IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

目標達成シートの書き方|5つの手順とそのメリット

更新日:2020年05月18日

書き方・例文

業種によって目標達成というゴールは違いますが、考え方や仕事の進め方というものは基本的に似ているものです。どの様に予定を策定し、仕事を進めれば目標達成というゴールに辿り着けるのでしょうか。又、目標達成を阻むトラブルはどの様に対処していけば良いのでしょうか。

目標達成シートとは

目標達成シートとは、自分の目標をマス目調の形式にまとめた表のようなものです。 別名は、マンダラチャートなどとも呼ばれています。今回はプロ野球選手も活用した「目標達成シート」の書き方について詳しくご紹介します。

大谷翔平が高校時代に作った

大谷翔平が高校時代に作ったことでも知られています。大谷翔平とは、岩手県出身のプロ野球選手です。 大谷翔平は高校生の時に、目標達成シートを活用していました。実力はもちろん、目標に向けて努力を重ねた結果、プロ野球選手になれたのでしょう。

ビジネスにも使える

ビジネスにも目標達成シートは使えます。良い仕事をするには、良い目標を立てることが必要だからです。 何も目標を立てずに漠然と仕事をこなすより、目標達成シートで何か目標を立てて、その目標に向かって取り組む方が、より仕事での充実感を得られるでしょう。

目標達成シートの書き方の5つの手順と例

目標達成シートの書き方の5つの手順と例をご紹介します。目標達成シートを自作する際の参考にしてください。 書き方はとても簡単なので、作業が苦手という方でも簡単に作ることができます。自分なりの目標達成シートを用意して、自分の目標を立ててみましょう。

手順1:3x3のマスを書く

手順1は、3×3のマスを書くことです。この作業が目標達成シートの大元になる基盤となります。 上の画像のように、縦3列・横参列のマス目を書きましょう。これが目標達成シートの基盤となりますので、定規などを使って丁寧に書いてください。 この手順を適当にしてしまうと、見栄えの悪い目標達成シートになってしまうので、目のつくところに置いたときのことを考えて作りましょう。

手順2:中心のマスの中に目標を書く

手順2では、中心のマスの中に目標を書きましょう。自分が成し遂げたいと考えている目標を、漠然とでも良いので書きましょう。 この目標は、必ずマスの中心に書いてください。この時点ではまだ、目標を細かく考えなくて大丈夫です。

手順3:8つのマスに達成するための要素を書く

手順3では、8つのマスに目標を達成するための要素を書きましょう。漠然と立てた目標を達成するために何が必要か考えましょう。 漠然と目標を立てましたが、その目標を達成するためには「何らかの要素」が必要です。その要素を周りの8マスに書き込みましょう。

手順4:8つの要素を中心にして更にマスを作る

初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング