IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己prの書き方と例文21選・アピールするポイント

初回公開日:2016年11月17日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2016年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

自己PRは転職や就活で人事にあなたへの興味を抱かせる、重要な部分です。企業の人事の心をつかむ自己PRの書き方を、例文集20個でわかりやすく紹介します。面接や履歴書を書く際に自己PRを上手に書き、行きたい大学や企業に入りましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自己PRとは

自己PRは悩んでしまうポイントでもありますが、履歴書を書く際にとても重要な部分です。どのようなことを「自己PR」の欄に書けばいいか分からない、という方も多いのではないでしょうか。 しっかりと「自己PR」の本質を理解しなければ、自分のアピールしたいことを採用担当者に伝えることができません。 今回は「履歴書での自己PRの書き方」 についてご紹介していきますので、履歴書を書く際にはぜひ参考にしてください。

自己PRの書き方・アピールするポイント

企業は自己PRを元に面接を進めたり、人間性を知る時に参考にしていることが多いです。つまり、志望企業が求めている人物像と志望動機に、自分の資質や経験を合わせて自己PRを書いていきます。企業にとって、あなたのことを知るために参考にするのが自己PRです。 自分を採用すると、企業に間違いのない人間であることをアピールします。 まずは、自分が働きたいと思える企業を探し出すといいでしょう。おすすめの就職エージェントをご紹介している記事がありますので、評判の良いエージェントを活用して自分にピッタリの企業を見つけましょう。

自己PRを作成する前に!

あなたの自己PRが自動で作成できるジェネレーター

いきなり自力で自己PRを作成する前に、ジェネレーターで自動作成した場合、どのような自己PRとなるのか一度確認してみるのもオススメです。 そのまま台本としては利用できませんが、 ・どのような起承転結で文章を構成すべきか感覚がつかめる ・入りの言葉、締めの言葉など、形式的な構成が理解できる など、実際に自分で作成する際の大きな参考となること間違いなしです。 穴埋め形式でフォーム入力することで簡単に作成ができます。

実際に企業面接で通過している自己PRを研究する

自己PRを作成し始める前に、どのような自己PRが実際に企業面接の場で通過しているのかしっかり分析をすることもオススメです。自己流で作った自己PRは、面接官や企業のタイプによって反応が大きく左右されてしまうため、使い回すものとしては非常にリスクが高いといえます。 どのような自己PRがどの企業に通過したのか、どのような自己PRが高く評価されるのか、実際に先輩たちが残した自己PRをダウンロードし、研究を行いましょう。 こちらの就活サイトでは、実際に企業通過した自己PRをたくさん紹介しています。

実際に自己PRを作る際の、参考にすべき例文20選

志望先企業の担当者は、採用をすると、どのように自分達に利益があるのかと考えています。企業側の立場にあわせて、あなたが志望先の力になれるんだという点をアピールしていきましょう。 例文を21パターン用意しました。例文では、自己PRにおいて1番最初に自分のアピールポイントを提示するための項目を多く記載しました。では自己PRの例文を見ていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング