IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お知らせください」の敬語表現・ビジネスメールでの使い方と文例

更新日:2020年06月05日

敬語

日常的に見かける「お知らせください」という言葉。敬語表現に見えて実は敬語表現ではない?ビジネス英語でお知らせくださいを表現しなくてはいけない…どうやって表現したらいいの?英語じゃなくてもビジネスメールでの正しい使い方って?本稿ではそんな疑問をまとめてみました。

こちらは電報、書面でお知らせください。とお願いする文章です。「by write」で電報という意味になりますので、ここをメールなら「by mail」電話なら「by telephone」といったように変更していけば使用することができます。意外と簡単に表現することができそうですね。

「let me know」ではなく、「tell me」ではいけないのか

似たような意味で「tell me」というものがあります。類似している言葉だし、こちらでもいいのではないか?と思いますが、ニュアンスが大きく変わります。「tell me」は積極的なニュアンスになりますので、今回の丁寧な表現である「よろしければ」といったような言い回しをするのであれば「let me know」が正しいものになります。とはいえ、今回のテーマにそぐわないだけであって、状況によっては「tell me」を使用することもあります。ですが、あくまでもビジネスシーンで使用する丁寧な表現であり、無難な表現は「tell me」ではなく「let me know」である、という認識はしておきましょう。

より具体的に。到着予定日を知りたい場合の表現

こちらは到着予定日をお知らせくださいね、という文章です。こちらも上記したものと同じく、「Please let me know」の後に知りたい事柄を付け加えることによって丁寧な表現をすることができます。この2つの例文を見るだけでも「Please let me know」という単語を覚えておけばだいたいのことが表現できることがわかります。その他の例文を下記にまとめますが、どれも同じ用法で表現することができています。

Please let me know what this reason is.

この例文の意味は「この理由をお知らせください」というもの。どうしてこうなったのかなどの事実確認などに使用することができます。

Please let me know the result by telephone.

上記した「電話でお知らせくださいね」を敬語表現にした例文です。この場合は「the result 」が入っていますので、正しくは「その結果を後で電話でお知らせください」というものになります。

日本語でのビジネスメールでの「お知らせください」

英語での「お知らせください」の表現をまとめましたが、日本語でのビジネスメールで使用する際の「お知らせください」はどう表現するのが正しいのか、と思われたと思いますが、こちらも上記した通りこの「お知らせください」という表現はすでに敬語表現であり、「ご連絡ください」をより丁寧に、柔らかく表現した言葉になっています。ビジネスメールでも問題なく使用することができますし、実際使用していますよね。

お知らせくださいませ、はやりすぎ?

丁寧に丁寧を重ねた、ようにも見えてしまう「お知らせくださいませ」という表現方法。最後に「ませ」を付けるだけでかなり柔らかい印象になりましたが、社内のメールや知り合いの取引先とのメールでは少しやりすぎな感じがあります。どちらかというと、お客様やまだ知り合っていない取引先の方へのメールの表現に見えます。「お知らせください」と「お知らせくださいませ」のどちらを使っても問題はないと思いますが、くどく見えてしまいますので、「お知らせください」のほうが好まれる表現だと感じますね。

「お知らせください」の例文とは

丁寧な表現として日常に浸透していると感じますが、こちらも例文を何点かまとめてみました。 ・何か不都合がありましたらお知らせください。 ・ご不明な点がございましたらお手数ですがお知らせください。 ・○日までに出欠の確認をお知らせください。 基本的には連絡をくださいね、といったときに使用する表現ですので、こういった使用方法で間違いないと言えます。「ご不明な点がーお知らせください」はすこし回りくどさを感じますし、こういった文章なら「お知らせください」よりかは「ご連絡ください」のほうが伝わりやすく、まとまった文章のように感じます。

「お知らせください」は敬語表現

初回公開日:2017年03月29日

記載されている内容は2017年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング