IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己研鑽の意味と読み方・使い方と例文・類語と似た表現

言葉・雑学・歴史

自己研鑽というのは、自身を鍛えて学問などの特定の分野のスキルを高め、究めることを言います。この記事では自己研鑽の意味と読み方、使い方と例文を紹介しています。少し難しい漢字ですが、例を参考にして使い方をマスターしましょう。

更新日時:

自己研鑽の意味

自己研鑽の意味は、自分自身を鍛えて磨きをかけること、学問や研究を深く究めることなどになります。

自己研鑽と自己研鑚の違い

自己研鑽と自己研鑚、読み方や意味はまったく同じです。「鑽」と「鑚」、なにが違うのでしょう。同じ読み、同じ意味なのに二つの漢字があるのは、以前は「研鑽」としていたのが「研鑚」という表記でもよくなったからです。

自己研鑽の読み方

自己研鑽は「じこけんさん」と読みます。

自己研鑽の使い方例文

・料理が上手になるよう毎日「自己研鑽」している ・プログラミング技術を上げる「自己研鑽」を怠らない ・まずは専門領域の「自己研鑽」を積んでいくべきだ

自己研鑽の類語・似た言葉

自分自身を鍛えて磨きをかけること、学問や研究を深く究めることという自己研鑽と似た言葉、類語としては次のようなものがあります。 ・自己啓発 ・自己変革 ・自己改善 ・自己実現 ・自己発展 ・自己成長 ・自己練磨

自己研鑽を行うポイント4つ

多くの人たちが自己研鑽をしていますが、効果的に取組むために気を付けことは何でしょうか。若く、早い段階から取組めば効果が高まることはもちろんのことですが、取組む姿勢や心構えによっても効果は異なってくるものです。 ●基本を大切にする 自分が磨こうとしている専門分野を見極めて、その基本のところをしっかりマスターすること ●目的を忘れない 「自分がどのようになりたいのか?」ということから決めた目的、目標を忘れないようにしましょう。 ●失敗から学び、成功するまで続ける 何かに失敗したときは、なぜ失敗したかの原因を明確にするようにしましょう。 ●自分を疑い、他人を否定しない 自分は間違っているかもしれない、と疑いの気持ちを持つことで、新しい情報を取り入れられるようにすることが大切です。

自己研鑽でスキルを磨こう、意識の改革も

自己研鑽は自分自身を鍛えて磨き上げること。取組む意識、心構えのモチベーションを高める、自己啓発を併用して相乗効果が得られれば、より大きな効果、成長につながることになるでしょう。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング