IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一人暮らしをはじめたら挨拶は必要?|挨拶まわりにおすすめの品物

ライフスタイル

みなさんは一人暮らしはしたことはありますか?したことがある方やこれからする予定のある方は挨拶まわりは必要だと思いますか?今回は一人暮らしを始めた時の挨拶まわりは必要なのか?やおすすめの品物など詳しく説明していく記事となります。

更新日時:

一人暮らしを始めた時の挨拶まわりって?

一人暮らしを始めた時の挨拶まわりって?

では早速一人暮らしを始めた時の挨拶まわりについて詳しく説明していきたいところですが、まず最初にこの記事にたどり着いたあなたのように、一人暮らしを始めた時の挨拶まわりについて悩んでいたり困っている方たちの声や気持ちを紹介していきます。 きっと共感できる声や気持ちがあると思います。 ~一人暮らしを始める時の挨拶まわりについて困っている方たちの声~ 「春から新生活が始まるため、一人暮らしを始めるのですが、挨拶まわりは必要なことはわかるのですが、具体的にどんな挨拶をしたらいいのかわからない…。」 「一人暮らしを始めたのですが、挨拶まわりの時に持っていったらいい品物ってなんですか?」 「一人暮らしを始める時に挨拶まわりは基本的にすると思うんですけど、しない場面やケースも知りたい…。」 「大家さんへの挨拶はどんな風にしたらいいのですか?」 このような気持ちや声をよく耳にします。あなたもこの中で共感できるものがあったはずです。この記事はそんな方たちの気持ちを解消へと導く記事となっています。

一人暮らしを始めたら挨拶は必要?

一人暮らしを始めたら挨拶は必要?

では、一人暮らしを始める時の挨拶まわりについて詳しく説明していきたいと思います。まず最初に、「一人暮らしを始めたら挨拶は必要?」について説明していきます。

一人暮らしを始めたら挨拶は必要?

挨拶まわりは必要か必要ではないのか明確に定められていないので、言ってしまうと挨拶まわりをするのもしないのも一人暮らしを始めた人の自由になってきます。しかし一般的には、「一人暮らし」に関係なく、引っ越して来たら同じマンションだったら各部屋へ挨拶をしに行ったり、一軒家や貸家だったとしても、近所の家には挨拶しに行くなど、引っ越しをしたら挨拶まわりをするのが常識的となっています。 挨拶まわりをしないからと言ってなにか悪いことがあるということもないのですが、した方が気持ちよく生活できると思いますし、近所の方と地域の情報交換や生活の中の知恵などいろんな話ができたり、助け合ったりできるので私の個人的な意見もありますが、挨拶まわりは一人暮らしに関わらずに、まわった方がいいと思います。 では次に一人暮らしを始めた時の大家さんへの挨拶の仕方を説明していきたいと思います。

大家さんへの挨拶の仕方

上で説明しましたが、挨拶まわりは必要です。それは大家さんへの挨拶も同じです。 しかし、相手が大家さんとなってくると、挨拶の仕方や品物も変わってくるので少し注意が必要となってきます。 ~大家さんへの挨拶~ 挨拶に行くタイミングは、引っ越しの明け渡しをする時がベターです。 挨拶する時はしっかりと部屋を貸してくれたことに感謝の気持ちもきちんと伝えましょう。 その際に、既に住んでいる人たちの情報を大家さんから聞くことも大切です。そしてここからが重要なことなのですが、何かと言うと、大家さんへ持っていく品物は除荷の人と比べて値段が高いものを選ぶことをおすすめします。 なぜかと言うと、部屋を紹介してくれた気持ちの表れにもなりますし、印象も好印象になるためです。大家さんに好印象を持たれると、退去時には敷金などが全額返ってきたりなどとなにかと良いことがあるからです。

挨拶まわりがいらない場面やその理由

挨拶まわりがいらない場面やその理由

今まで、挨拶まわりが必要で大家さんにはどんな挨拶をしたらいいのか説明しましたが、では次は逆に挨拶まわりが必要ないという場面やその理由を説明していきたいと思います。

場面その1:大家さんや不動産会社に挨拶まわりは必要ないと言われた時

引っ越したら、まずは大家さんや不動産会社の方に挨拶まわりが必要か必要でないか聞くことが大切です。大家さんや不動産会社の方はどんなタイプの人たちが住んでいるのか知っています。なので既に住んでいる人によっては挨拶まわりは必要ない場面も出てきます。 引っ越しが決まった時には必ず、大家さんや不動産会社の方に挨拶まわりは必要なのか聞いてみましょう。

場面その2:一人暮らしが女性の場合

待ちに待った一人暮らしですが男性が一人暮らしをする場合はあまり問題はないのですが、女性が一人暮らしをする場合に女性特有の問題が発生してしまう可能性があります。 女性一人だと防犯上危険なことがありますよね?そんな中、近所の方や既に住んでいる方のもとに女性一人で挨拶まわりに行ってしまうと、女性一人なんだと知られてしまって悪い人はそこに漬け込む可能性もあります。 もし女性が一人暮らしする時は、友人や男性などと一緒に挨拶まわりをすることをおすすめします。

場面その3:近所付き合いに興味がない

こちらは見出しの通りです。近所付き合いは時としてめんどくさい時がありますよね。最近の傾向にもあるのですが、「近所付き合いはめんどくさい」「大家さんや不動産会社への挨拶だけで十分」というように考えている方たちが増加しているのも事実です。 なので一概に挨拶まわりはした方がいいとは言えない時代となってきましたね。確かに挨拶まわりをして変に近所と仲良くなってしまって何か問題が起きてしまってはいけませんので、賢明な判断とも言えます。

場面その4:住んでいる方の生活リズムがバラバラ

今の世の中には働き方は自由にあり、多種多様ですよね。夜勤や早番などと、生活リズムは働いている方によっていろいろです。そんな中、生活リズムを考えないで挨拶まわりを行ってしまうと返って迷惑になってしまう場合もあります。 こちらはその1にも説明したように事前に大家さんや不動産会社の方に挨拶まわりは必要か、どんな人が住んでいるのか聞くことがとても大切になってきます。

挨拶まわりをしない考えも利点はある

いかがですか?以上が挨拶まわりをしない場面や理由となります。他にも場面はあると思いますが、主な場面だけを紹介させていただきました。 やはり最近は挨拶まわりをしない人たちが増えてきているため挨拶まわりは必ずした方がいいとは言い切れません。一番大切だと思ったのは引っ越しが決まったら、大家さんや不動産会社の方に挨拶まわりは必要なのか事前に聞いておくことが重要となっています。 ではみなさんが知りたいであろう、一人暮らしや引っ越しをした際の挨拶にはどの品物を持っていったらいいのか紹介していきます。

挨拶まわりにも持っていったら良い品物

挨拶まわりにも持っていったら良い品物

なにかと使う品物:タオル

いろんな場面で使われる品物と言えば「タオル」です。その理由は様々です。価格もリーズナブルで、もらっても困らない品物であるためです。更に使い古してしまっても雑巾にできますよね。自分がもらって困ってしまうものは極力避けて、日用品や消耗品などを選ぶことをおすすめします。

消耗品の品物の中でトップを争う:洗剤

洗剤は消耗品の中でトップを争うくらいによく持っていかれている品物です。洗剤も日々使っていくので消耗するのは早いですよね。更に、もらっても困ることはありません。 高いものは選ばなくても全然大丈夫です。やはり消耗品が選ばれやすいようです。

挨拶品ナンバー1:お菓子

挨拶まわりでダントツで持っていかれ、品物として渡されるものは「お菓子」です。ただ適当にお菓子を選んで持っていくのではナンセンスです。 お菓子はお菓子でも、「日持ちのいいもの」や「地元で有名なお菓子」、「乾物」など、なにか一つでもセールスポイントやキャッチフレーズなどがあるお菓子を選ぶととてもいい品物となります。

その他には…

挨拶まわりに持っていかれやすい品物の上位3つを紹介しましたが他にもこんなものがあります。 ・ふきん ・洗濯石鹸 ・ボディーソープ ・キッチン消耗品等 ・入浴剤セット ・ハンドソープの詰め合わせ ・お菓子詰め合わせ ◆大家さんや管理人さんには、日本茶やコーヒーや紅茶セット、菓子折りなどが一般的だそうです。

NGとされる場合も…

挨拶に持っていったらダメな場合ももちろんあります。 タオルやお菓子などもなんとNG品物となってしまう可能性もあります… ・タオル 溜まっていく一方でもらったら困ってしまう… タオルの繊維や銘柄にこだわっているため、自分に合ったものじゃないと置物になってしまう… ・お菓子 やはり好き嫌いはあるもの 主人など一緒に住んでいる人があまり家にいないため、なかなかお菓子が減らない… 日持ちしないものは結構困る… ・洗濯洗剤 家の洗濯機に対応していなかったりするなど肌に合わない場合もある ・ハンドソープやボディソープ 家では石鹸しか使っていなかったりすると困ってしまうようです。 自分や住んでいる人に合わないと置物になってしまう… ・コップやインテリア関係 もらっても自分の好みの問題 もらったとしても自分の家のインテリアや雰囲気などに合わなかったら申訳ないが要らない… などなどNG品物もたくさんあります。 じゃあなにをあげたらいいんだ!と困ってしまいますよね…

挨拶品の相場

一人暮らしや引っ越しをした時の挨拶まわりに持っていく品物の相場も知りたいですよね。 金額はこのあたりが良い!とは言うことは出来ませんが大切な所や気を付けた方がいい所を説明します。 ・高いものは選ばない 大家さんや不動産会社の方には少し高いものでも良いですが、近所の方などにも高いものを持って行ってしまうと、かかる金額も莫大な金額にもなってしまうためおすすめしません。 もらう側も申し訳なさが勝ってしまう可能性もありますし、逆にこちらがなにかをもらう時に渡す側がもっと高価なものを渡さなくてはいけないとハードルを上げてしまうためです。 ・安すぎてもダメ 安すぎると、品物の効果や消耗が早すぎるなどの問題が出てきてしまいます。選ぶ時には安いだけではなく、効果的に使えるかどうかもしっかり考えましょう。

挨拶まわりの定義を決めるならば

挨拶まわりの定義を決めるならば

いかがでしたでしょうか?一人暮らしや引っ越しをした時の挨拶まわりについて説明してきたと思いますが参考になりましたでしょうか? この記事で挨拶まわりの定義を決めるならばこうです。「挨拶まわりの必要性を事前に確かめ、渡す品物は本当に適しているのかしっかり考える」です。引っ越しが決まったら、大家さんや不動産会社の方に挨拶まわりは必要か、どんな人が住んでいるのかを聞き、渡す品物はもらう側にとって困らないものかしっかり考えることが大切です。 それでは最後までこの記事をご拝読していただきありがとうございました。あなたの挨拶まわりが円滑に好印象になることを願っています。よかったら他の記事もご拝読ください。

関連タグ

アクセスランキング