IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己prの書き方と例文21選・アピールするポイント

就活ノウハウ

自己PRは転職や就活で人事にあなたへの興味を抱かせる、重要な部分です。企業の人事の心をつかむ自己PRの書き方を、例文集20個でわかりやすく紹介します。面接や履歴書を書く際に自己PRを上手に書き、行きたい大学や企業に入りましょう。

更新日時:

自己PRとは

トピック545/要素4736531

自己prは悩んでしまうポイントでもありますが、履歴書を書く際にとても重要な部分です。どのようなことをの「自己pr」の欄に書けばいいか分からない、という方も多いのではないでしょうか。 しっかりと「自己pr」の本質を理解しなければ、自分のアピールしたいことを採用担当者に伝えることができません。 今回は「履歴書での自己prの書き方」 についてご紹介していきますので、履歴書を書く際にはぜひ参考にしてください。

自己prの書き方・アピールするポイント

トピック545/要素4736535

企業は自己prを元に面接を進めたり、人間性を知る時に参考にしていることが多いです。つまり、志望企業が求めている人物像と志望動機に、自分の資質や経験を合わせて自己prを書いていきます。企業にとって、あなたのことを知るために参考にするのが自己prです。 自分を採用すると、企業に間違いのない人間であることをアピールします。

自己prの例文21選

トピック545/要素4736538

志望先企業の担当者は、採用をすると、どのように自分達に利益があるのかと考えています。企業側の立場にあわせて、あなたが志望先の力になれるんだという点をアピールしていきましょう。 例文を21パターン用意しました。例文では、自己prにおいて、1番最初に自分のアピールポイントを提示するための項目を多く記載しました。では自己prの例文を見ていきましょう。

例文1:顧客目線

私は「気配りのプロ」であると自負しています。現在、コンビニでアルバイトをしています。レジ打ち業務だけではなく、周りの状況を見て仕事をしています。 雨の日には、カッパや傘を見えやすいように置くなど、お客様が求めているものをすぐに見つけられるように動きます。また、商品の発注も任せられており、近隣の施設の予定表を元に商品を入荷しています。気配りの力を生かし御社でぜひ力になりたいと考えています。

例文2:リーダー力の訴え

私は「リーダー力」を持ち合わせています。小学生から高校まで野球を一筋にでした。野球では、レギュラー獲得レースの中、常に仲間との和を重んじてきました。試合前後には、一人一人の頑張りを評価する声かけを行い、一致団結するように力を入れていました。 そうすると、高校時代は顧問に認められ、キャプテンに抜擢されました。培ってきたリーダー力を生かし御社でのチームでの仕事のまとめ役に率先してなりたいと考えています。

例文3:チャレンジ精神

私の長所=新しいことにチャレンジ&ミッション達成 私は、サークルで学祭実行委員長を経験しました。昨年の売上を超すという目標を掲げ、昨年行っていなかったチラシ配りなど、新しい試みにチャレンジをしました。その結果、チャレンジは成功し、チラシからの集客で学祭が賑わい見事に昨年の売上を超えました。 私は、御社のお仕事を通して新しいことにチャレンジをしてミッション達成していきたいと考えています。

例文4:日本の技術力をもっと世界へ

私の展望=中小企業のの技術力をもっと世界へ 私は中学生と高校生時代、ニュージーランドの同年代の少年とのホームステイ相互交流を経験しました。また大学の留学生についてベトナムへ渡り、部品工場を見学した際に、日本製品への信頼感の高さを知り、日本の中小企業の持つ底力を再認識しました。 世界への技術進出を、御社の仕事を通して成し遂げていきたいと私は考えています。

例文5:塾講師の経験で得たマネジメント力

私は、進学塾で講師のアシスタントをする中でマネジメント力を養いました。 主に小・中学生の受験指導を手伝っています。その中で、進学目標の生まれてこない生徒に、1人1人に寄り添って辛抱強く目標設定を一緒にしてきました。御社でも、私が学んだマネジメント力を生かして、目標を達成できるように仕事をマネジメントしていく力を生かしていきたいと考えています。

例文6:サービスの充実と向上

私の展望=よりよいサービスを常に向上心を持って追求する 私はコーヒーショップでのアルバイトで、オーダーの取り方や提供方法などを工夫することを率先してこなしていくことで売り上げをアップさせた経験があります。その経験は私に、サービスの向上追求の楽しさを味わせてくれました。 御社の仕事を通して、よりよいサービスを常に向上心を持って追求することにまだまだチャレンジをしたいと考えています。

例文7:他者の意見を尊重しつつ課題解決

私の強みは、問題解決をするための決断力を持っていることです。私が主導して、フットサルチームを結成しましたが、実力差から経験者が不満をもち、分裂の危機を迎えてしまいました。 そこでチームの方針を大幅に変更する決断をして、「皆で楽しく」という方針への理解を得ることができました。おかげでチームは今でも継続をしています。御社での問題が起きた際には私が率先して問題解決に向けて動いていくことを宣言します。

例文8:新規事業開拓

私は新しい試みにチャレンジすることが好きです。大学のサークルでは副会長を務めており、従来どおりの活動するだけでは満足できなかたので、新たな試みとして毎週のメールマガジン配信を担当し、サークルメンバー全員への連絡の徹底やイベント参加率アップに貢献しました。 御社でも、新しい試みを提案をして御社事業への新鮮な風を吹かせていきたいと考えています。

例文9:コミュニケーション力

私の長所は、人とのコミュニケーションを力です。高校時代に新聞部に所属しており、取材はさまざまな人とのコミュニケーションの連続でした。しっかりとコミュニケーションをとって記事にしないと、取材内容と異なった記事になってしまいますのでしっかりと相手が言いたいことを聞き出すことを意識してコミュニケーションをとってきました。 そのため、今まで養ったコミュニケーション力を御社の仕事に活かせたらと考えています。

例文10:SNSを使った集客

私は広報活動力に自信があります。大学でアカペラサークルに所属し、私は広報担当の一員としてSNSを使い活動報告や周知をしています。広報活動の目標としては、twitterのフォロワーを目標の1万人と設定しています。 しかし、現在は及ばず8000人ですが、企業からの逆取材を受けるなど少しづつ認知はされて来ています。私はそこで学んだ広報活動力を御社の仕事で活かさせていきたいと考えています。

例文11:家庭菜園が趣味

私は家庭菜園を通して我慢して臨機応変に成長をさせること学びました。なかなか自分の思う通りに育たず、虫に食われたり葉が枯れたりとトラブルが続きます。 苦労の連続ですが、畑は生き物との対話にやりがいがあり、家族の身体と健康は私の作る野菜からできると自負し、あえて、手がかかる無農薬栽培に挑戦中です。 忍耐力を持って、臨機応変に成長をさせていく力を御社の仕事に活かしていきたいと考えています。

例文12:ブログで価値発信

私は大学時代に、多様なジャンルの商品に関する1000を超える評論を自分のブログで発信しました。そして商品の価値は、企業の社会的価値によって変動することを知りました。ブログでの経験から、御社の商品を、単に便利さや値段の安さを売りにする物ではなく、人や社会にとって健全であるという点を進んで評価・発信していきたいと考えています。

例文13:アメリカの大学で培ったマーケティング

私の専門分野はアメリカで培ったマーケティングです。幼少期から、ある英語教育グループに生徒として所属し、高校大学でリーダー活動をするまで続けました。英語力を身に付けたのはもちろんですが、出身も文化も多種多様な人たちの意見を聞き、価値を創り上げてきました。 留学してもその経験が生き、プロジェクト形式の授業で分析能力も養いました。私は経験から養った英語力とマーケティング力を御社で活かしていきたいと思います。

例文14:人力飛行機の研究

私は、技術を継承して発展させることに維新があります。「鳥人間」チームで大学部門優勝人力飛行機の研究を先輩から引き継ぎ、技術を継承していきました。その際に、翼部の強度と軽量化に成功し、チーム全員の努力も実り、みごと優勝を勝ち取ることができました。 その経験から、御社で生かされてる技術は、私が継承し次の世代へ発展させることをお約束いたします。

例文15:システム面で医療現場に役立ちたい

私は高校時代には看護師の短期インターンの経験があり、大学においては医療情報学を専攻しました。病院などの医療現場における治療行為、管理方法などについて学んでいくうちに現場の改善点があるということがわかるようになりました。 医療現場で使いやすいシステムを構築することが、医療関係者にとってどれほど有用ということを感じ、御社の仕事に就きたいと考えました。

例文16:語学のできる幼稚園教諭

私は語学のできる幼稚園教諭として新しいことにチャレンジしていきたいです。大学のカリキュラムで語学留学時に幼稚園でお手伝いをした経験があり、さらに、今でも学童保育でアルバイトをしています。その経験からも、御社の仕事で私の語学力を活かしたいと考えています。

例文17:リーダーシップ

私の強みは、リーダーシップを磨いてきたことです。私はある国際交流団体に所属しています。小学生の頃からキャンプなど、国内での交流活動を積み重ね、研修を受けて海外1ヶ月ホームステイに中学生で行き、高校生ではキャンプリーダーと1年留学を経験し、大学生になるとホームステイの参加者を引率するカレッジリーダーをつとめました。 自分が育てられたように、初めて海外の家庭で過ごす中学生たちの不安と期待に向き合い、一人一人が最高の経験をできるよう手を尽くして参加者の成長のお手伝いができたと自負しております。

例文18:アルバイトで培った事務能力

私は事務の即戦力だと自負しています。事務と入力のアルバイトは高校時代から続けて、スキルを上げており、電話の応対にも慣れています。大切なお客様からの電話にも、失礼なく的確にお答えすることができているとの評価をいただいております。 今では、営業職や技術職の社員のスケジュール管理から顧客管理まで行っているので、その経験を生かし、御社で即戦力として力になりたいと考えております。

例文19:演劇で磨いた自他の演出力

私には営業や、事業を統率するのに必要な、自他の演出力があると自負しております。私は劇団サークルに所属し、先輩や尊敬する演出家から指導を受け、毎年定期公演を上演しています。 演劇は、演者である自分が、観客に、そのシーンの意味を、伝えなければいけません。なので、何を伝えたいのかを明確に相手に伝える必要があります。 活動で得た力は、御社の顧客獲得に貢献できると考えております。

例文20:栄養学を生かしたサービス開発

私は大学で栄養学を専攻し、学生向け自炊応援サイトを立ち上げた経験から、健康面に留意したサービスを作りだすことができると自負しています。 現代人は飽食の時代に生きる反面、栄養の貧困さが問題になっており、超高齢化時代を迎え、ますます健康的なサービスのニーズが高まってきています。運動と食事、子育てと栄養など、人生のさまざまな局面を御社の仕事として社会貢献していきたいと考えております。

例文21:人との対話

私は初対面の人と誰よりも話をしてきたと自負しております。大学時代4年間で、ラジオ局でアルバイトをさせていただいていました。アルバイトで、ラジオにゲスト出演される方々と話をすることにより、初対面の人と毎日話をすることを経験させていただきました。 御社の仕事では、顧客との対話が重要視されていますので、初対面の人との話に慣れているというスキルを使って御社の役に立ちたいと考えております。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

悩んでいる就活生におすすめなのがキャリアチケットです。 キャリアチケットに一度登録して面談を行えば、 経験豊富なプロのキャリアアドバイザーがあなたの性格や長所を見極め、 あなたに合った企業を紹介してくれます。 また、エントリーシートの添削や企業ごとの面接対策も行ってくれて、綿密なフィードバックを貰えるので、 エントリーシートの書き方や趣味特技の伝え方、 面接時に気をつけるべき点を把握することができます。 就活が不安だったり、うまくいっていないと感じている方は、 一人で抱え込まず、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

自己prを書くときの注意点3つ

トピック545/要素4736585

自己prの欄が無い履歴書の場合は「趣味・特技」や「本人希望欄」に記入しましょう。このとき、趣味を優先する応募者と受け取られないよう、自己prとして使います。自己prを書く時の注意点を3点あげます。 ①アピールをキャッチコピー風に提示企業から求められている能力を明記失敗談は人事の心をつかみやすい

注意点1:アピールをキャッチコピー風に提示する。

トピック545/要素4736588

例文の自己prで提示していたように、自分はどういう点がアピールできるとキャッチコピーのように書きます。自分を採用すると、どのように利点があるのかということを書いておきます。 結論(アピールキャッチ)を証明するエピソードとして、具体的な事実や数字を盛り込んでいくと、臨場感があり信頼できるprとなるでしょう。

注意点2:企業から求められている能力を明記する

トピック545/要素4736591

企業の求める能力とは、例えば、交渉能力・チームマネジメント能力・適応力・挑戦心などです。一般的には以上のようなことが挙げられます。志望企業についてよく研究し、あなたがその企業で能力を発揮するイメージを持ってアピールしていきましょう。

注意点3:失敗談は人事の心をつかみやすい

トピック545/要素4736594

人事担当者や面接官は、就活生の成功体験よりも失敗体験に着目している場合もあります。失敗は、貴重な人生経験の一つと考えていられるからです。経験も失敗談も、派手さはなくて構いません。 あなたのこれまでの歩みを素直に誠実に振り返り、志望企業に貢献できる点を綴ってみると、思いのほかドラマチックに書けます。

自己prは正確に書こう

トピック545/要素4736597

自己prを書いている時に、その企業と全くマッチしていないものを書いていたり、全く違う情報を書いていると、採用担当にもイメージが悪いですし、何よりも面接で聞かれる場合もあります。聞かれたことに答えられないことを防ぐためにも、事前に志望企業についてはしっかり調べるようにしましょう。

業種別の自己prの書き方を探す

トピック545/要素4736600

会社の利益となる人物が欲しくて、担当者は履歴書に目を通しています。あるいは、企業人として教育していける素地を持つ人物を、欲しいと考えています。 企業側の立場にあわせて、あなたをアピールしていかなければなりません。ですから、業種別での自己prの文章は、別の企業に出すものと変わってくるはずです。あなたが受ける企業の業種の情報も必ず調べましょう。

関連タグ

アクセスランキング