IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アパレルへの志望動機の書き方と例文|新卒/転職/未経験

書類選考・ES

この記事ではアパレルの志望動機について見ていきます。、アパレルの仕事に興味はあるけど志望動機の書き方に迷っている人もいると思います。そんな人はもちろんこれからアパレル業界へ就職を希望している人も一緒になってみていきましょう。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

アパレル業界とは

そもそも、アパレル業界とはいったいどのような業界なのでしょうか。 アパレル業界は、主に、服のデザインや製造、販売、物流などに取り扱う業界です。デザインや製造を行うアパレルメーカーと、出来上がった商品の販売を手掛けるショップを運営する企業が中心です。 最近では衣料品やアイテムの企画、デザイン、製造、販売までを一貫して行う製造小売業の企業も増えてきているようです。

アパレル業界で求められる志望動機

そんな業界の中で、いったいどのような分野を志望するのか。デザインを手掛ける企業、製造を担う企業、ショップ運営によるアパレル関連製品の販売企業。志望動機を作っていく過程においても業界内も何に関わりたいのかを明確にしていく作業も大切でしょう。 進みたい方向を確かなものにしてからでなければ、志望動機はどこにでもありがちな内容となり、抽象的で思いが伝わらなくなってしまい印象が薄くなってしまうと考えられるからです。

アパレル志望動機書き方のポイント

接客が得意、売り上げ貢献ができることをアピール

アパレル業界では、営業はもちろん、デザインや企画部門といった場所でも接客経験があると有利といわれています。なぜならばどのような物が実際の店頭では売れ筋となりやすいのか、何が求められるのか見当がつく方が仕事が進めやすいためのようです。 この際に実績があれば具体例をあげた方が、有利になります。販売職の経験者であれば、単に販売や接客が好きというだけでなく、お店の売上に結びつくような達成感など意欲を明記すると経験と相まって説得力が出ます。

企業やブランドに対する興味や理解度をアピール

アパレル企業の製品に詳しく、売り場や客層、デザイン傾向の理解が高ければ、即戦力になりやすいでしょう。 また、アパレル企業の上層部はクリエイティブな感性や芸術性を持っている人が多いため、単にファッションが好き、ブランドが好きと言うよりは、どうして好きなのかを表現できる人に関心を持ちやすい傾向があることを考慮しておいたほうが良いでしょう。 ファッションは歴史的に、色や柄、形といったことに意味を持つものが多く、とても奥の深い世界といえるでしょう。あらかじめその年や次のシーズン傾向を調べておくことで、志望動機を書く際の興味をひくポイントになりやすくなります。

経験者の志望動機の例文

デザイン企画の経験者の場合

私は、これまではどちらかと言うと量販向けの製品に携わってきました。売れ筋を抑える必要がある仕事内容でしたが、コストや購買層から、自分が納得できる物作りに携われなかったため、今回応募致しました。 貴社の製品は、色や柄が他社の製品に比べ芸術性が高く、時代を経ても変わらない価値観を持っているところが魅力的だと感じています。前社での商品作りの経験が、少しでも活かせればと思います。

販売職経験者の場合

私は、百貨店において販売職従事の経験があります。日ごろ貴社のショップで商品を拝見したり購入したりしていたので貴社の持つブランドの価値観に共感しています。 この度、貴社の新規店舗がショッピングモールでオープンされ、そこでの新規求人募集広告を見てあこがれの貴社で勤めることができるかもしれないと思い志望いたしました。 これまでも目標を持ち販売の仕事に就いておりましたが、貴社が募集されている求人広告の対象となる店舗では貴社の新規店舗出店とあって来客数も多いため、積極的に接客して売上目標を更新していくようなやりがいを感じられると考えています。 最終的にご購入いただいた方にご購入したことを喜んでいただき、またご来店いただけるような販売ができると思いました。 貴社においての将来的な展望としては、単に全色で経験した販売だけではなく、常に次のステップアップとなるようなスキルの基本を身につけるよう日々の業務従事の中にあって、自己研鑽に励みこれを良しとしながら職務に勤めたいと考えております。

新卒や転職の志望動機の例文

カジュアルブランド経験者の場合

カジュアルブランドにてショップスタッフをしておりました。 接客販売、商品管理などの店舗業務全般の経験があり貴社に勤める際にはこの経験を生かし、職務に中りながらも貴社での独自のノウハウを吸収しいち早く戦力として感情に入れて頂けるように努めたいと考えております。 以前から貴社ブランドのファンであり、願わくば貴社にてショップスタッフとして業務に携わりたいと以前より思っており、今回の求人募集広告を拝見し応募させていただきました。

アパレル職未経験の場合

アパレル販売職はまだ未経験ですが、御社のショップを普段から利用していたこともあり、商品構成は良く存じているつもりです。 お店の方からは、自分の探している物をよく言いあてられるようにお勧めされ感心することがあり、常日頃自分もアパレル品を販売してみたいと思いはじめるようになりました。新製品が到着したら、また来客していただけるような、接客を心掛けたく思います。

アルバイト経験がある場合

学生時代は、学校で学ぶファッションデザインとは別に、アルバイトとしてファッションビルのショップで販売職を経験しております。 その際アルバイト先近くの御社の店舗を拝見し、興味を持ちました。アパレル品に限らず、服飾小物、バンダナ1枚においてもこだわった物作りに共感し、ぜひ自分もこのような仕事の機会を得たく思い志望致しました。

アパレル志望動機の総括

いかがでしたでしょうか。 一口にアパレルと言っても自分はレジをする店員さんを見てかっこいいやおしゃれと思って志望したのか、きびきびと動く姿に感銘を受けたのかによって志望動機は当然ながら変わってきます。 しかし、本質的には接客業であるアパレルを志望するわけですから、真心を込めて接客することができるであるとか、未経験ながらに頑張ってくらいついていきたいと思っているならそれを素直に吐き出すだけでずいぶんと印象は違うでしょう。 変に回りくどい言い方をしたりするのは人柄などに依るかと思いますが、人のお洒落をこーディナーとする立場になろうかとしているのですから、まずは自分の色を見分けることから始めるべきでしょう。 また、志望動機には、文字数の規定が設けられていることもあります。限られた中で相手に強い志望動機を伝え、できるだけ具体的なエピソードを盛り込みながら、志望動機を作成すると良いでしょう。こういった様々なことを一つ一つでいいので積み上げていくとその作業を通じて人からの印象や受け取られ方といったいわば自分を俯瞰的にみることができるでしょう。 そうすることで、もし、念願かなってアパレル業界で勤め始める時にも必ず求められる視点ですので、志望動機を練り上げる作業を疎かにしてはいけないでしょう。何より、自分の色がわかっていない人に商品をおススメされて買いたいと思う人がいるのでしょうか。 この店員は自分のことを理解して商品を進めてくれると思われることも肝要でしょう。志望動機を作り上げるという事は自分を第三者の視点で評価し、自分の悪いところ逆にいいところを見出していく作業です。 ここをおろそかに自分の色を見いだせなかった人が万が一採用されたとしてもお客さんや職場ので評価は決して高くならないのではないでしょうか。この点については一考の余地はあるでしょう。こういった事情を踏まえたうえで自身の志望動機のとっかかりにしてみたり志望動機を考える際の参考にしてみてはいかがでしょうか。 採用者は最初から即戦力ばかりを求めているとは限りませんので、自分自身が身系ケインだからと言って臆することはないのです。 ですから、志望動機を練り上げた後も変に不安視せずに前向きに面接に臨むことで、面接者に明るく接客やアパレル業界にふさわしいと思ってもらえる可能性はぐんと高まるのではないでしょうか。志望動機も重要ですが、最後は人柄だということを忘れずに望んでみてください。

アパレル業界に転職しよう!

未経験であっても学歴に自信がなくても、特別な資格がなくてもアパレル店員としてのキャリアをスタートさせることができます。その上、アパレル業界は福利厚生に関してもきちんと待遇されています。年に2回の賞与や社会保険完備など、好きなことを仕事にしながらも保証がきちんとあれば安心です。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング