「信頼」をテーマにして作文を書く場合は、どのように書いていけばいいでしょうか?例文を以下に挙げてみましょう。

自分の過去のアルバイト体験と絡める

どんな社会人になりたいかというと、私は会社の仲間から信頼されるような社会人を目指したいです。この仕事なら○○さん(自分の名前)に聞けばだいじょうぶ、任せれば安心といわれるような、信頼される人間になりたいと思います。 以前伝票の仕分けのアルバイトをしていました。立ちっぱなしで長時間はたらかなくてはならない、正直きつい仕事ではありました。最初は要領もうまくつかめず、仕事のスピードも上がらず、我ながら歯がゆく感じていました。 そのままはたらいていても、時給はいただけるのですが、このままでは自分自身でもくやしいと思い、家に帰ってよく出てくる住所を覚えるようにしました。すると作業効率もアップして仕事も断然たのしくなってきたのです。 一緒にアルバイトしている仲間からも、「どうしてそんなに仕事がはやくなったの?」とびっくりされました。そのコツを教えてあげることで、人の役にも立ててやりがいを強く感じたのです。 私が理想とする社会人像、信頼される人間になるためには、あたえられた仕事にたいして、ただ漫然とこなすだけでなく、どのような態度でのぞむか、どうすればその仕事が効率よくミスもすくなくすることができるか、というのを考えることが大切だと思います。 もし御社にご縁があって、入社させていただけるのでしたら、同じ職場の方々に信頼され、もちろん会社全体に貢献できるように、つねにベストを尽くして仕事にまい進したいと考えています。

10年後の自分はどんな社会人になりたいか?

10年後というと、だいぶ先の話のように思えますが、就職活動の面接では、このような長期的な質問をされることがあります。10年先をどうイメージすればいいのか、ちょっと困っちゃいますね。

10年後の衣食住について想像する

10年後どんな社会人になりたいか、については自分がどんな洋服を着ているのか、食べ物はなにを食べているか、どこに住んでいてどんな部屋(家)なのか、周囲にはどんな人がいるのか、などと想像をめぐらせましょう。 そしてそのときにあなたはどこで勤務しているのでしょう?「海外」と妄想をふくらませる方もいるかもしれません。未来の自分に希望を抱きながら、10年後日本の社会はどうなっているか、イマジネーションをし、自分と社会がどうつながるかについて考えます。 10年間で日本を含め、世界全体が大きく変化するでしょう。10年前には、スマートフォンの普及なんて思いもしなかったことでした。それが現在はだれもが持っていて当然のグッズになっています。 10年後、日本はどうなっているのか、自分はどんな社会人になりたいかというのを思い浮かべてください。代表的な企業であればあるほど、世の中のトレンドに左右されることもあるので、視野を大きくひろげて、自分の夢・理想像を語ってくださいね。

自分の夢や将来の可能性をもっと知りたいときは、就職エージェントに相談してみましょう。あなたの適性に合った求人の紹介や書類添削、面接対策のサポートまでしてくれます。

未来をになうのが新入社員です!

会社の未来を背負って立つのが新入社員です。企業から期待を受けて入社するので、責任は重大ですよね。面接でオリジナルの視点で、自分の夢・どんな社会人になりたいかを話してもらうことは、あなたに会社を託していいかどうかの企業側の試金石でもあります。 ですので、自分らしさを存分に発揮してがんばりましょう。面接官を唸らせるぐらいの大きな夢を思いきって語ればインパクト抜群ですよ。

もう面接は怖くない!「自己PR」をマスターしよう

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 でもどうしたらいいかわからず不安、自己PRに自信がない。 そんな方におススメの資料があります。 面接を突破した先輩方のアドバイスや体験談 通過したエントリーシートまで見れますよ! ここでしか見れない企業情報や就活ノウハウもたくさん! いいものはどんどん取り入れて活かしていきましょう。 無料でダウンロードできますので、ぜひ利用してみてください。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング