IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

非鉄金属業界で人気の企業ランキング(業績・平均年収ランキング)

業界・企業研究

今回は、非鉄金属業界の研究に役立つ、2つのランキングをご紹介していきます。社名を耳にする機会が多い人気企業から、確かな技術力が強みの中小企業まで、たくさんの企業が登場するので、ぜひ業界研究にお役立て下さい。

更新日時:

ふと周りを見渡してみると、アルミが原料となっている1円玉など、非鉄金属を使ってつくられている物はたくさんあります。 今回は、非鉄金属業界の研究に役立つ、2つのランキングをご紹介していきます。社名を耳にする機会が多い人気企業から、確かな技術力が強みの中小企業まで、たくさんの企業が登場するので、ぜひ業界研究にお役立て下さい。

非鉄金属業界企業ランキング:業績ランキング

最初に、非鉄金属業界企業の業績ランキングをご紹介していきます。 以下は、平成26年~平成27年の、非鉄金属業界企業の売上高を元にしたランキングです。皆さんの周りにある、非鉄金属を作ったメーカーは、どこでしょうか?そして、その企業は何位に入っているでしょうか? ・1位:住友電気工業 ・2位:三菱マテリアル ・3位:JXホールディングス ・4位:住友金属鉱山 ・5位:昭和電工 ・6位:古河電気工業 ・7位:フジクラ ・8位:UACJ ・9位:三井金属鉱業 ・10位:DOWAホールディングス ・11位:日本軽金属HD ・12位:神戸製鋼所 (アルミ・銅関連事業) ・13位:リョービ ・14位:昭和電線HD ・15位:古河機械金属 ・16位:大紀アルミニウム工業所 ・17位:ホッカンHD ・18位:アーレスティ ・19位:日鉄鉱業 ・20位:東邦亜鉛 ・21位:アサヒHD ・22位:CKサンエツ ・23位:タツタ電線 ・24位:大阪チタニウムテクノロジーズ ・25位:オーナンバ ・26位:東邦チタニウム ・27位:平河ヒューテック ・28位:FCM ・29位:中外鉱業 ・30位:東理HD ・31位:東京特殊電線 ・32位:日本伸銅 ・33位:日本精鉱 ・34位:沖電線 ・35位:カナレ電気 ・36位:三ッ星 ・37位:アサカ理研 ・38位:エヌアイシ・オートテック ・39位:日本電線工業 ・40位:東邦金属 ・41位:エス・サイエンス 引用元:「年収ラボ(非鉄金属業界)(※1)」 上位3位までの企業が、1兆円以上の売上高となっており、非常に高い業績です。しかし、4位以下の企業も業績が低いというわけではなく、各順位間の業績の差は、緩やか。非鉄金属業界の市場は、1つの企業が独占しているというわけではなく、好業績の複数の企業で成り立っていると考えられます。 ・業績ランキング1位:住友電気工業 非鉄金属業界企業の中でも、最も業績が高かったのが、住友電気工業です。売上高は2兆8228憶円。競合他社の売上高と比較すると、住友電気工業だけが2兆円を越える業績となっており、非鉄金属業界を牽引している存在と言えます。住友電気工業は、特に電線に関する事業に強く、国内トップ。また、ワイヤーハーネスや通信インフラなどの分野でも、好業績となっています。(※2) ・業績ランキング2位:三菱マテリアル 続いて、売上高1兆5127憶円でランキング2位に入ったのは、三菱マテリアル。2位ではありますが、一企業で1兆円を越える売上高というのは、非常に高い業績です。三菱マテリアルは、三菱グループの非鉄金属業界に特化したメーカーです。銅やセメント、電子材料などの分野で活躍しています。(※3) ・業績ランキング3位:JXホールディングス 業績ランキング3位は、JXホールディングス。売上高は1兆1532憶円となっており、こちらも2位に続く好業績です。JXホールディングスは、2010年に設立された、比較的新しい企業。JXグループの持株会社で、石油精製販売事業や石油開発事業など、非鉄金属業界以外でも石油業界を中心に活躍しています。(※4)

非鉄金属業界企業ランキング:平均年収ランキング

次に、非鉄金属業界企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。 以下は、非鉄金属業界企業の平成26年~平成27年の平均年収を元にしたランキングです。 ・1位:JXホールディングス ・2位:日本軽金属HD ・3位:DOWAホールディングス ・4位:住友金属鉱山 ・5位:住友電気工業 ・6位:ホッカンHD ・7位:カナレ電気 ・8位:三菱マテリアル ・9位:三井金属鉱業 ・10位:古河電気工業 ・11位:古河機械金属 ・12位:フジクラ ・13位:アサヒHD ・14位:昭和電工 ・15位:日鉄鉱業 ・16位:UACJ ・17位:大紀アルミニウム工業所 ・18位:タツタ電線 ・19位:昭和電線HD ・20位:沖電線 ・21位:リョービ ・22位:アーレスティ ・23位:日本電線工業 ・24位:東京特殊電線 ・25位:大阪チタニウムテクノロジーズ ・26位:神戸製鋼所 ・27位:オーナンバ ・28位:日本精鉱 ・29位:FCM ・30位:アサカ理研 ・31位:東邦チタニウム ・32位:平河ヒューテック ・33位:東理HD ・34位:三ッ星 ・35位:東邦亜鉛 ・36位:中外鉱業 ・37位:エヌアイシ・オートテック ・38位:東邦金属 ・39位:日本伸銅 ・40位:エス・サイエンス 引用元:「年収ラボ(非鉄金属業界)※1」 業績ランキングの結果と比較すると、上位に多少の変動が生じており、「業績が高い企業=年収が高い」というわけではないようです。業界研究をしている方は、年収が高い企業の特徴や共通点などの注目してみることをおすすめします。 業界や職種、年齢などに関係なく統計された、2015年の労働者の平均年収は、440万円というデータがあります(※5)。この金額を標準とした場合、非鉄金属業界企業では、平均年収458万円でランキング37位となったエヌアイシ・オートテックまでが、標準以上の平均年収となっています。 それでは、1位~3位の企業の平均年収について、詳しく見ていきましょう。 ・平均年収ランキング1位:JXホールディングス 平均年収ランキング1位に輝いたのは、JXホールディングス。その金額は1067万円。年収1000万円を軽々と越える高額年収です。JXホールディングスは、JX日鉱日石エネルギーなどを傘下に持つ大手企業です。(※4) ・平均年収ランキング2位:日本軽金属HD 続いて、ランキング2位となったのは、平均年収886万円の日本軽金属HDでした。1位がの平均年収が1000万円以上だったことを考えると、やや落ちる印象を受けますが、上記でご紹介した440万円という標準金額の2倍以上という、高額年収です。日本軽金属HDは、アルミに特化したメーカーで、日本でただ1つと言われるアルミ精錬工場を所持しています。(※6) ・平均年収ランキング3位:DOWAホールディングス 平均年収809万円でランキング3位に入ったのは、DOWAホールディングスです。DOWAホールディングスは、非鉄金属の精錬の他、リサイクルや環境に関する分野でも活躍している企業で、磁性鉄粉を強みとしています。(※7)

さまざまな課題を抱えつつも前進していく非鉄金属業界

非鉄金属業界は、世界の情勢や景気などの影響を受けやすく、変動が激しい業界です。原料の高騰や円安による輸入コストの増加などによって打撃を受けやすい為、今後はより安定した業績や業界規模を保てるように、経営や方針を模索していく必要があるとされています。(※8) ランキングと合わせて、業界の動向・課題も知り、各企業がどんな取り組みをしているのか、企業研究にも役立てましょう。こちらの記事がおすすめです。

さらに非鉄金属業界について詳しくなりたい方には「トコトンやさしい非鉄金属の本」がオススメです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング