IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

カーデザイナーの年収/仕事内容/資格|なるにはどうする?

職種研究

皆さんの中では、車が好きな方も多いかと思いますが、カーデザイナーについてご存じですか?今回はカーデザイナーの具体的な仕事内容や資格は必要なのか、給料について、またカーデザイナーの勉強ができる専門学校・大学をご紹介します。

更新日時:

カーデザイナーとは?

カーデザイナー(Car Designer)とは、その言葉通りに、自動車のデザインをおこなう人のことを指します。 自動車だけではなく、乗り物全般を指す場合も多く、カーデザイナーのなかでも、モータースポーツや自動車のレースなどで使う、レーシングカーを作る技術者や、その責任者を「レーシングカーデザイナー」と呼ぶこともあります。

カーデザイナーの仕事内容って?

カーデザイナーは、新しく自動車を作り上げるため、デザインをする職業です。外観やボディ、内装などは分業でデザインされることが数多く、二輪車(オートバイ)をデザインすることもあります。 この職業は、工業系のデザイナーの仕事においても、いちおう「花形」といわれてはいますが、自動車のメーカーやカーデザイナーの事務所で、採用される人数は実はそれほどは多くはありません。

どのように業務は分業されるのでしょう

外観やボディは、「エクステリアデザイナー」という名称の人がデザインをおこない、内装は「インテリアデザイナー」がおこないます。 そのほかにも、カラーデザイナーやクレイモデラー(工業用の粘土を使って、デザイナーが思い浮かべたイメージを3D化にして、理想の形に近づけるという役割を負います)やデジタルモデラー・デジタルデザイナーもおり、全部をまとめ上げる仕事が、デザインディレクターやチーフデザイナーです。

カーデザイナーに必要な資格ってあるの?

カーデザイナーになるにあたって、特別に必要とする資格は、公的にも民間にもまだないのが実情です。アート系、または工学系の大学で、プロダクトデザインやインダストリアルデザインを幅広く勉強し、専門学校でカーデザインに特化したカリキュラムで学習するのもいいでしょう。 あるいは、学生のうちに自動車メーカーで募集する、インターンに参加することだって可能です。しかし参加できる人数には制限があって、希望者が募集枠より多い場合は、学内ないし企業側でも選出がおこなわれます。見事採用された場合には、ポートフォリオ(自分の作品集)や小論文などを提出して、インターンとして勉強しながら、専門のスキルを身につけます。

カーデザイナーに向いている人って?

やはりカーデザイナーといいますと、「自動車の設計図を作成する」というような印象を持つ方が多いと思いますが、3次元のCADによって、自動車の設計図は自動的に作成することが可能なのです。 しかしながらスケッチは、最後はパソコンで完成させるとしても、手書きというのが、その基本にあります。もちろん日々進化していく、パソコンのソフトを上手に使いこなせる能力も、必要ではありますが、多くの車のデザインのスケッチを手がけなくては、カーデザイナーとして、仕事をすることはむずかしいです。

絵を描くのが好きな人、デザインに興味がある人に適性が

絵を描くのが好きな人・上手な人、デザインに関心が強い人が、このカーデザイナーという職業に向いているといえるでしょうね。 細かいマーケティングや、長い期間にわたる打ち合わせ、チェックする作業も必要なので、つねにトレンドに敏感で好奇心が旺盛、データ分析力があり、視野を幅広く持ち、長期的に見られる人が適性があるといっていいでしょう。

カーデザイナーの給料・年収について

どんな職種でも、正直気になるところが「お金」の面ですよね?カーデザイナーの給与面は、いったいどのようになっているのでしょうか?

カーデザイナーは、正社員で勤務する人がほとんど

カーデザイナーは、独立してフリーランスではたらく人は、それほど多くはありません。正社員として、一企業に勤務する人がほとんどであり、自動車メーカーの企業の初任給は、会社によってもことなりますが、20万円強と考えていいでしょう。デザイン事務所ならば、18万円程度と考えていいのではないでしょうか? 勤務する場所によっても、給料に格差は出てきますが、自動車のメーカーの場合、平均年収700万円~800万円であり、デザイン事務所は、平均年収300万円~600万円となるでしょう。 自動車メーカーでも、その才能が高く評価された人や、フリーランスで活動している有名なカーデザイナーなら、中にはなんと年収が数千万円を超える人もいるようです。実力・才能に応じて、もらえるお金にも差が出てくる業界ともいえますね。

カーデザイナーを多く輩出している学校

さきほど、カーデザイナーには特別な資格は必要ないというお話をしましたが、カーデザイナーを数多く輩出している優秀な学校があります。参考までに、どんな学校があるのかご紹介しますね。

千葉大学工学部「デザイン学科」

生活文化と深く関連しながら、技術とサイエンスがバックボーンとなっている、芸術性と人間性が豊かな、デザインの在り方をめざした教育と研究をおこなっている学科です。卒業生たちは、自動車や精密機械、家電製品、家具などの製造業、あるいは、情報産業などで企画・設計・開発を実施するデザイナーとして活躍しています。全国のデザイナー系の大学にてデザインの研究者としても頭角をあらわしていますよ。

九州大学芸術工学部「工業設計学科」

本学の工業設計学科は、理想的なアイテムや生活環境を計画・設計する学科です。 工学や科学・感性という観点に立ち、「もの」「こと」「空間」のデザインを考えることで、のぞましい生活や社会のよりよい構築に貢献する、エンジニア・プランナーなども入れた、広い意味でのデザイナーの育成をめざしています。

筑波大学芸術専門学群「プロダクトデザイン領域」

人とものとの関係性を考える「形態論」「ユニバーサルデザイン論」や、人間と機械との適合性を学習する「人間工学」「認知科学」などを本学では学習します。 総合大学というメリットも最大限に活用し、人文科学・自然科学・情報科学などの方法を、統合して活用するデザインのカリキュラムも用意されていますよ。

武蔵野美術大学造形学部「工芸工業デザイン学科」

こちらの学科では、「クラフト」「インテリア」「インダストリアル」という3つのコースがあります。人間がここちよい生活を送るためには、どんなデザインがよいのか?を知るために感性や知識、問題意識を養う学科です。

これまでは、大学をご紹介してきましたが、次にカーデザイナーとしての基礎知識を学習できる専門学校を、いくつかご紹介しましょう。

TCA 東京コミュニケーションアート専門学校「TCA自動車デザイン科」

開校以来、350名以上の卒業生が、大手の自動車メーカー(トヨタやホンダなど)のデザイン部門に見事就職を果たしたという名門校です。 「好きを仕事に」をモットーにし、オリジナルの教育をおこない、自動車デザイン科は4年の月日をかけ、高いスキルを身につけ、クリエイティブな人材を育成することを目的にしています。

HAL東京「カーデザイン学科」

カーデザインのプロである経験豊富な教師による講義を受けられ、ホンダの四輪のデザイン開発・松橋剛氏など、超一流の人物から直接手ほどきを受けることもできます。 カーデザインの本場ともいえる、ヨーロッパのHALパリ校とも連携してカリキュラムを組み、CADソフト・クレイモデルを使っての実践もおこないます。

東京デザイナー学院「プロダクトデザイン科」

ゼロからプロダクト(製品)のデザインについて学びますので、まったくの初心者でも安心です。企画・立案(アイデア出し)・制作・販売、すべてのことを勉強でき、企業とのコラボレーションもあり、プロと一切同じ工程で実践を踏んで学べます。 ものづくりの工房も、ありとあらゆる設備がそろっており、授業~放課後の自主制作まで、自分がデザインしたものはすべて、自由に作ることができる環境がバッチリととのっていますよ。

車が好きな人、デザインが好きな人に適職

バブル経済期に比べますと、カーデザイナーの人気は一段落し、その時期よりは正直希望者が殺到している職業でもありません。とはいえ、カーデザイナーを志望する人は多いですし、競争率が高い仕事ではあります。 斬新なアイデアを思いつき、ヒットする車を創造できるカーデザイナーは、ごくわずかではありますが、電気自動車・ハイブリッド自動車などの躍進もいちじるしい昨今ですから、未来を視野に入れて、美しく実用的なデザインをする人が求められているのも事実です。 自動車を愛してやまない人、自動車のデザインに関心がある人は、目指してみるべき仕事だといえるでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング