IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

寄せ書き例文・相手/シーン別祝電例文|退職/異動など

初回公開日:2017年03月30日

更新日:2020年11月12日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ライフスタイル

寄せ書きとは卒業する人や退職する人などに書かれるものです。みなさんは「寄せ書き」についてどういう風に書いていますでしょうか?この記事は寄せ書きについて各シーン別に例文とともに説明してきます。寄せ書きを書く時にはぜひ寄せ書き例文を参考にしてみてください。

寄せ書きってどういう風に書くの?

寄せ書きってどういう風に書くの?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

寄せ書きとは学校を卒業する先輩や退職する上司など様々なシーンで書かれていますよね。あなたももらったことはあるのではないでしょうか?寄せ書きをもらったらとても嬉しい気持ちになりますよね。 この記事は寄せ書きにどんなことを書いていいのかわからない方のために各シーンごとに例文と一緒に説明してきます。ぜひ参考にしてみてください。 早速、説明していきたいところですが、まずはこの記事にたどり着いたあなたのように「寄せ書きの書き方」について悩んでいる方の声や気持ちを紹介していきたいと思います。きっとあなたも共感できることと思います。 ~寄せ書きについて悩んでいる方の声や気持ち~ ・「3月に部活の先輩が卒業してしまうため、後輩皆で寄せ書きを書くことになったのですが、「卒業おめでとうございます。」だけじゃ何か物足りないしつまらないと思うので、つけ足せる言葉が何かあれば知りたいです。」 ・「長年お世話になった先生が教師を辞めることを耳にしたので先生にお世話になった人を中心に寄せ書きを書いているのですが、どういう風に書いたらいいのか困っています。」 ・「上司がうちの会社を退職することが決まり、事務の人が寄せ書きを書こうと提案があったので寄せ書きを書くのですが、目の前に色紙を用意してみると何を書いたらいいのか悩んでしまっています。例文などがあれば参考にしたいです。」 ・「寄せ書きを今度書くことになったのですが、その方とあんまり関わったこともなくて一言だけしか書けないのですが、何かプラスして書けることがあれば教えてほしいです。」 このように寄せ書きについて困っていたり悩んでいる方はたくさんいます。あなたは共感できる声や気持ちはありましたか?それでは「寄せ書き」について詳しく説明していきたいと思います。最後までお付き合いください。

寄せ書きの書き方

寄せ書きの書き方
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

では寄せ書きについて詳しく説明していきます。まず最初に寄せ書きの書き方についてコツやどういう風に書いたらいいのか説明していきたいと思います。更に寄せ書き以外にも+αで紹介したいこともあるのでぜひ最後までご拝読ください。

寄せ書きの書き方

寄せ書きの書き方
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

寄せ書きの書き方のコツは、文章を2つや3つに分けることです。先輩などが卒業する場面では、「ご卒業おめでとうございます。」この文のあとに、お世話になった話や思い出に残っていることなどを書いていくこともいいと思います。 その後に更に付け足したい時は、お世話になった話や思い出話から学んだことを書くのもいいと思います。また、「卒業後も頑張ってください。」というような気持を文にするのも方法のひとつです。 退職する人への寄せ書きも同じような文章の作り方で書いていくことも出来ます。 「お疲れ様でした。」と一言書いたら、「お世話になった話」、「勉強になった話」など実際にあったことを書いたり、「新しい職場での活躍」について書くのもいいと思います。 これが寄せ書きを書くにあたるコツや書き方です。では相手別に寄せ書きの例文を見ていきましょう。

相手別寄せ書き例文

相手別寄せ書き例文
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

では相手別に寄せ書きの例文を見ていきましょう。

部活の先輩への寄せ書き例文

~部活の先輩への寄せ書き例文~ ・「ご卒業おめでとうございます。先輩の技術はとても尊敬していました。私はその技術を真似て日々頑張っていきます。先輩の新天地でのご活躍を願っています。」 ・「ご卒業おめでとうございます。先輩にはとても仲良くさせていただきました。そんな先輩がいなくなるのは寂しいですが私も頑張りますので、先輩も頑張ってください!」 ・「ご卒業おめでとうございます。先輩はいつもチームの皆を引っ張ってくださってとても大変な思いをしたと思います。私も先輩がしてきたことを見習って頑張ります。」 ・「ご卒業おめでとうございます。先輩に技術のコツを教えてもらいとても助かりました。今では先輩のおかげでここまでできるようになりました。とても感謝しています。今まで本当にありがとうございました。」

上司への寄せ書き例文

~上司への寄せ書き例文~ ・「長年の勤務お疲れ様でした。叱る時や褒める時のメリハリがしっかりできている所をいつも尊敬していました。今までとてもお世話になりました。次の職場でのご活躍を願っています。」 ・「永年勤続、お疲れ様でした。私はまだまだ未熟者ですが○○さんが行ってきたことを引き継いで行っていくつもりです。新天地でも頑張ってください。」 ・「今まで本当にお世話になりました。○○さんの企画の進め方や仕事の取組み方は○○さんにしかできないくらいすごいなと思っていました。次の職場でもその力をぜひ発揮してください。」 ・「今まで本当にお疲れ様でした。○○さんは少し頑張りすぎてしまう所があると思うので体調には十分気を付けてください。今までありがとうございました。」

先生への寄せ書き例文

~先生への寄せ書き例文~ ・「○○先生にはとてもお世話になりました。あの時の指導のおかげで今の私がいると思います。本当に感謝しています。新天地でのご活躍期待しています。」 ・「長年の勤務お疲れ様でした。○○先生には○○の授業でとてもお世話になりました。とてもわかりやすくて授業も毎回楽しかったです。今まで本当にありがとうございました。」 ・「今までありがとうございました。○○先生に教わったことは一生忘れません。教わったことを常に心がけていきます。○○先生もお体には気を付けてください。本当にお疲れ様でした。」 ・「今までありがとうございました。○○先生がいなくなってしまうととても寂しいです。○○先生との思い出は大切にしていきます。次の学校でのご活躍を願っています。」

同僚や同期が退職・異動や転勤する時の寄せ書き例文

関連タグ

アクセスランキング