IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車掌の年収と仕事内容|車掌になるには・車掌のアナウンスの仕方

更新日:2020年08月14日

職種研究

誰もが乗ったことがある電車ですが、運転士はつねに一番前の運転席で運転しているため、乗客にとってもっとも身近な存在の車掌さん。駅のホームや電車内で見かけることが多いです。今回は車掌になるために必要なこと、車掌の仕事について紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

車掌の仕事内容

車掌とは

「車掌」というのは「車両を管掌する」という意味です。 電車の車掌は、電車の扉の開閉・改札・乗客の案内・切符の販売・ホームや車内の安全確認・電車の出発合図・車内放送などを行います。運転をする運転士と同時に乗務し、乗客の安全に配慮しながら電車の運行を補助します。最近ではあまり見かけなくなりましたが、バスの車内で切符を販売する車掌もいました。 車掌の業務内容は、世界各国でもほとんど共通していますが、ワンマン運転により、車掌が乗務しない電車も多くあります。

車掌の一日

電車は早朝の始発から深夜の終電まで走っているため、車掌の勤務時間はシフト制です。 基本的な一日の流れは、出社して制服に着替える(通勤途中の制服の着用はできません)→点呼→スケジュールと時計の確認→乗務→引き継ぎ→点呼→着替えて帰宅 という流れになります。当然ながら、遅刻は厳禁です。 乗務中は、勤務時間中ずっと電車が走っているわけではないので、運行にあわせて、トイレや休憩、食事などをとります。電車の運行は厳密な時間管理をされているので、乗務員も合わせて秒単位での行動が求められます。そのため、乗務員が持っている時計は、毎日正確な時間を確認し、数秒の遅れも修正するほど綿密な調整がされています。ほとんどの乗務員はデジタル時計ではなく、アナログ時計を持っていることが多く、その理由としては、数秒の間隔が一瞬でイメージできるから、ということのようです。また、腕時計ではなく、懐中時計の愛好者も多いようです。 また、車掌というと、乗客がいる電車に乗っているイメージがありますが、実は回送車に乗務することもあります。ワンマン運転の電車があるぐらいですから、必ずしも車掌が同乗しなければならない、というわけではないのですが、非常時には後続列車に異常を知らせるなどの後方防護が重要になって来ます。その他、ホーム通過中や通過後の線路やホームの安全確認も大切な仕事です。

車掌車の内部はどうなってる?

車掌車は、貨物列車に連結されている、車掌が乗務する貨車のことです。今ではほとんど見る事がありません。単独のひとつの車両になっており、かならず「ヨ」という記号がついていました。 車掌車は、石炭ストーブがついていたり、机といすが設置されていたりと、スペースは広かったものの、揺れが激しく隙間風が入るなど、造りはかなり簡素だったようです。 今ではほとんど見る事がなくなった車掌車ですが、そこに乗務する車掌は、機関士への出発合図・緊急停車した時の列車防護・後方監視が主な役目だったようです。また昔は非常ブレーキがついていなかったので、緊急停止のときには、車掌が手ブレーキで止めていました。

車掌になるには

学歴は関係ない

車掌になるには、高卒以上の学歴が求められますが、多くの人は高校卒業後にすぐ鉄道会社に就職しています。なかでも、工業高校や商業高校から入社する場合が多いようです。ただし、信号確認という重要な業務があるため、色覚が正常であり、矯正眼鏡視力が1.0以上であることが求められます。 まず最初に鉄道会社に入社して、駅員として改札などの乗客と接する仕事をしながら修養を積んだのち、1~2年すると、車掌登用試験を受けることができるようになります。この車掌登用試験には、学科試験と適性試験があり、それから教習があります。次に実習で先輩から実際の車掌業務を教わったのちに、実技の試験を受けて合格すれば、車掌として働くことができるようになります。

車掌のアナウンス

車掌のアナウンスは日常の通勤・通学電車でおなじみですが、そのなかでも、「虹が出た」「富士山が綺麗に見える」などの観光案内をしたり、受験生に駅の出口の案内をしたり遅延理由をアナウンスしたりと、乗客にとっては親しみが持てるものが多いようです。多くはアナウンスをする車掌のオリジナルの場合も多く、なかには流暢な英語でアナウンスをする車掌もいるようです。 なじみ深い車掌のアナウンスだけに、ものまねをして遊ぶ人も多いものですが、あの独特のイントネーションは、研修で教えられるわけではなく、乗務していくうちに、あの口調にたどりつくようです。 その原因として考えられるのは、 ・多くの乗客がいて混雑していても聞こえるように、普通とは違った喋り方をしている ・感度が良いマイクだと周囲の雑音を拾ってしまうので、性能の低いマイクを使っており、高音がカットされてしまうから ・喉に負担をかけないようにすると、ああいう喋り方になる ・先輩の喋り方が踏襲される などの説があります。

車掌の制服の秘密

かっこいい帽子と制服

ここでは、車掌の制服と持ち物について紹介していきたいと思います。 まず制服制帽ですが、これは制服ですので、もちろん鉄道会社各社によって違いますが、ほとんどの鉄道会社では、制服を着て帽子をかぶることになっています。最近では女性の車掌も多くなりましたが、制服がスカートであることも珍しくありません。新幹線や特急になると、女性の制服に華やかなスカーフが加わったり、デザイン性の高いスタイリッシュな制服で、洗練された空間を演出しています。 一般的には夏服・冬服の2種類がありますが、冬の制服には重厚な濃い色の制服が多いいっぽう、夏の制服は涼やかな色のものが多く見受けられます。また、白手袋はどの鉄道会社でも着用しており、車掌が白手袋を着用する理由のひとつとしては、安全確認のため手を挙げたときに、遠方からでもはっきりと見えるように、ということが挙げられます。

こんなこだわりの制服も

JR東日本高崎支社のSLに乗務する車掌の制服は、実際に乗務する高崎運輸区の車掌が中心となって考案したデザインで、細部までこだわりを見せています。もともと男女共通のデザインだったのを、男女別のデザインにし、袖口の色は男性は緑、女性はえんじ色です。また、帽章やボタンはSLの動輪がモチーフというこだわりようで、夏場はクールビズで着用しませんが、ネクタイは群馬県の県花であるレンゲツツジの柄になっています。

次のページ:乗客と身近な車掌さん
初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング