IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宮大工の年収と仕事内容|宮大工になり方・宮大工の技術の伝承方法

更新日:2020年08月14日

職種研究

宮大工とはどんな職業か知っていますか?宮大工とは、神社や仏閣のような伝統的な建物を建築したり、修繕したりする仕事です。かなりの技術力が求められる宮大工は、技術を身につけるのにかなりの努力が必要です。今回は宮大工とはどんな職業なのかまとめました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

宮大工とはどんな仕事なのか?

伝統的な建築物を建築・修繕する仕事

宮大工とは、神社や仏閣のような伝統的な建物を建築したり、修繕したりする仕事です。工務店や住宅メーカーで働くことが多い仕事です。古い建物を手掛けることもある、日本文化の継承において決して欠かせない大切な職人のことを指しています。 「木組み」と呼ばれる特別な技術を駆使して、何百年も前に建築された建物を長く生き延びさせるためのプロフェッショナルだとも言えるでしょう。新築はもちろん、時には重要な文化財を解体することもあります。

図面を読解するのも宮大工の仕事

宮大工が担当する木組みで使われている木材とは、加工前に図面上におけるどの場所で使うのかを決めるものとなっています。そのため、図面の読解もまた、宮大工にとってはとても重要な仕事です。かなり昔に書かれた画面を解析して、解体や修繕を行うこともあるため、慎重かつ的確な判断が必要になって来ます。 もちろん、図面が存在していない建築物を手がけることもあるため、ものを見て判断する知識と実行力、対応できるだけの確かな技術も必須となっています。

木材の加工は宮大工の大切な業務

部材の寸法を測り、納まりを確認して、実際に木材を加工するために必要な形状の型取りをするのも宮大工の業務内容です。原寸図をもとに墨出しを行ったり、済に沿って切断した木材の仕口や継ぎ手などの加工も担当することがたくさんあります。自分で加工した木材を現場で組み上げ、不都合があればその場で更に加工を重ねることもあります。

道具の準備や後片付けも担当する

宮大工にとって、道具の準備や現場の片付けもまた、非常に重要かつ大切な仕事です。多くの場合は、見習いの宮大工が担当する雑多な業務は他に渡っています。現場の掃除をしたり、刃物を研いだり、木材にカンナをかけたりすることもあります。用具の買い出しやトラックの運転、機材のレンタルやその手続きなどを行うこともあります。大規模な宮大工の職場であれば、事務員が担当することもあります。

宮大工になるにはどうすれば良いのか?

大学や専門学校に行く

建築関係の大学や専門学校に行って、現場での知識や技術を身に着けることは、宮大工になるために大きく役立つものとなっています。学校で専門の勉強をしてこなくても宮大工として活躍している人はたくさんいますし、逆に言うのであれば、学校でたくさん勉強をしても、そこで身に着けたものを必ずしも現場で活用できるばかりではありません。 特に、宮大工に特化した大学や専門学校は少ないですし、図面が存在していなかったり、存在していてもとても古く、学校で習った解読方法がまったく通用しないケースも、宮大工にはとても多いです。現場で判断し、技術と知識を総動員して対応しなければいけない建築物は非常にたくさん存在しているのです。 しかし、学校に通っておくことで、設計や施工管理における知識を身に着けることが出来ます。在来工法をメインで学ぶことになりますが、これらの技術や知識が、木組みを活用する宮大工の現場で役立つことも多いです。管理コストや法律関係の知識も身に付きますから、宮大工として働く上でのオプション的な業務に対応しやすくなるというメリットもあるでしょう。 また、前述したように、宮大工になるために特化した学校もあます。「日本建築専門学校」や「佐渡 伝統文化と環境福祉の専門学校」は有名です。また、「ものつくり大学」の技能工芸学部建設学科内部における「木造建築」で」は、宮大工としてのより実践的なスキルを身に着けていくことが出来ます。 更に「建築大工技能士」や「建築施工管理技士」「二級建築士」や「木造建築士」などの国家資格を取得するチャンスにも繋がります。特に「木造建築士」の資格を持っていると、宮大工の仕事はとても進めやすくなります。

棟梁の元に弟子入りする

宮大工は、現場で身に着けていく技術や知識がとても大きく、その比重が高いため、大学や専門学校に行かなくても、そのまま棟梁の元に弟子入りして働く人も少なくありません。前述したような道具の手入れや現場の掃除などから始め、一人前の職人として働けるようになるため、先輩の仕事を見ながら修行を積む人もたくさんいます。 体力と気力が非常に重要になってくる仕事な上、仕事現場が全国各地に及ぶことも少なくありませんが、興味関心がある人が積極的に取り組めば、学歴や経験に関係なく活躍することも可能な仕事となっています。

宮大工の給料・年収はどのくらい?

次のページ:宮大工の技術や技術の伝承
初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング