IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

機嫌が悪いときの対処方法・機嫌が悪い人に対しての対策

ビジネスマナー

会社の上司や同僚、取引先の担当者、または友達など、機嫌が悪い時なかなかどう対処していいのか難しいです。今回はそんな機嫌が悪い人への対応や、対処法を紹介します。そういった場をうまくやりなこなす事で、ビジネス面としても活きてきます。

更新日時:

円滑な人間関係の構築

誰しも生きていく中でしがらみがあり、複雑な人間関係の中で生きていたいとは思いません。誰もが円滑でスムーズな人間関係が良いです。恋愛、仕事、付き合い、どんな面においても円滑な人間関係が構築できていればトラブルも少なく、悩まされる事は少ないでしょう。しかし、人はどうしても機嫌が悪い時があったり、落ち込んでいる時があったりなど浮き沈みがあるので、それが原因となりトラブルが生じてしまう事もあります。

円滑な人間関係とは?

円滑な人間関係とはトラブルが全く生じない関係ではありません。むしろトラブルが全く生じない人間関係とは、仕事だけの割り切った関係とも言えます。だからと言って心を許しあえた友人や恋人だけが円滑な人間関係と言えばそうではありません。

円滑な人間関係はプライベートからビジネスまで重要

円滑な人間関係を築く事はプライベートはもちろんですが、ビジネス面においても重要になってきます。会社の上司や同僚、取引先とのやり取りに対しても円滑な人間関係が構築されていればトラブルに発展する事も少ないです。しかし、上司などと円滑な人間関係を構築できていなければトラブルが生じやすいです。

人間関係の構築は人間力を育てる

円滑な人間関係を構築できている人は人としてのマナーや思いやりに長けています。つまり、円滑な人間関係を構築するという事は自分の人間力を育てる事になります。トラブルに巻き込まれやすい人は自分自身もトラブルを起こしやすいです。

円滑な人間関係を築く為には?

円滑な人間関係を築く為には様々なシーンにおいて相手の心や、機嫌を読み取り、それに素早い対応が出来るという事が重要になってきます。機嫌が悪い相手に対し、どんな風に接するか、どんな風に対応するかなど。相手が落ち込んでいる時、どんな風に励ますか、どんな風に接するかなど。自分自身が誠意ある対応をする事で、相手も自分に対し誠意ある対応を見せてくれます。その為に、相手の心を読む能力、相手の気持ちに寄り添い対応できる能力を身につけておきましょう。

機嫌が悪い相手とどう接する?

機嫌が悪い上司、機嫌が悪い友人、人によっては機嫌が悪い事を隠そうとする人もいますし、機嫌が悪いのを表に向けて発信する人もいます。そんな相手とどう接するかは自分の能力次第です。機嫌が悪い相手は悪気なく自分に対して攻撃的な言葉を投げかけてくる事もありますが、冷静に対応する事が人間関係を円滑にする為のコツです。

人はどんな事があると機嫌が悪くなる?

まず人はどんな事があると機嫌が悪くなるのでしょうか?機嫌が悪いという事は必ずどこかに原因があります。どんな原因があり機嫌が悪くなってしまうのか、主な原因を挙げていきます。

体調が悪い

体調が悪い場合には機嫌が悪いというよりも、最初は元気がない様子が伺えます。しかし、体調が悪いにも関わらず周囲の人間がいつも通りに話しかけてくる為、なるべく話しかけられない様にと機嫌が悪い様な態度をとります。また、頭痛などの場合は話しかけられるだけでも痛みが増幅されていくので、機嫌が悪くなってしまう事があります。基本的に体調が悪い場合は人へ優しく笑顔で振舞う余裕がなくなってしまってる為、不機嫌になってしまう事が多いです。

仕事が進まない

自分に与えられている仕事、または人に任せた仕事が思うように進んでいない時、人はイライラしてしまいます。これが上司の場合はなおさらです。基本的に上の立場の人間や、指示をする人間は常に次の仕事を考え、どの仕事をどの位で終わらせ、次の仕事をどの位から始めるかなど先を考えて動いています。なので、仕事が自分の思う様に進まないと予定の計画とズレてしまい、焦りからイライラしてしまいます。

悲しい事・辛い事があった

恋人とケンカしたり、恋人と別れたり、そんな悲しい事や辛い事も機嫌が悪い原因の一つになります。悲しい事や辛い事があった翌日、誰しもいつもの様に元気な振る舞いは出来ません。しかし、そんな中でも周囲の人間は何も知らないので、いつもの様に話しかけたり、仕事を振ってきます。そうなると、自分のプライベートな問題にも関わらずついつい機嫌が悪くなります。また、自分のプライベートな事を仕事に持ち出したくないとも思っているので、自分の気持ちをコントロールできない自分にも苛立ちを覚え、どんどん機嫌が悪くなってしまいます。

何かを我慢している

何かを我慢していると人はどうしてもストレスがたまってしまいます。わかりやすい例えで言うなら禁煙中の人は常に機嫌が悪いです。自分の嗜好品を我慢するというのはそれ程までにストレスを感じるものです。また、女性の場合ならダイエット中でお菓子や食事を我慢している場合。この場合も好きな物を我慢しているので、ストレスになり、機嫌が悪い原因になります。もちろん嗜好品などではなく、人への不満を口に出さない様に我慢していたりなど、とにかく何かに対して我慢している事が機嫌が悪い原因へ繋がります。

機嫌が悪い人の心理

機嫌が悪い人の原因をつきとめても、機嫌が悪い人の心理まではなかなか考える事はありません。今回は機嫌が悪い人への心理までも見ていきます。機嫌が悪い人の心理までわかれば対策や対処法はいくらでも練る事が出来ます。

ネガティブ

機嫌が悪い人の中にはネガティブな人が比較的多いです。どんな言葉でも悪い方向に受け止めてしまう為、まるで周囲から批難されているかの様に感じてしまい、そこから機嫌が悪くなってしまいます。そういったネガティブな思考の持ち主はどんなに励ましても逆効果で機嫌が悪いままになってしまいます。だからと言って関わらない様にしてしまうと、もっと孤独を感じてしまい、機嫌が悪くなり悪循環に陥ります。

構ってほしい

機嫌が悪い人の奥底の心理としては、構ってほしいという部分もあります。機嫌が悪い振る舞いをする事で周囲の人間から心配されたり、気にかけてもらえると無意識のうちに考えてしまっています。つまり、単純に構ってほしいのです。そういう人は素直になる事が苦手なので、言葉に出して構ってほしいとは言えません。

自己抑制が出来ない

機嫌が悪い人の多くは自分の感情をうまくコントロールできない人が多いです。学生ならまだしも、社会人にもなれば周囲の人間に気を使い、どんなに嫌な事があっても周りが気を遣わない様にと感情を抑える事が出来ます。しかし、機嫌が悪い人はそれが出来ない人なのです。自分の感情をコントロールしたり、我慢したりする事が苦手なのです。また、自分の感情をコントロールできない人は要領が悪い人も多く、自分の要領の悪さに自分自身で苛立ちを覚えている人もいます。

自分中心な考え方

機嫌が悪い人というのは周囲の人間への配慮が欠けているという事なので、つまりは自分中心に考えてしまっているという事にも繋がります。表立って見せていなくても無意識の中で自分中心な考え方をしてしまっています。機嫌が悪い人を見て良い気持ちになる人はいません、不愉快になる人の方が多いです。それをわかっていれば機嫌が悪い仕草や振る舞いをわかりやすく見せる人はいません。なので、自分中心、もしくは自分に甘い性格の人です。

機嫌が悪い人への接し方

実際機嫌が悪い人へはどんな風に接すれば良いのでしょうか?腫れ物に触るという、気難しい相手の機嫌を損ねてしまわないように注意をして接するという意味の言葉がありますが、それを守っていればいいのかと言えばそうでもありません。

普段通りに接する

まず機嫌が悪いからと言っていつも以上に話しかけたり、間違っても冷やかしたりしてしまうのはもっと機嫌を悪くしてしまう原因になります。機嫌が悪い事を冷やかしやり小バカにしてしまえば、機嫌が悪いどころかケンカに発展する可能性もあります。また、機嫌が悪いからと言っていつも以上に優しくしてしまっても、その変に気を使われている態度が気に食わないという場合もあるので、変わらずにいつも通りに接してあげる事が相手にとっても自分にとっても良いです。

機嫌が悪い原因には触れない

機嫌が悪いなら原因をつきとめて解消してあげれば機嫌がよくなりそうですが、機嫌が悪い人にとって原因を探られるのは不快でしかありません。もし相手から原因に関して話してくるのであればもちろん聞いてあげた方が良いですが、こちら側から根掘り葉掘り聞くのは辞めた方が良いです。相手から話してくるまではこちらからは何も聞かないでおきましょう。

さりげない気遣いをする

機嫌が悪い相手にはできるだけ優しく接してあげた方が良いですが、あまりにもわかりやすい気の遣いかたは相手の機嫌を悪化させる原因になってしまいます。なので、ちょっとしたさりげない気遣いをしてあげると良いでしょう。お茶やコーヒーを入れてあげたり、仕事をちょっと手伝ってあげたり、普段より少しだけ優しくする事で機嫌がよくなるということもあります。特に機嫌が悪い相手が上司などの場合は有効な手段です。

会話は必要最低限

機嫌が悪い相手に対して、機嫌を悪化させずいる事は出来ても機嫌を良くする事は難しい事です。また、その相手がどんな事で機嫌が悪いのか、相手と自分の立場によっても機嫌をどう取るかは変わってくるので、細心の注意が必要です。そこまで考えてしまうと機嫌を取るにも労力を使ってしまいます。そんな時はなるべく関わらない様にするのが良いです。仕事仲間であるならば、仕事の事以外の会話はしないなど、必要最低限の会話だけで済ませてしまいましょう。

関係性によって対処法は異なる?

機嫌が悪い人との対処法をいくつか紹介しましたが、機嫌が悪い人と言ってもその相手との関係性によって対処法は変わってきます。例えば、恋人が機嫌悪い場合と上司が機嫌悪い場合では同じ方法では機嫌を取る事は難しいです。

身内の機嫌が悪い場合

恋人や家族など身内と呼べる人の機嫌が悪い場合は、しつこく原因を聞いたり、ある程度話しかけても許されます。これは身内と呼べる関係性だから出来る事であって、友達や上司などの場合はもっと機嫌を悪くさせてしまう行動です。身内だからこそ出来る対処法もしっかりと覚えておくのはプライベートを充実させる為にはとても大事な事です。

職場の人の機嫌が悪い場合

職場の同僚や上司が機嫌が悪い場合はある程度距離をとるというのが無難です。恋人や家族の様に親しい関係でもないのに、自分の心の中に入って来られるというのは人は誰でも嫌がります。なので、職場の同僚や上司の場合はなるべく深くまで追求しない、しつこく話しかけないという事が相手の機嫌をもっと悪くさせない為の大事なポイントとなります。

上司の機嫌が悪い場合の対処法

上司の機嫌が悪い場合はなるべく深くまで追求しない、あまり関わらないというのは大前提ですが、更に細かく、どの様に対処すればいいのかまとめていきます。

言い分を聞く

上司の機嫌が悪い時にはまずは上司の言い分を聞いてあげましょう。機嫌が悪い時は理不尽な仕事を押し付けてくる可能性もありますが、どれもから避けてしまい、上司から距離を置く形になってしまっては上司の機嫌が良くなるという事はまずないでしょう。まず上司の言い分や愚痴、何でも一度は耳を傾けてあげましょう。

返答をハッキリする

機嫌が悪い時の上司にとって、曖昧な返答はもっとイライラさせてしまうものです。どんなに機嫌が悪いとわかっていても、出来ない物に関してはハッキリNOと応えましょう。機嫌が悪いからと言って出来ない事でもYESと答えてしまい、結果として出せなかった場合にはもっと機嫌を損ねてしまいます。また、できるかわからないけど頑張ってみるなどの曖昧な返答も避けた方が良いです。

仲間を作る

上司と部下という立場もあり、接するにも難しい関係ですが、そんな時は同僚と相談してみるのも良いです。一人の努力ではなかなか上司という上の人間の機嫌を取るのは難しいですが、仲間を作り協力すれば機嫌も早く治ります。例えばその日だけはみんなで仕事を頑張ってみたりなど、そういった行動でも機嫌をとる事は出来ます。

流せる事は流す

機嫌が悪い時には誰しもが愚痴や不満、細かい事にも口を出してきますが、そういった事は全て受け流しましょう。全て正面から受け止めてしまうとこちら側の我慢も限界になってしまいます。上司も機嫌が悪いだけなので、悪気はありません。なので、そういった小言には耳を貸さず、聞いてるフリだけしておきましょう。ただ、あくまで聞いているフリはしてあげなければ、聞いていない事に腹を立ててしまう場合があるので、全く聞いていない素振りをしてはいけません。

友人・同僚の機嫌が悪い場合の対処法

上記では上司の機嫌が悪い時の対処法でしたが、次は友人や同僚という同じ立場の人間が機嫌が悪い場合の対処法を紹介します。

理由を聞く

基本的には機嫌が悪い人に対して原因を聞くというのは避けた方が良い行動ではありますが、友人や同僚の場合は聞いても良いです。しかし、あまり深く聞かない様にしましょう。一度どうして機嫌が悪いのかを聞き、答えてくれれば聞いてあげる、答えてくれなければしつこく聞き返すのではなくそのままにしてあげましょう。また、もし機嫌の悪い理由を聞いた場合も、指摘をするのではなく、うなづく程度で相手の話を聞くだけにすると機嫌が直りやすいです。

相手のしたい様にしてあげる

友人や同僚が自分に対してある程度心を開いてくれているのであれば、友人の方から「今日は機嫌が悪いから…」と話してくる可能性もあります。機嫌が悪いから話しかけないで欲しい、機嫌が悪いからなるべく仕事を一緒にやってほしいなど人によってその部分は変わってきますが、もしそれを言われたら友人の望むままにしてあげましょう。

反応がなければ放っておく

上記の二つとも出来ない場合は放っておくのが一番です。上司の場合や報告や連絡などで話しかけなければいけない場面もありますが、友人や同僚の場合は必ず話しかけなければいけないという状況は上司との関係よりも少ないでしょう。同僚の場合は仕事関係の事で多少話さなければいけない事もあるかもしれませんが、必要最低限で構いません。

彼氏・彼女の機嫌が悪い場合の対処法

恋人の機嫌が悪い場合はどんな対処法があるでしょうか?恋人の機嫌が悪い場合はそのカップルが普段どんな接し方をしているかによって変わってくる事もありますが、例としていくつかの対処法を紹介します。

プレゼントをする

恋人の機嫌が悪い場合は友達や同僚などよりももう少し踏み込んでしまっても大丈夫です。機嫌が悪いと感じたらプレゼントを贈るなどして機嫌を取るのも良いでしょう。プレゼントは決して豪華な物ではなく、好きな食べ物、ケーキなど小さな物でも良いです。恋人からのプレゼントはどんな物でも喜ばれるので、小さなプレゼントだけでも喜ばれます。機嫌が悪いと感じたら安く小さな物でもいいのでサプライズで渡してあげましょう。

話を聞いてあげる

意外と恋人同士の場合、普段から真剣に話し合いをするという場がない恋人もいます。だからこそ、機嫌が悪いと感じた時にはしっかりと向き合って真剣に話を聞いてあげる事が大事です。恋人だからこそ、誰にも話せない愚痴や不満などを話してくれるので、話してくれたら真剣に話を聞いてあげましょう。もちろんその際には何かしながら片手間に話を聞くのではなく、最初から最後まで真剣に向き合って聞いてあげましょう。内容によっては少し指摘などをしてあげても良いです。

外に出かける

特に同棲などしている場合は、気分転換に外へ出かけても良いです。仕事が忙しかったり、同棲していたりすると、外を軽く散歩するという時間はほとんどありません。だからこそちょっとした外を散歩する時間は貴重な時間となり、気分転換にもなります。また、その散歩をする相手が恋人だからこそ相手にとって貴重な幸せな時間となります。散歩しながら愚痴や不満、機嫌が悪い原因などを話してくれるきっかけにもなります。

機嫌が悪い人への対策

機嫌が悪い人への対処法を紹介しましたが、対処だけではなく、次機嫌が悪くなった場合、または機嫌が悪い事を察知する為の対策もしっかりと練っておかなければいけません。対策がしっかりしていれば、次から同じ人が機嫌が悪くなった場合の対処も素早く行動出来ます。

口調などに注意

上司や同僚、恋人も同様、普段話している時から口調などをしっかりと覚えておきましょう。人は誰でも機嫌が悪くなると多少なりとも口が悪くなってしまったり、普段使わない口調で話し出したりします。普段使わない言葉や、攻撃的な言葉を発していると感じたらそれは機嫌が悪くなっているサインです。その機嫌が悪くなっているサインがどこで出てくるかというタイミングはわからないので、普段からしっかりその相手の口調を覚えていればふとした瞬間に発した言葉で相手が機嫌が悪いという事に気づけるでしょう。

普段との行動の違いに注意

口調だけでわからなければ、行動を見てみましょう。機嫌が悪い人は行動にも表れます。いつもは丁寧でマメな人が、雑な仕事をしたり、同僚や上司の場合はいつもよりデスクが散らかっていたり。身近な人間の場合は普段飲まない飲み物を飲んでいたり、例えばコーヒーを飲む回数がいつもより多かったりと、そういった小さな行動から機嫌が悪い事を読み取れます。普段の行動を知っているからこそ気づける事なので、普段から相手の行動パターンなどを知っておくと良いでしょう。

機嫌が良くなる方法を覚えておく

一度機嫌が悪くなった事がありうまく対処できた相手に対しては、その対処法を覚えておきましょう。同じ対処法が誰にでも効果があるわけではなく、人によって効果的な対処法は変わってきます。なので、上司の場合は何をすると機嫌がよくなる、同僚Aの場合は何をすれば機嫌が直る、同僚Bの場合は何をすると機嫌が悪化する、などメモまでしなくては良いですが、頭の片隅に入れておきましょう。それを覚えておけば、次からその相手が機嫌が悪くなってもすぐに対処できます。

テンションの上がる話題を覚えておく

例えば相手の趣味や、好きな話、相手の興味を引く、テンションのあがる話題を覚えておくと効果的です。機嫌が悪い時に全く興味のない話をしてしまっても、機嫌をもっと損ねてしまうだけですが、興味の引く話題などは機嫌が良くなる場合があります。しかし、それをする為には普段から相手の趣味や興味のある物を知っておかなければいけないので、普段の会話でヒントが出ていたならばしっかりと覚えておきましょう。

相手を知る事が重要

機嫌が悪い相手への対処や対策としては、まずは相手を知る事が一番重要になってきます。相手を知る事で、機嫌が悪いというサイン、機嫌が悪くなった時の対処まで考える事が出来ます。相手を知らなければどう対処していいのか、どうすれば機嫌がよくなるのか難しくなってきます。重要な鍵は相手を知るという事なんです。沢山の人を知れば知る程、人脈も大きくなり、周囲の自分への目線も変わってきます。その目線が全て信頼になった時には素晴らしい人間関係になります。

なるべく多くの人と関わる

職場において、誰がいつ機嫌が悪くなるかというのはもちろん誰にもわかりません。上司や仲の良い同僚の場合すぐに気づく事が出来たり、素早く対処も出来ると思います。しかし、あまり仲良くない相手や、話した事すらない相手では対処が難しくなってしまいます。そうならない様に、普段から多くの人と話し性格などを知っておきましょう。多くの人と話し、多くの人への対処が出来る様になれば職場内で円滑な人間関係が構築していけます。

腫れ物に触らないはNG

機嫌が悪い人に対して放っておくのが一番とも言いますが、関係性によって変わってくるので、一概に放っておく事が一番とは言えません。むしろ相手の事をよく知っているのであれば、機嫌を直す方法は自分が一番知っているかもしれません。腫れ物に触らないというのは無難な方法ではありますが、それではその場しのぎになってしまい、円滑な人間関係の構築には繋がっていきません。本当に良い人間関係を築きたいのであれば無難な選択をするのではなく、しっかりと機嫌が悪い人と向き合っていきましょう。

円滑な人間関係を築きましょう!

職場、プライベート共に誰しもが円滑な良い人間関係を築いていきたいものです。特に毎日働き、毎日顔を合わせなくてはいけない職場では人間関係が悪くなってしまえば働きづらくなってしまうので、とても重要な事です。職場の人間関係というのは仕事を辞めてしまう理由としてもトップに挙がる理由でもあるので、仕事だからと言って人間関係を軽視してしまうのは危険です。対策や対処法、しっかりとわかっておけば職場でもストレスなく働く事が出来るので、しっかりと身につけておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング