IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「担当者」の英語表現・担当者の敬称は様?御中?

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

日本語でよく使う「担当者」ですが、英語だとどういえばよいのでしょうか?今回はちょっと迷う、英語での担当者の表現についてご紹介します。また担当者様・担当者御中はどちらが合っているのか?担当者会議の進め方についてもお話しします。

担当者って英語でなんていうの?

お仕事で英語を使うチャンスのある方もいると思います。日本語ではごくふつうに使っていても、英語だとどういう表現になるんだろう?って結構わからないことも多いですよね。ビジネス英語として、よく使うことのある「担当者」ですが、英語だとどういえばよいのでしょうか?

ネイティブの人がよく使う担当者の呼び方って?

ではネイティブで英語をしゃべる方がよく使うフレーズを、いくつかご紹介していきましょう。

person in charge

パーソン・イン・チャージと読みますが、ごく一般的に使われる表現です。「チャージ」というと料金の意味もありますが、そのほかには「責任」「担当」という意味もありますので、責任のある人、担当者に当てはまります。

contact person

こちらは「コンタクト・パーソン」と読みます。最初にご紹介した「person in charge」とちがっているのは、連絡する担当者という意味が強くなる点です。「コンタクト」は、日本語でも"コンタクトをとる"などとふつうに使いますよね? つまりビジネスでは「橋渡しをする役」ということで使われる表現です。

leader

リーダーは日本語でもよく使いますね。プロジェクトのリーダーという意味でもあり、チームリーダーという意味での担当者の表現です。

responsible person

レスポンシブル・パーソン、直訳すると「責任のある人」ということになります。そのほか、部署別に担当者のいい方は変えることもできますよ。

部署別でちがう!担当者の表現

営業の担当者

sales representative(営業責任者)・sales person(営業部職員)などがこれに当たります。 なお、 representativeは有数に立つ人、権限を持つ人という意味合いもあり、personは係・スタッフという意味があるので、その人のおかれているポストによって、表現を変える必要も出てくるでしょう。

人事の担当者

初回公開日:2017年03月30日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング