IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

総合職/一般職の国家公務員試験|科目・難易度・申し込み方法

資格・検定

皆さんは国家公務員の試験難易度についてどのようなイメージを持っていますか?ほとんどの人が「難しい」というイメージを持っているでしょう。そうです。国家公務員になるには試験を突破しなければならないのです。今回は、国家公務員の試験について解説していきます。

更新日時:

総合職・一般職の国家公務員試験

国家公務員には

国家公務員にはまずそもそも総合職と一般職があります。これがどのように違うのか、ということをまずは知っておいたほうがよいでしょう。一般職というのは、基本的にむ事務処理などを担当することになります。国の仕事というのは、多くが事務仕事になります。その部分を担うことになるのが一般職になります。国家公務員の一般職というのは、一概にすべての事務処理が同じようなことではありませんから、それは注意しておきましょう。総合職とはどんなものか、といいますとそれは将来の幹部候補になります。 一般職が頑張っても中堅幹部程度が限界であるのに対して、総合職は政策の企画に直接的に携わったりすることができます。要するにかなり重要なポストを担うことを想定して、採用されることになるのです。 そして、総合職は非常に短い期間で転属が行われることになります。様々なポストでの経験を求められることになりますから、全国的に転勤をする、或いは海外ということもあります。 それが総合職です。

現行の試験としては

現行では、国家公務員試験はⅠ種試験、Ⅱ種試験、Ⅲ種試験というのになっていたわけです。 このⅠ種というのが所謂、キャリア組、ということになっています。こちらのほうが馴染みがある、という人も多いでしょう。それが一般職、総合職、という形で試験をされるようになったわけです。具体的にいいますと、国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)と総合職試験(大卒程度試験)が総合職扱いになります。名前の通り、大学卒業レベルが求められることになります。 そして、一般職ですがそれが一般職試験(大卒程度)と一般職試験(高卒者)になります。一般職には大卒程度と高卒程度、というのがあるわけです。国家公務員I種試験が国家公務員総合職試験(院卒者、大卒程度)であり、国家公務員II種試験が現在の国家公務員一般職試験(大卒程度)となり、国家公務員III種試験が国家公務員一般職試験(高卒者)になったといえるわけです。これに加えて、国家公務員には、専門職試験及び経験者採用試験というのもあります。これは大卒程度の採用試験としてやっています。具体的には、国税専門官試験と労働基準監督官試験と財務専門官試験などになります。或いは高卒程度の場合は、刑務官試験、省庁大学校、海上保安学校の採用試験が国家公務員試験の専門職試験として実施されています。個別に受験をするための条件が違うことになりますから、受けるときには確認するとよいでしょう。 年齢制限のほかに、国籍に関することもあります。

国家公務員試験について(科目・難易度・申し込み方法)

科目としては

まず総合職の試験ですがまずは一次と二次にわかれています。一次試験と二次試験にて行われることになっています。 一次試験は基礎能力試験と専門試験、二次試験では専門試験と政策論文試験に加えて人物試験、つまりは面接があります。 肝心の科目ですが院卒試験であれば行政、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境、法務であり、大卒程度であれば、政治・国際、法律、経済、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境、教養です。 次いで一般職ですが、こちらも一次試験と二次試験にわかれています。一次試験は筆記、二次試験は人物を見る試験になります。科目ですが、区分によって違うので注意する必要があるのですが、行政、電気・電子・情報、機械、土木、建築、物理、化学、農学、農業農村工学、林学になります。行政関係がより多く出ることが多いですが、その年によってやはり傾向が違うこともありますから、勉強法に関してはかなり注意した方がよいでしょう。

難易度は?

試験の難易度ですが当然ながら総合職のほうが難しいです。こちらが所謂、エリート試験になるからです。だからといって一般職が楽なのか、といえばそんなことはまったくなく非常に高い競争倍率になっていることが殆どになります。 一般職でも年によって、或いは地域によってもバラつきがあったりするのですが、軽く10倍は超えることになります。総合職、つまりは昔でいうところの国Ⅰの場合は、それこそ100倍を超えるのが普通です。 ですから、非常に難易度が高い、というよりは競争率が高い試験であるといえるでしょう。

申込み方法について

申し込みは色々な方法でできるようになっています。インターネットからの申込みが最も無難であり、確実であるといえるでしょう。もちろん、郵送からもすることが可能です。人事院が実施する国家公務員採用試験の申込用紙と受験案内をまずは郵送で請求しましょう。そして、それらに記入して、受付期間の間に郵送するか、或いは直接持って行くとよいでしょう。ちなみに受験料というものはありませんからそれは心配しないでよいです。あくまで国がやっている採用試験になりますから、それにお金を取る、ということがまずそもそもの発想としてないのです。

国家公務員試験の対策方法

どんな対策をすればよいのか

国家公務員試験の対策ですが、要するに勉強するしかない、といわれています。ですから、参考書などをしっかりと購入してがっつりと勉強をするようにしましょう。どんなことからすればよいのか、というのはなかなか自分では判断できないことでしょう。試験の範囲のことを学び、過去問などをどんどん解いていく、というのがまずはお勧めできることになるのですが、それでも自力というのは大変です。わからないこともでてくるでしょうし、それを誰に聞くこともできないのです。ですから、対策学校や講座を受ける、というのがお勧めできることになります。具体的にいいますと公務員試験対策の講座や専門学校、ということです。 少なからずお金がかかることになりますが、それでも国家公務員になることができるのであれば安いものだ、と考える人はとても多いでしょう。まずは参考書を自分でどんどん解いていき、そして出来れば講座なり専門学校に通う、ということをやってみるとよいでしょう。数年単位で勉強する人もいるくらいですから、そのくらいは覚悟しておくことです。はっきりいって、どの程度勉強すればよいのか、というのは人によって違います。まずは過去問を漏れなく解けるようになるようにはしたほうがよいでしょう。

大変な試験ではあるが

国家公務員試験というのは、非常に大変な試験です。それは間違いないことではありますが、非常に公正な試験でもあります。民間の採用試験では少なからずコネが役に立つことがあるのですが、国家公務員を採用する試験においてはそれはないです。完全に試験の点数によって採用が決まることになりますから、極めて公正であるといえるのです。確かに勉強をするのは物凄く大変ではありますが、国家公務員というのはどんな種類であろうとも極めて公益性が高いですし、そして、何よりも安定しています。給料は毎年ベースアップしていくことになりますし、ボーナスもきっちりと出ます。 まさに安定している職であるといえるのでお勧めできるわけです。もちろん、だからこそ非常に倍率が高くなっているともいえるのです。一般職でも10倍以上は覚悟していないといけないわけですから、これは非常に難関といっても過言ではないでしょう。 しかし、上手く採用されるとなりますとやりがたいがある仕事の上に安定した生活も手に入るわけですから、これは十分に狙ってみる価値がある職であるといえるでしょう。対策講座や専門学校などに通い勉強するのもよいですし、独学でも合格している人も多いですから、それでもよいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング