IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社会人の1人暮らしの楽しい事|一人暮らしが楽しいと感じる瞬間は?

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

大学への入学、企業への就職。これらを機に、念願叶って一人暮らしをする人も多いことと思います。けれど、一人暮らしと言われても、不安なことが多い人も多いはず。それでも1人暮らしには楽しいことが沢山あります。ここでは一人暮らしにおける楽しいことについてお話します。

一人暮らしですか?

入学、もしくは就職に成功し、春から一人暮らしという人も多いかと存じます。春からの新しい生活に楽しみ半分不安半分と言ったところでしょうか。不安な気持ちを持つのも誓い出来ることですが、それを差し引いても一人暮らしというのは楽しいものなのです。皆様の周囲にも一人暮らしをしている方がたくさんいるのではないでしょうか。世の中には様々な人がいますが、どの人も一人暮らし経験者であれば皆口を揃えて一人暮らしは楽しいものだとおっしゃいます。どうぞ不安がらずに、これからの生活を謳歌してください。 しかし、そうは言ってもまだまだ怖い、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。でも大丈夫です。一人暮らしには様々な楽しいことがあります。どうしてもまだ不安が拭えない、という人たちに向けて、ここでは一人暮らしの楽しいこと、楽しさについて解説します。

一人暮らしの楽しいこと・学生編

一人暮らしには、様々な楽しいことが存在します。むしろ、これを謳歌できてこそ一人暮らし。より生活を充実させたり、コミュニケーション拡充に活用できたり、楽しいだけでなく、自分を高めることにも有効です。そんな一人暮らしの楽しいことを、学生・社会人に分けて解説します。まずは学生での一人暮らしの楽しいことについてお話します。

自由で気楽なのは楽しい

実家暮らしだと親や兄弟、親族がなにかととやかく煩いものです。やれああしろこうしろと、余計な口を挟んでくるのに辟易している人は、特に一人暮らしが楽しく感じることが出来ます。例をいくつか挙げると、何もない日なのに早起きを強いられていたのが一日中寝ていることも出来ますし、自分の好きなものばかり食べていても何も怒られません。洗濯物を適当なところにおいても誰も咎めませんし、いつ食事を摂っても構いません。風呂に入るのも、夜中に出かけるのも、寝る時間も全て自由です。 勿論部屋に何を貼ってもいいですし、レイアウトも自由自在。好きなものを買ったって誰もそんなものいらないなんて言いません。何処に何を置こうと自由ですし、隣人の存在にさえ注意すれば多少うるさくしても大丈夫です。自分の生活習慣だって自分で決められます。どんな時間に帰ってくるのも好きに出来ます。そのストレスフリーな自由さは一人暮らしで最も楽しいことと言っても過言ではないでしょう。

友達、恋人を連れ込めるのは楽しい

これも自由なことのうちの一つと言えるでしょう。小さい頃は勝手に友達を家に呼んだらそれはもう大目玉だった人も多かったことでしょうが、一人暮らしならそれもへっちゃらです。誰も咎める人はいませんし、むしろ実家暮らしの友人からなどは親から解放される場を提供してくれたと感謝されること請け合いです。友達と水入らずで盛り上がることが出来ますし、場所を自由に使うことが出来ます。これまでとは違い、窮屈さを全く感じずに全力で、好きなように遊ぶことが出来るのです。みんなで映画を見たり、ご飯を食べたりするのに。好きな声を出せたり寝転べたりと言うのは非常に気楽ですしね。これはもう楽しいこと請け合いです。 また、恋人に関しても同様です。家に恋人を連れ込んで親に知れるのが気恥ずかしい、という人も、一人暮らしなら安心です。それに、2人っきりという空間では2人の仲もより深まることでしょう。

趣味を増やせるのは楽しい

一人暮らしでは様々なことが出来ます。単に環境の変化、というのもありますが、新しいことを始めるにはうってつけです。今まで実家暮らしでは、何かを始めるとなんとなく恥ずかしかったり、バカにされてきたりしましたが、一人暮らしではそれを気にするような人はいません、気兼ねなく新しい趣味に挑戦することが出来るのです。例えば楽器などは、上手でない頃は親に怒られたり、そもそも音楽を好まない親兄弟だと邪険にされたりしますが、隣人にさえ気をつければ一人暮らしでは存分に練習することが出来ます。また絵やスポーツでも、1日中そればかりしていても誰も気にしませんし、変則的な時間に出かけることになっても注意する人はいません。 また、一人暮らしでやらなければならないことが趣味に繋がる場合もあります。例えば、一人暮らしとは切っても切れない自炊をキッカケに料理が好きになったという人もたくさん存在します。また、大家さんと関わる機会が出来たことで、新しい趣味へのキッカケを手に入れた、ということがある人もいます。とにかく、一人暮らしは新しい趣味へのチャレンジには最適。是非チャレンジしてみてください。

一人暮らしの楽しいこと・社会人編

次は社会人での一人暮らしの楽しいことについてお話します。

友人、恋人を連れ込めるのは楽しい

これは学生での楽しいことと共通のことではあります。先述のように、友人と邪魔の入らない状況で楽しい過ごし方が出来ますし、自由に場所を使うことが出来ます。社会人になればさらにお金もあるので、より充実した楽しい時間を時間を送ることが出来るでしょう。恋人に関しても同様です。お金をかけられて、それを自由に使えるのは今までの何倍も楽しいことでしょう。より仲を深められますし、結婚を考える歳にもなれば、それが有利に働いてくることも多いはずです。 しかし、ここで一番重要なのはこれらのことではなく、成人している場合に好きに飲酒が出来ることが最も一人暮らしにおいて楽しい点です。友人らの間であれば、誰にもはばかることなく存分に酒盛りを楽しめます。事前に用意した料理や食事で、昔の話やバカ話に花を咲かせることが出来るでしょう。腹を割った話も出来ますし、友情が確固になるであろうことは言うまでもありません。慣れた仲であれば用意や片付けもあまり手間がかかりませんし、これほどに楽しいことはないでしょう。恋人同士でのお酒と言うのもまた洒落たものです。素敵な甘い夜を過ごす要素としては欠かせません。

好きにモノを捨てられるのは楽しい

モノを自由に捨てられるのは一人暮らしの特権です。学生であればまだ頻繁に親が訪ねに来る可能性もあり、簡単に、とはいきませんが、社会人であればそれも何のその。いらないと思うもの、必要ないと思うものを自由に捨てたり売ったり出来るのは一人暮らしの特権です。「親にもらったけどいらないし、かといって捨てたのが親にバレたらそれも気まずいし……」ということが実家暮らしでは有り得たかもしれませんが、本格的な一人暮らしであれば心配することは全くありません。 また、元カレ、元カノからもらったものを捨てても「これ何?」と親兄弟に言及されて誤魔化す言葉に悩む必要はありませんし、捨てるということにも楽しいこと尽くめです。ひいては整理整頓の意識にもつながりますし、捨てるという言葉にはなんとなく悪いイメージがありますが、一人暮らしをしてみればそれも存外楽しいということが分かってきます。 また、捨てることに関連して思い切った断捨離を行うことも出来ますし、ミニマリスト(必要最低限のものしか持たない生活)的な生き方も可能と、これだけでも生活の選択肢が広く広がります。

初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング