IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パラリーガルの年収と仕事内容|必要な資格・未経験でもなれる?

更新日:2020年08月14日

職種研究

パラリーガルとはどんな仕事か知っていますか?パラリーガルとは「法律事務員」と呼ばれ、弁護士の指示・監督のもと、法律関係の業務をこなす専門職です。今回は、パラリーガルに仕事内容や年収、パラリーガルになる方法などについてまとめました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

パラリーガルとは?

「パラリーガル」は、「法律事務員」と呼ばれることもある仕事です。弁護士の指示・監督のもと、法律関係の業務をこなす専門職です。「リーガルアシスタント」を意味する言葉が由来となっています。弁護士になる前に、経験を積むための時間と捉える人が多いでしょう。しかし、パラリーガルも立派な仕事です。

弁護士秘書と兼任するところも多い

パラリーガルは、弁護士秘書と兼任している人もいます。実際に働いている事務所の方針や、取り扱っている分野などによって、具体的な業務の範囲が変わって来ることが多いのです。弁護士のスケジュール調整や、郵便物の管理、裁判所などに書類を提出したりする業務も、パラリーガルが担当することがあります。クライアントと連絡を取ったり、来客の対応や電話応対をこなすパラリーガルもいます。 秘書業務と法律業務を同時に行っているパラリーガルは非常に多く、弁護士が作成した訴状の文章ミスをチェックしたり、戸籍の取り寄せを行ったり、判例や法令を検索したりすることもありますが、備品の整理や事務所の管理をすることもあるのです。

勤務先は弁護士がいるところ

パラリーガルの勤務先は、基本的に法律事務所がメインとなっています。弁護士の指示や監督のもとに働く仕事であるため、司法書士事務所や行政書士事務所など、弁護士がいる様々な現場で仕事をしていることもあるでしょう。 社労士事務所などもパラリーガルの勤務先のひとつとして知られています。他にも、法律関係における業務を担当するために、企業の法務部で働くパラリーガルもいます。銀行の信託部門や保険会社、不動産会社や病院、あるいは政府機関で働いているパラリーガルも年々増加しているのです。

パラリーガルの年収・給料はどのくらい?

パラリーガルの給与は、実際の勤務先によって異なっています。スキルや経験年数によって変わることもありますし、資格を持っていることで給与がプラスされる勤務先も少なくありません。大規模な法律事務所であるほど、福利厚生や各種手当も充実している傾向にあると言えるでしょう。

パラリーガルの平均初任給

パラリーガルの初任給は、平均でおよそ200万円から350万円程度となっています。企業法務に特化している渉外事務所だと、初任給が500万円を超えるようなケースも少なくありません。 ただし、パートやアルバイトとしてパラリーガルを務めている人もいるため、そうなると時給は1000円前後が平均だと言えます。その分担当している仕事内容や、降りかかって来る責任が軽くなっているのが基本ではありますが、勤務先の裁量でやはり差が出ます。地方よりは都心部の方が、パラリーガルの初任給や時給は高くなる傾向にあるでしょう。

パラリーガルの平均収入

パラリーガルは、弁護秘書よりは平均収入が高めになっています。より専門性の高い業務を担当しているため、専任のパラリーガルは最も収入が高い傾向にあり、続いて秘書と兼任しているパラリーガルが高い報酬を獲得できると言えるでしょう。 また、前述したように渉外法律事務所だと、企業法務や渉外業務が多くなりやすく、契約書面の翻訳や和訳、法律や判例の調査などが含まれて来るため、年収は更に高くなりやすいです。平均で600万円前後をもらう人が多くなっています。

パラリーガルの資格は?

次のページ:パラリーガルになるにはどうすれば良いのか?
初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング