IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトから正社員になるには|正社員の面接・転職でのなり方

アルバイト

バイトから正社員になるにはどうしたら良いでしょうか。バイト先で正社員にならないかと声をっけられるにはある程度の仕事能力が必要になってきます。他にも、転職をする際にバイトから正社員になる方法もあります。今回はバイトから正社員になるための色々な方法を紹介します。

更新日時:

バイトから正社員の登用制度

バイトから正規雇用にはなれるの

今はどうしても正規雇用が難しい時代になっていますが、それでも正規雇用になる方法がないわけではありません。正規雇用になる方法としてバイトから正社員があります。バイトから正社員になるというのは、そうした制度があるところに最初から行くとい方法んもあり、或いはバイトとして働いているうちに会社のほうから正社員にならない?と言われるパターンもあります。 どちらにせよ、バイトから正社員というのも決して不可能ではない、というのはよくよく意識しておいたほうがよいでしょう。バイトから正社員になる場合、とりあえずバイトをしているだけなのに会社側から働きぶりを評価されてアプローチされる場合もあり、必ずしもすべてのバイトの人がそこでの正規雇用を目指しているわけではない、というのは注意しましょう。

バイトをしている人にもそれなりに理由があります。正規雇用ではなく、あえてバイトをしている人もいるため、一概に誰もが正規雇用になるたいとは言い切れません。ですが、バイトから正社員の制度があるところを意識して狙い、なかなか正規雇用になれないのであればそうしたところで働くことは一つの手であるといえるでしょう。

だいたい何年かかる?

どのくらいでなれるの?

バイトから正社員になりたい人はやはりどの程度のバイトの期間で正社員になれるのかが気になります。まず、理解しておきたいのは法律的に何年以上バイトをしたら、バイトから正社員にしなければいけない、ということはありません。派遣社員であれば3年ルールというのがありますが、アルバイトに関してはそうした規制なり法律なりがありませんから、これは覚悟しておきましょう。 また、バイトから正社員となるには正社員にするための登用制度があることがその会社にあることが大事になりますが、それでも何年でする、と明記しているところは殆どありません。そもそもバイトから正社員になるというのは、能力があるから、というのが前提になりますから、どうしても、何年間バイトをすれば正社員になれるということは明記されていません。 ですから、半年で登用される人もいるでしょうし、或いは三年経っても駄目、ということもあります。このあたりがバイトから正'社員の厳しいところであるといえるでしょう。

どのようなパターンでなるのか

バイトから正社員といっても制度としてあるのか、或いはそうではないのか、ということによって違ってきます。制度としてあるのとないのとでは何が違うのか、といえば制度としてあれば少なくとも試験を受けることができる可能性が高いからです。バイトから正社員といっても正社員の登用試験を受ける権利が得られる、というパターンもあります。

この場合、少なからず下駄を履かせてもらうことができる可能性はあります。 しかし、可能性として多少なりとも高くなる、ということはありますが確実に採用されるわけではありませんから、その点は覚悟しておきましょう。

バイトから正社員の面接

面接に関して

バイトから正社員となると面接なども多少は違ってくることになります。これにもいくつかのパターンがあります。形式的な面接しかしないこともありますし、或いは本当にガチな面接をすることもあります。後者の場合はかなりしっかりと対策をしていく必要性があります。 しかし、そうであっても既にバイトとして働いているため、実務的なことに関してはかなりしっかりと答えることができるようになるでしょう。どんな面接であろうともまず聞かれることは志望動機です。これはバイトから正'社員の面接であろうともまず聞かれる可能性が高いことです。対策としてはこれをまずは考えておくべきです。 しかし、バイトから正社員となろうとしている人の場合、これが物凄く簡単に考えられる、という利点があります。何故かといいますとすでにバイトとしてではありますが働いているからです。そのことを絡めて志望動機を話せば少なからずなかなかの説得力を出すことができます。これがバイトから正'社員の面接が多少は楽な理由でもあります。

加えてよく聞かれることとして、自己PRがあります。つまりは、自分にはどんなスキルがあり、そして、それがこの仕事に正社員としてどんな役に立つのか、ということを聞かれます。 しかし、これもバイトから正'社員になろうとしている人であれば上手く答えることができます。既にやっているという事実もあるため、それを絡めて話しましょう。そうすることによって、こちらもかなり説得力がある面接時の受け答えとすることができます。これがバイトから正社員の面接の時に考えておくことであるといえるでしょう。少なからずバイトとして既に働いていることはアピールポイントになるため、相手もしっかりと評価をしてくれます。 バイトから正社員の面接も大変ではありますが、バイトをしている点を上手くアピールすれば評価してくれるようにはなっていますから、極端に心配することはありません。

転職でバイトから正社員になるコツ

転職からのコツ

転職をするときにバイトになって、その後、そこで正社員になろうとするのであればまずは バイトから正'社員登用制度があるところを狙うことです。これがまずは定石であるといえるでしょう。 もちろん、バイトからの登用制度が特にない場合であろうとも実力なりスキル、或いは上司からの評価が高いのであれば正社員にならないかい?というお声がかりがかかることはあります。 しかし、バイトはバイト、としっかりと線引きをしているところも多くありますから、基本的には狙うのであればキチンとバイトから正'社員登用制度があるようなところにしましょう。転職をして、バイトから正規雇用を狙うのであれば少しでも可能性が高いところにしましょう。 また、転職前の職業のスキルが活用しやすい職を狙う、というのもよいでしょう。少なからずバイトをしていたということは経験者ということになります。バイト経験を生かし、バイトから正社員になる道を目指しましょう。『前の仕事のスキルを生かす』ということこそ、転職をした先がバイトであろうともそこから正規雇用、正社員を目指すコツとなるわけです。

バイトからであろうとも

今のご時勢どうしてもバイトからは正規雇用が難しいと思われていますが、それでも企業としては有能であれば積極的に採用したいと考えているところもあります。そうしたところを狙うことによって、上手くバイトから正規雇用になることができる場合もあります。特に正規雇用登用制度があるようなところであればかなり積極的であるといえるでしょう。 但し、バイトからの正社員登用制度があろうともそれは何年以上であれば、という規定があるわけではないです。少なくともそうした法律があるわけではありませんから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。つまりは、確実というわけではありません。 ですが、それでも可能性はゼロではないためバイトから正社員を目指す価値はあります。上手くバイトから正社員への採用試験に挑むことができるようになれば、面接などでも何かと有利な方向に向かいます。また、既にバイトとして働いているのでその経験を生かして上手く自己PRなどの志望動機などを考えることもできます。

それにバイトであった経験を企業側が少なからず評価してくれることもあります。十分にバイトからであろうと正社員になることができるような制度があるような企業であれば転職をしてバイトになってしまったとしても望みはあります。それで上手く正規雇用となり、長く働くことを狙うことができるようになるはずです。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング