IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムインテグレータとは?年収と仕事内容・大手SI企業一覧

職種研究

システムインテグレーターという職業を知っていますか?インターネットの記事でよく見かける「SIer」という表記とともに、良いイメージはあまりありませんが、実態はどうなのでしょうか?システムインテグレーターの意味、業務内容、企業のランキングを紹介します。

更新日時:

システムインテグレーターとは

システムインテグレーターという職業は、聞いたことはありますか?システムインテグレーターとは、個別になっているシステムを一つにまとめあげ、それぞれの機能が正しく働くようにする「システムインテグレーション」を行う人のことです。顧客の業務内容を理解して、顧客が抱えている問題を解決するために、企画から設計、開発、さらには運用までを行う企業のことを指します。

SIerという表記について

システム関係や、Webに携わる人であれば、インターネットの記事などで「SIer(エスアイヤー)」という表記を見たことがあるかもしれません。これはシステムインテグレーターの英語表記である「System Integrator」の頭文字を取り、「〜をする人」という意味の「-er」をつけた和製英語になります。

システムインテグレーターの意味

システムインテグレーターとは、システムのインテグレーションを行う企業や業者のことを言い、システムインテグレーションとは、システムの構築を行う仕事のことを言います。システムインテグレーションはSE(システムエンジニア)の仕事になります。システムインテグレーターは企業や業者を指し、SEは個人を指すと考えても良いでしょう。

システムインテグレーターの業務内容

システムインテグレーターの業務内容は企業によっても大きく異なりますが、主に3つの段階を踏むことになります。その3つの段階について詳しく紹介します。

戦略の立案と企画

戦略の立案と企画では、顧客が抱えている問題を汲み取り、問題解決に至るまでにどのようなシステムが必要なのかをソフトウェア、ハードウェアの両面から検討していきます。この段階で、顧客に提供するシステムの仕様が決まります。

設計と開発

設計開発では顧客が必要なシステムを設計し開発を行います。ここで開発されたものがやがて商品となり顧客の問題を解決する商品となります。顧客に渡す段階でバグなどの不具合があると商品として成立がしないので、バグをなくすための作業も必要になります。設計開発を行いながらも、顧客からの提案が再びあれば、その提案も組み込みながら製品としてのソフトウェアを開発します。ソフトウェアのみならず、ハードウェアの検討が必要な場合は、同時に設計開発を行います。

運用・保守

製品が完成すると、顧客に商品として受け渡します。ところが受け渡して終わり、というわけにはいきません。実際に作ったソフトウェアを運用中にメンテナンスしたり、問題が発生した場合には再び問題解決のために対応をしなければなりません。例えば、顧客がサーバーを必要としている場合であれば、サーバーの運営を行い、その都度顧客からの要望に応えます。サーバーに不具合が起これば、そのサーバーのメンテナンスを行い、正常に運用できるように保守を行っていきます。

システムインテグレーターの分類

システムインテグレーターは得意とする分野によって様々な企業が分類されています。

メーカー系

メーカー系のシステムインテグレーターには、コンピュータのハードウェアを製造するコンピューターメーカーから派生した企業が多くあります。汎用的に使えるコンピュータを世界で初めて製造したIBM社が有名です。信頼のあるメーカー製品を組み合わせた問題解決に定評があります。

ユーザー系

情報システム子会社です。商社や金融システムの情報システム部門が、会社として独立しました。主にグループ企業の案件を受注してシステムの開発を行います。

独立系

親会社を持たずに資本的に独立した会社です。メーカー系やユーザー系の下請けとして業務を行います。

システムインテグレーターが生まれた背景

システムインテグレーターが生まれる以前は、企業内の情報システム部門で問題解決を行っていました。しかし、汎用的に使われるシステムがより高度に、より複雑になってきたため、企業内の情報システム部門では解決できないものが増えてきました。その中で、アウトソーシングと呼ばれる外部への受注を行う会社が増えてきました。このことにより、金銭的な部分を解決できれば高度で複雑なシステムを技術を必要とせずとも、得ることが出来るようになりました。

システムインテグレーターの実態

システムエンジニアとしてシステムインテグレーターに就職を考えている人もいるかと思います。そこでシステムインテグレーターという職業に就職するにあたって考えなければならないことを挙げてみました。

ITゼネコンの構造

ITゼネコンの構造とは、三角形の形で表される元請け、下請け、孫請けの割合とレベルです。上から「元請け→下請け→孫請け」という構造になっています。「IT土方」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは下請けや孫請けが受ける仕事の量と年収が比例しないような現状を表した言葉です。IT業界には多重下請けが蔓延しており、その様子はまさに建設業界のゼネコンのような形になっています。階層が下にいる下請けや孫請けが悪戦苦闘していたり、年収がなかなか伴わないような現状があるというのも忘れないでください。

給与格差

ITゼネコンの構造でも説明したように、システムインテグレーターの間にも大幅な給与の格差があります。システムインテグレーターだけではなくIT企業、さらにはその他の業種の企業にも言えることではありますが、IT人材が不足しているのにも関わらず、同じ会社に長く勤務していても、十分に給与は上がらないのが現状です。ITゼネコンの構造を表した三角形の上部にある大手のシステムインテグレーターは、給与面でも十分ですが、大手のシステムインテグレーターで手がまわらない部分は下請けに、そこでも手がまわらない部分は孫受けに...というような形で、三角形の下部は仕事量と給与に大きなギャップが生まれるのが現状です。

システムインテグレーターの企業

ITゼネコンの構造を見てみると、システムインテグレーターという職業についてあまり良い印象が無いように感じます。しかし、大手のシステムインテグレーターは有名企業であるがゆえに年収も高く、待遇の良い企業が多いように感じます。

・A+ランク Oracle Cisco SAP ・Aランク NTTデータ 日立製作所 日本マイクロソフト ・A-ランク 日本IBM NTTコミュニケーションズ 野村総研(NRI) ・B+ランク アクセンチュア NEC 日本HP ・Bランク 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL) 伊藤忠テクノソリューションズ 日本タタコンサルタンシーサービシズ(日本TCS) 日本総研(JRI) 大和総研(DIR) ・B-ランク 三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT) みずほ情報総研(MHIR) 電通国際情報サービス(ISID) NTTコムウェア 日本ユニシス ・C+ランク アビームコンサルティング JSOL ニッセイ情報テクノロジー(NIT) SCSK ・Cランク NECソリューションイノベータ 日立システムズ(HISYS) 日立ソリューションズ(HISOL) 東洋ビジネスエンジニアリング JR東日本情報システム(JEIS) 農中情報システム ・C-ランク TIS オージス総研 富士通エフサス シンプレクス 東京海上日動システムズ オリックスシステム フコク情報システム(FIS)

就職はシステムインテグレーター?

システムインテグレーターとしての就職は本当に良いことなのでしょうか?大手のシステムインテグレーターに就職できるのであれば、仕事量もそれほど多くはなく、プログラミングをしたいのであれば有意義な仕事ができるでしょう。しかし、ITゼネコンの構造で下層部にいけばいくほど仕事量も多く、給与面でも不満が出てくるかもしれません。プログラミングをしたいのであれば、Web系や組み込みエンジニアなど、他の道に進むという手もあります。システムインテグレーターがIT業界の全てではないことを念頭におきながら就活をすることで、将来までも見据えた就職が出来るでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング