IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新入社員の有給休暇日数・入社後いつから取得可能?

社会人常識

新入社員として働きだすと覚えることも多く忙しい毎日を送る事でしょう。しかし、休むことも働くうえで大切な事だと考える新入社員も増えてきています。会社を休むために有給休暇を使うという事はよくある話ですが有給休暇とは「いつから」「何日間」取得可能なのでしょうか?

更新日時:

新入社員の有給休暇の活用方法

新入社員の身分でいきなり有給休暇のことを考えるのは御法度だと考える企業も過去には多くありましたが、働き方改革と共に企業の「有給休暇」に対する考え方も変わってきているようです。「有給休暇なんて中小企業に勤めている自分には関係の無い話」と考える方も多くいますが有給休暇は新入社員が主張してはいけない事なのでしょうか。 新入社員が有給を使う為に、まずは制度について確認していきましょう。

有給休暇の制度解説

有給休暇(年次有給休暇)とは、労働者の休暇日のうち、使用者(雇用主)から賃金が支払われる有給の休暇日のことである。「年次」とある通り、1年ごとに毎年一定の日数が与えられる(国により与えられる最低日数は異なる)。有給休暇、年次休暇、年休、有休などといわれることが多い。

ポイント1 ー有給休暇とは

有給休暇は、一定の期間勤続した労働者が心身の疲れをいやし、ゆとりのある生活をするために与えられる休暇のことで法律で定められているものです。この有給休暇を会社から付与されるためには条件が二つあります。 1.雇い入れの日から6カ月が経過していること 2.算定期間の8割以上を出勤していること 条件を満たすと、有給休暇が付与されます。最初に付与されるのは、雇い入れの日から6カ月が経過した時です。その後、1年が経過する度に所定の日数が付与されることになっています。この日数は、一般の労働者とパートタイム労働者では違います。短時間労働者の場合には、一般の労働者とは違い比例的に付与され、この仕組みを比例付与と言います。

■一般の労働者の場合の付与日数 雇入れの日から起算した勤続期間  付与される休暇の日数 6か月              10労働日 1年6か月            11労働日 2年6か月            12労働日 3年6か月            14労働日 4年6か月            16労働日 5年6か月            18労働日 6年6か月以上          20労働日

■パートタイム労働者の場合の付与日数 週所定   1年間の所定  雇入れ日から起算した継続勤務期間(単位:年) 労働日数  労働日数    0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上 4日    169日~216日  7  8  9  10  12  13  15 3日    121日~168日  5  6  6  8  9  10  11 2日    73日~120日   3  4  4  5  6  6  7 1日    48日~72日   1  2  2  2  3  3  3

ここでいうパートタイム労働者とは、週の所定労働時間が30時間未満かつ週の所定労働日数が4日以下もしくは年の所定労働日数が48日から216日までの労働者のことです。労働者に有給休暇を上手に利用させることは、労働者の心身を健全な状態に保ち、ひいては会社としての生産性を上げたり、労働災害の防止にもつながります。結果として、会社の経営にも良い影響を与えることになります。

ポイント2 ー有給休暇を取得する権利

労働者には有給休暇を自由に取得できる権利があります。基本的に理由の如何を問わず、好きな時に労働者が取得できます。でも、「明日、有給休暇を使いたい」といきなり請求する人が大勢いたら会社としての正常な業務に支障が生じることも考えられます。ですから、就業規則等で、例えば「3日前までに請求するように」など、有給休暇を取得する際の規定をしておくと安心です。

ポイント3 ー有給休暇の時季変更権

労働者からの有給休暇取得の請求は拒否できないとは分かっていても、時期によっては業務に支障をきたすこともあります。繁忙期等、人出が余分に欲しい時期の有給休暇取得は、業務の円滑な遂行に支障があり、また他の労働者の負担も増してしまいます。こうした場合、会社には時季変更権が認められています。

■時期変更権を行使できるケース 事業の正常な運営を妨げる諸般の事情(事業の内容や規模、有給休暇を請求した労働者の担当する業務、時期の繁閑、予定された休暇日数、他の労働者の休暇との調整等)を検討して、総合的に判断します。もちろん、労働者の希望する時期に休暇を与えるように努めることは言うまでもありません。 この時季変更権は、労働者から「指定された時季」の休暇を上記に挙げたような諸般の事情から拒否できる権利であって、他の日を代替案として指定する必要はありません。 〇労働基準法第35条第5項但書〇 使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。 会社は、この時季変更権の行使による場合を除いて、労働者の指定した希望の時季に有給休暇を与えることになっています。

ポイント4 ー有給休暇の次年度以降への繰り越し

有給休暇の請求権の時効は2年間です。これは、労働基準法第115条の規定によります。有給休暇の請求権は、基準日に発生します。その基準日から2年後に時効によって請求権がなくなる=その有給休暇は消滅します。

■有給休暇の買取は認められる? 原則として、有給休暇を買い取るかどうかは各社の就業規則によります。もし、買取制度がある場合でも労働者の希望額とは異なる場合もありますので、就業規則を確認してください。 1.法定日数を超える有給休暇日数を付与されている場合 労働基準法で規定されている有給休暇日数(法定日数)を超えて付与されている分は、買取が認められています。詳細な方法は、就業規則等で確認してください。 2.時効の2年間で有給休暇を取得できなかった場合 時効になると手持ちの有給休暇は基本的に繰り越すことができません。取得できなかった分は、買い取りが認められています。 3.退職する時に未消化分があった場合 退職前に有給休暇を取得しきれないこともあると思います。退職する労働者自身は退職前に消化する予定だったにもかかわらず、引き継ぎ等のために会社から時季変更権で時季の変更を依頼されることもあります。転職先が決まっている場合等で退職日が決まっている場合等を想像してください。時季を変更しようがないので会社に有給休暇を買い取ってもらうことが認められています。

新入社員は入社6か月後に10日の有給休暇が取れる!

有給休暇の制度を確認してみると「雇入れの日から起算した勤続期間が6か月になった段階で10労働日の年次有給休暇」が与えられることが分かりました。また、企業によっては就業規則により「10労働日以上の有給休暇が与えられるケースがある事」また「時期変更権を行使して有給休暇を取ることが出来る時期を制限しているケースがある事」があるようです。新入社員の場合は6か月間は有給はありませんがその後は10日の有給が付きます。

会社によっては有給よりも欠勤の方が得?

ひとつのケースとして「有給休暇を使わずに欠勤にした方が有利」という場合があるようです。ある会社の就業規則では「月の1/2以上出勤した場合(有給休暇含む)、その月の給与は満額支給」との規定があり、休みが長引く可能性がある場合は有給と欠勤を上手く組み合わせることにより給料を多く受け取る事が出来るようです。このようなケースで疑問に思うのは「有給を使うか使わないかは自分で選べるのか?」という点です。原則として有給休暇を使う使わないは労働者側の選択によります。休んだら法律上当然に有給休暇になるわけではありません。 つまり、会社を休んだ場合は必ず有給扱いになるわけではなく、あくまでも労働者の選択として有給消化を選択することも出来るという事になります。

それでも新入社員の有給消化はハードルが高い

有給休暇は、労働基準法で規定された労働者の権利ですが、その時期や買い取りなど会社によって実務上の扱いが異なる場合もあります。特に新入社員は会社内でも立場も低いケースがほとんどです。新入社員の立場で有給を取ることは先輩・上司からの目を気にする方も多いはずです。 有給休暇が使える時がきても、新入社員は職場の状況を見極める必要があります。職場が多忙な時期であったり、各種のイベントなどが組まれている場合などでは入社1年目の新人であっても有給休暇が取りにくくなります。職場の状況を見極めることは、周囲の人たちへの迷惑を避け、あなた自身への評価に影響が及ぶのを避ける意味で大事なポイントとなります。新入社員・新人として、こういった職場の空気を読むスキルは身につけておきましょう。

有給休暇の使用のタイミングをわきまえる

有給・無給に関係なく、例えば配属先で半年後研修があるとか、特定の時期に決まった行事やプロジェクトがあるなどだったら、自分の都合のために有給休暇を取得するのは遠慮するべきでしょう。新卒の新入社員だけに限らず、有給休暇を使うタイミングは重要なのです。 それに、もしタイミングをはかって有給を使用しても、叱責を浴びたというケースもあります。 「1年目10月の平日に二日間有給休暇を取得しました。職場の人たちからは別に表面上いやみなどは言われませんでした。が、親には怒られました。新人が何やってるんだ、と」もちろん有給は新卒の新入社員であれ、当然の権利ですし、使用せざるを得ない状況になってしまうかもしれませんが、悪い印象を与えかねないということは理解しておきましょう。

新入社員の立場をわきまえる

新入社員が有給休暇を取るなら規則を守って周囲に迷惑をかけない取り方をすることが絶対条件になります。これは新入社員に限った話ではありませんが新卒の新入社員の場合は特にまわりから注目されています。有給休暇の取り方で最も大切なのは職場に迷惑をかけないことです。 有給休暇の休み明けには一言、「ありがとうございました」と必ず迷惑をかけたお詫びとお礼を伝えるようにしましょう。新卒の新入社員が信頼を得るためには、一生懸命さが必要になります。有給休暇の取り方を覚えて、有給休暇を気兼ねなく取れるよう頑張りましょう。

新入社員でも有給は取れる!しかしその分の頑張りは求められる!

有給休暇は「労働者への付与」を経営者に義務づけたものです。新入社員に限らず、有給休暇を取得している社員はどんな目的で利用してもいいし、許可を得る必要もありません。 しかし、間接的な評価が必ず付きまといます。有給休暇が使える時がきても、新卒である新入社員は職場の状況を見極める必要があります。

有給休暇では引き継ぎをしっかりと!

有給休暇は「労働者への付与」を経営者に義務づけたものです。新入社員に限らず、有給休暇を取得している社員はどんな目的で利用してもいいし、許可を得る必要もありません。 しかし「仕事を円滑に進行する」というポイントは必ず押さえておかなければいけません。 有給休暇の際に引継ぎをするなら、仕事の内容をきちんと説明するのも当然のマナーです。新卒の新入社員ならなおのことです。 新入社員あら特に仕事状況や進行中の仕事、問い合わせ先連絡待ちの事項など、その内容をしっかりと伝えましょう。

関連タグ

アクセスランキング