IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事をスピードアップする方法|仕事のスピードが遅い人の対処法

更新日:2020年03月06日

仕事

この記事では、仕事のスピード感について関係することを紹介していきます。仕事をスピードアップする方法や仕事のスピードが遅い人の対処法についても取り上げていきます。そして、仕事のスピードに関する本についても紹介していきます。

仕事のスピード感

この記事では、仕事のスピード感について関係するさまざまなことを紹介していきます。仕事のスピード感とは一体なんなのか、そして仕事をスピードアップする方法についても取り上げていきます。仕事のスピードが遅い人に対しては、どのようなアドバイス、対応をすればよいのでしょうか。そして、最後には、仕事のスピードに関する本についても紹介していきます。

仕事のスピード感とは

そもそも、仕事のスピード感とは一体何なのでしょうか。仕事のスピード感とは、いかに仕事を早く終わらせることができるのかということです。仕事をダラダラやっている人はいつになっても評価されません。多くの仕事を裁かなければならない時代において、仕事をたんたんとこなしていくことができる人は、確実に評価され、キャリアアップにもつながるでしょう。タイム・イズ・マネーです。仕事を早くこなせる人が、多くのお金を生み出すことができ、仕事に時間がかかる人は、多くのお金を生み出すことが出来ないでしょう。コンピューターやスマートフォンが普及しているIT社会であるからこそ、仕事にスピード感が求められています。

仕事のスピード感は以下の3つに分けられます。

仕事のスピード感:仕事が速い

仕事が速いとは、事務処理、書類の整理など、頭を使わなくて良い単純作業において、淡々とこなしていくことができることを表します。いわゆるルーチンワークは、いかに早く数をこなすことができるかという点が、評価の基準になっています。その仕事を行う人によって、大きなクオリティの差が出る仕事ではないため、いかに早く、大量にこなすことができるのかが重要です。仕事が早い人は、単純作業を素早く終わらせて、より脳を使う仕事に時間を多く回します。これが結果的に仕事の早い人と、遅い人の大きな差になってくるでしょう。

仕事のスピード感:決断が速い

決断が速いのは、仕事の速さに直結します。ダラダラと決断を先延ばしにしている人、いつまで経っても決断をすることが出来ない人は、仕事が遅い人と周囲から思われてしまうでしょう。素早く決断することができる人は、その分作業に多くの時間を割くことが出来ます。決断が遅い人は、ゆっくりと決断した後、決断に時間を取られた分、限られた時間内で作業をしなければなりません。そのため、決断が早い人のほうが、実際の仕事のクオリティが高くなり、決断が遅い人の仕事のクオリティは低くなってしまうこともあるでしょう。慎重な判断が要求される事案もありますが、基本的には素早く決断することは、周りから評価される一因になることは間違いないでしょう。

仕事のスピード感:変化に素早く対応できる

仕事をしている上で、変化というものは多々起きるでしょう。その変化に素早く対応することができるのも、仕事が速い人の特徴であるといえるでしょう。今取り組んでいる仕事の方針を今までと180度変えなければならないような指示が来ることもあるでしょう。そういった場合にも、焦らず冷静に対応できるのかどうか、ということも、仕事のスピード感が速いのかどうかということにつながるでしょう。グローバル化が進み以前に比べ、多くの変化に見舞われる時代です。仕事においても、変化に素早く対応できる人材が求められており、評価につながる要因でしょう。変化に素早く対応できるのも、仕事のスピード感といえます。

仕事をスピードアップする方法

仕事のスピード感とは一体どのようなものなのかについては紹介しました。仕事のスピード感とは、「仕事が速い」、「決断が速い」、「変化に素早く対応できる」という三点であるということも紹介しました。では、仕事をスピードアップするには、どのようなことをすればよいのでしょうか。仕事のスピードを上げる方法について紹介していきます。

TODOリストを明確する

TODOリストを明確にするのは、仕事のスピード感を上げる上で必須になってくるでしょう。仕事にスピード感がある人は、自分が今何に取り組むべきで、何を後回しにするべきなのかを正確に理解しています。仕事にスピード感がある人はそれぞれ独自のTODO管理法があるはずです。今現在、自分に仕事のスピード感があると感じていない人は、TODOリストの作成を明確にするのがよいでしょう。TODOリストの作成には多くの方法がありますが、おすすめなのは、アプリを使ってTODOリストを作成すること。おすすめのアプリを以下から参照してみてください。

スケジュール管理をしっかりとする

初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング