IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己研鑽の意味と読み方・使い方と例文・類語と似た表現

初回公開日:2017年04月02日

更新日:2020年06月12日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

自己研鑽というのは、自身を鍛えて学問などの特定の分野のスキルを高め、究めることを言います。この記事では自己研鑽の意味と読み方、使い方と例文を紹介しています。少し難しい漢字ですが、例を参考にして使い方をマスターしましょう。

自己研鑽の意味

自己研鑽の意味は、自分自身を鍛えて磨きをかけること、学問や研究を深く究めることなどになります。

自己研鑽の読み方

自己研鑽は「じこけんさん」と読みます。

自己研鑽の使い方例文

・料理が上手になるよう毎日「自己研鑽」している ・プログラミング技術を上げる「自己研鑽」を怠らない ・まずは専門領域の「自己研鑽」を積んでいくべきだ

自己研鑽の類語・似た言葉

自分自身を鍛えて磨きをかけること、学問や研究を深く究めることという自己研鑽と似た言葉、類語としては次のようなものがあります。 ・自己啓発 ・自己変革 ・自己改善 ・自己実現 ・自己発展 ・自己成長 ・自己練磨

自己研鑽を行うポイント4つ

多くの人たちが自己研鑽をしていますが、効果的に取組むために気を付けことは何でしょうか。若く、早い段階から取組めば効果が高まることはもちろんのことですが、取組む姿勢や心構えによっても効果は異なってくるものです。 ●基本を大切にする 自分が磨こうとしている専門分野を見極めて、その基本のところをしっかりマスターすること ●目的を忘れない 「自分がどのようになりたいのか?」ということから決めた目的、目標を忘れないようにしましょう。 ●失敗から学び、成功するまで続ける 何かに失敗したときは、なぜ失敗したかの原因を明確にするようにしましょう。 ●自分を疑い、他人を否定しない 自分は間違っているかもしれない、と疑いの気持ちを持つことで、新しい情報を取り入れられるようにすることが大切です。

自己研鑽でスキルを磨こう、意識の改革も

自己研鑽は自分自身を鍛えて磨き上げること。取組む意識、心構えのモチベーションを高める、自己啓発を併用して相乗効果が得られれば、より大きな効果、成長につながることになるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング