IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定がもらえない人の特徴|内定がもらえないのによくある原因は?

就活の悩み・不安

就活をしていると、周囲の頑張っている人が、「内定がもらえない」などと嘆いている人はいませんか?内定がもらえない人には必ずどこかに特徴があります。今回は、そんな「内定がもらえない人」について詳しく解説していきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定がもらえない人の特徴

自己分析をしていない

就職活動が始まれば、最終的な目標は内定をもらうことになります。現代の日本では、就職氷河期という時代は終わり、比較的昔よりも就職しやすい時代になっています。企業側も人手不足を懸念して積極的に採用しているという世の中です。そこで、内定をもらえないという人もいるのです。そういう人に共通しているのは、やはり自己分析をしていないということでしょう。就職活動をする場合は、自己分析をしてから始めることになります。 しかし、自己分析を怠ってしまうと、自分がどの職種に適しているのかが不明確になってしまいます。当然、その状態で就職活動をしたとしても、あいまいなまま企業の面接を受けてしまい、内定をもらえないのです。自己分析をすれば、自分の適している職種が一目でわかりますし、自分自身を知ることができます。 就職活動で重要なことは、企業の内定をもらうこともそうですが、何よりも自分を客観視するということです。仮にも、自分が企業の面接官だった場合、自分自身が面接しに来た場合に採用するかということを考えるべきなのです。 自己分析をしていれば、自分のメリットとデメリットを理解していますから、適材適所が見つかるでしょう。 人見知りなのに、営業職に就こうと思っているのであれば、その時点で間違っているのです。

プライドが高すぎる

内定がもらえないという人の特徴は、やはりプライドが高すぎるということでしょう。内定をもらおうにも、プライドが高すぎて、ほかの企業と比べてしまうということです。泥臭く就職活動をしている学生は、どの企業でも対等の目線で面接を受けていることでしょう。そういう人に限って、すぐに内定をもらって就職活動を終えているのです。 プライドが高すぎるあまり、企業と比べてしまうのは仕方ないことですが、それが裏目に出てしまうのです。確かに、自分が面接して内定をもらおうとしている企業には優先度もあるでしょう。ですが、その優先度をつけるというのは、内定をもらってからつけるべきなのです。面接を受ける時点で、優先度をつけてしまっていては、本当にいい企業を見落としている可能性もあるわけです。プライドが高いと、自分を上に見てしまいますから、不採用になった場合は見下してしまうでしょう。 その性格こそが、内定をもらえない特徴なのです。不採用になったからと言って、一憂しているのではなく、なぜ不採用になったかを考えるべきなのです。それすらもできない人が、企業の面接を受けたからと言って、内定をもらえるわけがありません。

内定がもらえないのによくある原因

企業にとってタブーのことを話してしまう

内定がもらえない原因には様々なことがありますが、やはり企業にとってタブーなことを口走ってしまうとマイナスイメージになります。例えば、競合他社の名前を出してしまったり、別の会社をほめてしまったりすることです。 就職活動をするうえで、就活塾などで、企業をほめることが内定の第一歩と教えられることがあるでしょう。単純にこれは、企業の悪口を言ってしまったら、自分自身の評価を下げてしまうことになるからです。しかし、それを鵜呑みにしてしまった場合、競合他社まで褒めてしまうことになるのです。確かに褒めることも重要ですが、ほめるべき相手は、自分が受けている企業です。 企業に対して不利益になることもそうですが、聞かれてはいけないことも中にはあるということです。

面接時にボロが出てしまう

内定がもらえないと思ってる人は、面接のときにボロが出てしまっている可能性があります。ここでのボロというのは、実際にしていないのに嘘をついて面接に臨むことです。 これは、就職活動でよくある話ですが、無知なまま就職活動を進めていると生じてしまいます。 WEB広告の会社に面接しに行ったといて、大して知識もないのにWEB広告について知っていると履歴書に書いたとします。面接の際には、それについて聞かれることがあるでしょう。WEB広告について勉強していた経験もそうですが、詳しい知識なども聞かれることもあるでしょう。しかし、そうなったときに知識を有していないと、会話が成立しないということになるのです。相手は、知識があるという上で話しかけてきてるのに、知らなかったらそれはウソになってしまいます。内定をもらえないと思っている人は、何か自分で墓穴を掘っている可能性があるので、気を付けるべきなのです。

内定をもらえないまま卒業するとどうなる?

既卒扱いになり就職活動を続ける人もいる

内定をもらえないまま、卒業してしまうという人は、日本には大勢存在します。中には、そういう人を就職浪人と呼ぶこともあります。しかし、内定をもらえない人でも、既卒扱いになり、就職活動は継続できるのです。中には、既卒の人を対象にした就活サイトも存在するほどです。仮にも、内定を在学中にもらえないという人がいたとしても、まだ可能性はあるということです。ですが、これは時期によって異なってきます。 仮にも、4月の時点で面接を受ける場合と、10月の時点で面接を受ける場合は大きく異なります。当然早いほうが採用されやすいですし、自身で空白の時間を作ってしまうのです。 履歴書の欄に空白を作ってしまうことこそご法度なので、気を付けるべきです。 善は急げという言葉がありますから、何事も行動を移すべきだということです。

あきらめて別の道に進む人も

内定をもらえないまま卒業してしまった人は、別の道に進むという人も少なくありません。代表例として、資格の勉強をしたり、大学院に進んだりするということです。自分にとって有益な道に進むというのは、非常に重要なことといってもよいでしょう。ここで重要になってくるのは、空白の期間を作らないということです。 大学を卒業して、1年間何もしないよりも、何かに打ち込む姿勢が重要になってくるわけです。

内定をもらえない学生の共通点

人柄採用について否定的

内定をもらえない学生の共通点として、やはり人柄採用に否定的という人がいるでしょう。 よく、学生が言うのは、人柄で採用されていて実力を見てもらえないということです。いい大学を卒業しているのに、自分のポテンシャルを見ないまま不採用になっているということです。これは、ある種自分で自分のハードルを上げていることになり、首を絞めているのです。実力で採用されるというのは、専門職だけであり、総合職にそれを求めているのは間違った認識なのです。誰かと友達になった時のことを思い出せばよくわかるでしょう。友達になるにしても、遊んでいく内にその人の人となりを把握していきます。しかし、第一印象はやはり人柄になってきますし、実力やポテンシャルを知ろうと思ってもそれは友達になった後の話です。 企業に、実力を見せるシーンというのは、入社してからなのです。それを面接のときに見せようと思っても、到底無理な話であり、机上の空論でしかないのです。

努力をしようとしない

最も、内定をもらえない学生の共通点は、努力をしようとしないことです。よく内定をもらえないとつぶやいている学生がいますが、もらえないからこそ行動に移すべきなのです。もらえないと思っているのであれば、何らかのアクションを起こすのは自然の摂理でしょう。しかし、内定をもらえない学生は、それすらもしようとしないのです。 一つの企業から不採用通知が来れば、その時点で終了して、次の企業面接を受けようとします。勉強で例えるなら、間違えた問題を放置して、次の問題に進むということです。同じような状況に陥ってしまった場合、企業は就活生を不採用にしますし、問題も解けないことでしょう。重要なのは、企業に対して向き合って、努力をするということなのです。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

エージェントに相談するもの大きな一歩

「どう書けば良いのか」「本当にこれで大丈夫なのか」など多くの悩みを持っていると思います。 そんな時は思い切って人材エージェントに相談するのも手でしょう。 無料で利用できるサービスが多く、あなたの不安を解消してくれるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング