IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトから正社員になるには|正社員の面接・転職でのなり方

更新日:2020年08月28日

アルバイト

バイトから正社員になるにはどうしたら良いでしょうか。バイト先で正社員にならないかと声をっけられるにはある程度の仕事能力が必要になってきます。他にも、転職をする際にバイトから正社員になる方法もあります。今回はバイトから正社員になるための色々な方法を紹介します。

転職をするときにバイトになって、その後、そこで正社員になろうとするのであればまずは バイトから正'社員登用制度があるところを狙うことです。これがまずは定石であるといえるでしょう。 もちろん、バイトからの登用制度が特にない場合であろうとも実力なりスキル、或いは上司からの評価が高いのであれば正社員にならないかい?というお声がかりがかかることはあります。 しかし、バイトはバイト、としっかりと線引きをしているところも多くありますから、基本的には狙うのであればキチンとバイトから正'社員登用制度があるようなところにしましょう。転職をして、バイトから正規雇用を狙うのであれば少しでも可能性が高いところにしましょう。 また、転職前の職業のスキルが活用しやすい職を狙う、というのもよいでしょう。少なからずバイトをしていたということは経験者ということになります。バイト経験を生かし、バイトから正社員になる道を目指しましょう。『前の仕事のスキルを生かす』ということこそ、転職をした先がバイトであろうともそこから正規雇用、正社員を目指すコツとなるわけです。

バイトからであろうとも

今のご時勢どうしてもバイトからは正規雇用が難しいと思われていますが、それでも企業としては有能であれば積極的に採用したいと考えているところもあります。そうしたところを狙うことによって、上手くバイトから正規雇用になることができる場合もあります。特に正規雇用登用制度があるようなところであればかなり積極的であるといえるでしょう。 但し、バイトからの正社員登用制度があろうともそれは何年以上であれば、という規定があるわけではないです。少なくともそうした法律があるわけではありませんから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。つまりは、確実というわけではありません。 ですが、それでも可能性はゼロではないためバイトから正社員を目指す価値はあります。上手くバイトから正社員への採用試験に挑むことができるようになれば、面接などでも何かと有利な方向に向かいます。また、既にバイトとして働いているのでその経験を生かして上手く自己PRなどの志望動機などを考えることもできます。

それにバイトであった経験を企業側が少なからず評価してくれることもあります。十分にバイトからであろうと正社員になることができるような制度があるような企業であれば転職をしてバイトになってしまったとしても望みはあります。それで上手く正規雇用となり、長く働くことを狙うことができるようになるはずです。

初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング